ご購読はこちら
  新着情報    山陰経済ウイークリー    中央フォト    広告案内    さんさん    出版案内    政経懇話会    サイトマップ
HOME山陰のニュース全国・世界のニューススポーツコラム特集写真
| 論説 | 明窓 | 談論風発 |
催し遊ぶ買物・グルメ住まい生活健康・医療学ぶ・働く文化センターいわみ情報局山陰インド協会
 明窓 :  ゴーストなライター
 普通は死んでからなるものだが、「少し前までは幽霊でした」と話す人に会った。作曲家の新垣隆さん。自称「耳が聞こえない作曲家」のゴースト(幽霊)ライターだった人だ▼事件から3年。今も引っかかりは残る。押しの強い外見と重いテーマ性から「現代のべートーベン」ともてはやされた自称作曲家に、影武者がいたという虚構は、社会が生み出したあだ花ではなかったか▼音楽業界では共同作業は日常茶飯事。代作者は他にもいるらしい。真偽を聞いても新垣さんは受け流すだけだが、ゲーム音楽などは作曲家も驚く「原形をとどめない」使われ方があるという。幽霊を生む土壌は、時代がつくりだしたのだろう▼「作曲者がいて演奏者がアレンジして、聴衆がそれぞれの思いを重ねて聴く。そのトライアングルの中で音楽は変化していい」と新垣さん。即興が得意な音楽家でもあり、もとから音楽思想がまるで違ったのかもしれない▼とはいえ「騒動の原因は私にあります」と、きっぱり非を認めるが、事件後は中傷の渦に引き戻されることもあった。でも「多くの人に背中を押され、音楽を続けられた」。新たな作品を世に問うことで再起を図ろうとしている▼松江では地元在住のバイオリニスト辺見康孝さんと3年ぶりに共演。「文化を大切にする松江は好きな街」といい、特にラフカディオ・ハーンに共鳴するという。「だってあの人も、(代表作の一つが)幽霊でしょ」。会場を沸かせたひと言に、ピリ辛の隠し味がきいていた。(裕)

('17/06/14 無断転載禁止)

関連記事

powered by weblio


ロード中 関連記事を取得中...

購読のご案内
HOME | 山陰ニュース | 全国・世界ニュース | スポーツ | コラム | 特集 | 写真 | 催し | 遊ぶ | 買物 | 生活 | 健康・医療 | 学ぶ・働く | △上に戻る
本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。すべての著作権は山陰中央新報社に帰属します。
Copyright(C)2000 The San-in Chuo Shimpo All Rights Reserved.
  
47NEWS 参加社一覧
北海道新聞  | 室蘭民報  | 河北新報  | 東奥日報  | デーリー東北  | 秋田魁新報  | 山形新聞  | 岩手日報  | 福島民報  | 福島民友新聞  | 産業経済新聞  | 日本経済新聞  | ジャパンタイムズ  | 下野新聞  | 茨城新聞  | 上毛新聞  | 千葉日報  | 神奈川新聞  | 埼玉新聞  | 山梨日日新聞  | 信濃毎日新聞  | 新潟日報  | 中日新聞  | 中部経済新聞  | 伊勢新聞  | 静岡新聞  | 岐阜新聞  | 北日本新聞  | 北國新聞  | 福井新聞  | 京都新聞  | 神戸新聞  | 奈良新聞  | 紀伊民報  | 山陽新聞  | 中国新聞  | 日本海新聞  | 山口新聞  | 山陰中央新報  | 四国新聞  | 愛媛新聞  | 徳島新聞  | 高知新聞  | 西日本新聞  | 大分合同新聞  | 宮崎日日新聞  | 長崎新聞  | 佐賀新聞  | 熊本日日新聞  | 南日本新聞  | 沖縄タイムス  | 琉球新報  | 共同通信