ご購読はこちら
  新着情報    山陰経済ウイークリー    中央フォト    広告案内    さんさん    出版案内    政経懇話会    サイトマップ
HOME山陰のニュース全国・世界のニューススポーツコラム特集写真
| 論説 | 明窓 | 談論風発 |
催し遊ぶ買物・グルメ住まい生活健康・医療学ぶ・働く文化センターいわみ情報局山陰インド協会
 明窓 :  永遠の無理難題
 戦国武将の石田三成が世に出るきっかけは、鷹狩(たかが)りの途中で休憩した秀吉に出したお茶だった。喉の渇きを癒やすため最初はぬるめに、次から熱くたてられた茶に、秀吉は感心した▼そんな人間的心遣いが、人工知能(AI)開発では壁になるという。AIは膨大なデータを記憶し瞬時に取り出せるが、「汗だくで暑い(熱い)秀吉に出すお茶は」という問いには、「熱い」と「飲み物」を拾い、「熱い飲み物」を選ぶミスもする▼将棋や囲碁の世界では、AIの棋力は侮れないが、AIロボット「東ロボ君」で東大入試に挑戦中の数学者、新井紀子さんは「総合的にはまだまだ人間には及ばない」という。例えば、スマホの検索機能。これも弱点だらけだ▼地名と「おいしい、イタリアン」と入力すると店名が表示されるが、これを「まずい、イタリアン」と入れても同じ店が出る。ネット上の文章を探り、組み合わせが多い単語を探しているだけで、おいしい、まずいの評価をしているわけではない▼「将来、仕事の半分がAIに置き換わる」と予言する新井さんだが、それは記憶力が重視される仕事。東ロボ君も、人間だと普通に推測できる「書かれていない気持ち」までくみ取ることは苦手で、合格レベルに届いていない▼言葉がなくても顔色をうかがい、あうんの呼吸で人は生きている。機械が自ら考え行動する知能を得るのはかなり先のことだろう。偉い人の心中を「忖度(そんたく)する」など、純真な機械には、永遠の無理難題なのかもしれない。(裕)

('17/04/15 無断転載禁止)

関連記事

powered by weblio


ロード中 関連記事を取得中...

購読のご案内
HOME | 山陰ニュース | 全国・世界ニュース | スポーツ | コラム | 特集 | 写真 | 催し | 遊ぶ | 買物 | 生活 | 健康・医療 | 学ぶ・働く | △上に戻る
本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。すべての著作権は山陰中央新報社に帰属します。
Copyright(C)2000 The San-in Chuo Shimpo All Rights Reserved.
  
47NEWS 参加社一覧
北海道新聞  | 室蘭民報  | 河北新報  | 東奥日報  | デーリー東北  | 秋田魁新報  | 山形新聞  | 岩手日報  | 福島民報  | 福島民友新聞  | 産業経済新聞  | 日本経済新聞  | ジャパンタイムズ  | 下野新聞  | 茨城新聞  | 上毛新聞  | 千葉日報  | 神奈川新聞  | 埼玉新聞  | 山梨日日新聞  | 信濃毎日新聞  | 新潟日報  | 中日新聞  | 中部経済新聞  | 伊勢新聞  | 静岡新聞  | 岐阜新聞  | 北日本新聞  | 北國新聞  | 福井新聞  | 京都新聞  | 神戸新聞  | 奈良新聞  | 紀伊民報  | 山陽新聞  | 中国新聞  | 日本海新聞  | 山口新聞  | 山陰中央新報  | 四国新聞  | 愛媛新聞  | 徳島新聞  | 高知新聞  | 西日本新聞  | 大分合同新聞  | 宮崎日日新聞  | 長崎新聞  | 佐賀新聞  | 熊本日日新聞  | 南日本新聞  | 沖縄タイムス  | 琉球新報  | 共同通信