ご購読はこちら
  新着情報    山陰経済ウイークリー    中央フォト    広告案内    さんさん    出版案内    政経懇話会    サイトマップ
HOME山陰のニュース全国・世界のニューススポーツコラム特集写真
| 論説 | 明窓 | 談論風発 |
催し遊ぶ買物・グルメ住まい生活健康・医療学ぶ・働く文化センターいわみ情報局山陰インド協会
 明窓 :  Uターンラッシュを過去の話に
 東京駅や羽田空港では、盆正月になると大きな荷物を抱えて故郷に帰省する人が後を絶たない。世間でいう「Uターンラッシュ」だ▼この現象は地方が長年、都会地に人材を供給してきた証しだ。島根県は1954年以降、転出者が転入者を上回る「社会減」が一度も途切れたことがない。現在の県人口の半数に迫る計約31万人が流出した▼人口の格差が招いた弊害が昨夏の参院選で導入された合区だった。人口が少ない4県が対象にされた。自民党島根県連会長の竹下亘衆院議員は党会合で、「人口が少ないところから合区にするのは何の哲学もない」と早期解消を訴えた。同感だ▼東京で勤務して2年。故郷への熱い思いを持った多くの人に出会った。ある年配の経営者が「古里に帰省して東京の自宅に戻った時、何とも言えないさみしさに襲われるのは若い頃から変わらない」とつぶやいたのが印象深い▼「ふるさと創生」を唱えた竹下登元首相は終戦時、久しく見なかった故郷の荒廃を見て「国破れて山河あり」と感慨に浸り、政治の道を志したという。その源流を意識したのか、安倍晋三首相が2014年に「地方創生本部」の新設を表明したのは島根県内を視察した直後。ただ現時点で地方創生が国政課題の本流から支流にそれかけているのが気になる▼東京一極集中を是正し、持続する地域づくりが叫ばれて久しいが、求められるのは結果。Uターンラッシュが過去の話になった時、地方に明るい灯がともされていると信じている。(敬)

('17/03/19 無断転載禁止)

関連記事

powered by weblio


ロード中 関連記事を取得中...

購読のご案内
HOME | 山陰ニュース | 全国・世界ニュース | スポーツ | コラム | 特集 | 写真 | 催し | 遊ぶ | 買物 | 生活 | 健康・医療 | 学ぶ・働く | △上に戻る
本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。すべての著作権は山陰中央新報社に帰属します。
Copyright(C)2000 The San-in Chuo Shimpo All Rights Reserved.
  
47NEWS 参加社一覧
北海道新聞  | 室蘭民報  | 河北新報  | 東奥日報  | デーリー東北  | 秋田魁新報  | 山形新聞  | 岩手日報  | 福島民報  | 福島民友新聞  | 産業経済新聞  | 日本経済新聞  | ジャパンタイムズ  | 下野新聞  | 茨城新聞  | 上毛新聞  | 千葉日報  | 神奈川新聞  | 埼玉新聞  | 山梨日日新聞  | 信濃毎日新聞  | 新潟日報  | 中日新聞  | 中部経済新聞  | 伊勢新聞  | 静岡新聞  | 岐阜新聞  | 北日本新聞  | 北國新聞  | 福井新聞  | 京都新聞  | 神戸新聞  | 奈良新聞  | 紀伊民報  | 山陽新聞  | 中国新聞  | 日本海新聞  | 山口新聞  | 山陰中央新報  | 四国新聞  | 愛媛新聞  | 徳島新聞  | 高知新聞  | 西日本新聞  | 大分合同新聞  | 宮崎日日新聞  | 長崎新聞  | 佐賀新聞  | 熊本日日新聞  | 南日本新聞  | 沖縄タイムス  | 琉球新報  | 共同通信