======================================================================
    [浜田市ふるさとメール] 2012/10/19  第378号
                       発行:浜田市総合調整室
======================================================================
 浜田では、夏の間もイベントや「夜神楽毎日公演」などで神楽の囃子があち
こちから聞こえていましたが、これから始まる秋のイベントでも主役は神楽で
す。今週は、その「神楽」でおなじみの「大蛇」についての話題を≪トピック
ス≫でお届けします。

 それでは今週もふるさとメールの始まりです。
                              (担当T)

□■□■───────────────────────────────
□■■■ <<もくじ>>
□■□■───────────────────────────────

 <<トピックス>>
 ◇わがまち再発見! 【石見神楽「大蛇」の蛇胴】

 <<情報コーナー>>
 ◇こんやまちの秋まつり〜未来のピカソ展〜
 ◇重要無形文化財石州半紙ワークショップ
      紙漉き・つけ染め・ものづくり体験
 ◇ハロウィンパーティー
 ◇第3回浜田市人権尊重のまちづくり推進大会
 ◇室谷の棚田まつり

 <<ニュース・ウィークリー浜田>>
 ◇10/13 看護の道 努力誓う 浜田医療センター付属学校
 ◇10/14 自作への思い披露 ドールハウス展 作家ギャラリートーク
 ◇10/16 三国シェフ認定の特産19品目選ぶ 商品販売へ審査会
 ◇10/16 銅メダルの泳ぎ伝授 ロンドン五輪代表・寺川選手
 ◇10/17 首都圏の女性3人 販路開拓支援員に はまだ振興機構が委嘱

 <<編集後記>>

□■□■───────────────────────────────
□■■■ <<トピックス>>
□■□■───────────────────────────────

 浜田市からのお知らせや、とっておきの話題をお届けするコーナーです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◇わがまち再発見! 【石見神楽「大蛇(おろち)」の蛇胴】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 現在の「大蛇」の蛇胴が考案されたのは、明治時代まで遡ります。当時、日
脚社中に所属していた植田菊市さんが、提灯をヒントに現在の蛇胴に近いもの
を考案し「大蛇」を舞い始めました。それまでの「大蛇」は、蛇頭をかぶり、
ウロコを描いた服を着て舞っており、菊市さんのアイデアは、革新的なもので
した。その後、菊市さんは長浜社中に代わり、試行錯誤する中で、直径40cm、
長さ九間(約17m)、100本の骨組み、破竹と石州和紙で作る現在の蛇胴の形
が完成しました。

 現在は、菊市さんの孫の植田倫吉さん(熱田町在住)が蛇胴作りを引き継い
でおり、大阪万博(1970年)での石見神楽「大蛇」公演を契機に、現在では
大蛇の頭数も動きも飛躍的な発展を遂げましたが、蛇胴の製法や大きさ・材質
は、昔とほとんど変わっていません。

 植田倫吉さんは、半世紀に渡る長年の功績が評価され、(財)地域伝統芸能
活用センターが主催する「平成24年度地域伝統芸能大賞・支援賞」を受賞され
ました。

 (写真付き) ↓↓↓
  http://www.sanin-chuo.co.jp/furusato/hamada/2012/1019b.htmlこちら

□■□■───────────────────────────────
□■■■ <<情報コーナー>>
□■□■───────────────────────────────

 市内のイベント、特産品、観光地の情報などを紹介しています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◇こんやまちの秋まつり〜未来のピカソ展〜
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 子供神楽体験・大道芸などのイベントや食のコーナーもあります。家族でこ
んやまちへお越しください。

日程:10月21日(日) ※ 小雨決行
時間:午前11時〜午後3時
場所:紺屋町商店街ふれあいロード

≪未来のピカソ展≫
 市内21園の園児による作品約650枚を紺屋町商店街各店頭で展示します。
展示期間:10月16日(火)〜22日(月)
表彰式:10月21日(日)  午後1時30分〜
※ 入選作品は、世界こども美術館多目的ホールで展示(11月17日(土)・18
日(日))します。

問い合わせ:紺屋町商店街事務局(TEL 0855-23-4352)
      山形靴店(TEL 0855-22-0212)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◇重要無形文化財石州半紙ワークショップ
      紙漉き・つけ染め・ものづくり体験
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 はがきやA3サイズの紙漉き、植物染料によるつけ染め体験のほか、自ら漉
いた和紙で料紙を作る体験を行います。

日程:10月21日(日)
時間:午前9時30分〜午後4時
場所:石州和紙会館工房
料金:はがき判(2枚)250円
   A3判 (1枚)600円
   つけ染め(1枚)500円
   料紙作り    500円
※ 料紙とは、染めや、ぼかしなどを施し、金箔などで飾った和紙のことです。
※ 入館は無料で、申込みはいりません。

問い合わせ:石州和紙会館(TEL・FAX 0855-32-4170)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◇ハロウィンパーティー
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ハロウィンの季節がやってきました。今年も外国から来たお兄さん・お姉さ
んと一緒にハロウィンを体験しましょう。

対象:小学生
日程:10月27日(土) 午前10時〜正午
場所:浜田公民館
定員:30人
料金:100円
申込締切日:10月24日(水)
申込方法:電話で申し込んでください。

申込み・問い合わせ:浜田公民館(TEL 0855-22-9358)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◇第3回浜田市人権尊重のまちづくり推進大会
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 市では、平成20年6月に「浜田市人権尊重都市宣言」を制定し、一人ひとり
が大切にされ「人が輝き文化のかおる人権尊重のまち」づくりを積極的に推進
しています。
 お互いに、人権問題について気付き、学び、考えてみませんか。
 今回は「しまね人権フェスティバル2012」と同時開催です。

日時:10月28日(日) 午前9時30分〜
場所:金城総合運動公園(ふれあいジム・かなぎ)
内容:(1)オープニング(石見神楽)
   (2)一日人権擁護委員(山根万理奈さん)任命式
   (3)トーク&コンサート
    演題:「おはなしコンサート」
    講師:渡辺千賀子さん(ベル・カント ソプラノ歌手)
   (4)第三中学校吹奏楽演奏
   (5)中学生人権作文発表
   (6)石見幼稚園PTA実践発表
   (7)講演(県民のつどい)
    演題:「部落差別をこえて〜取材ノートから〜」
    講師:臼井敏男さん(元朝日新聞論説委員)
   (8)エンディングコンサート 山根万理奈さん
※ 手話通訳・要約筆記を行います(一部を除く)。
※ 会場では、市人権作品コンクールの入選作品(作文・ポスター・標語)な
どを展示するほか、ワークショップブース・人権なんでも相談コーナー・物品
販売・飲食コーナーを設けます。

問い合わせ先:浜田市役所本庁人権同和教育啓発センター
                       (TEL 0855-25-9160)
       島根県西部人権啓発推進センター(TEL 0855-29-5529)
       島根県人権啓発推進センター(TEL 0852-22-6051)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◇室谷の棚田まつり
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 今年で12回目を迎える室谷の棚田まつりでは、棚田写真展・棚田散策・郷土
芸能(石見神楽・田ばやし)のほか、棚田で採れたおいしいお米や野菜の販売
を行います。日本の棚田百選の一つ、室谷の棚田で秋を堪能しませんか。

日程:10月28日(日)
時間:午前9時30分〜午後3時頃
場所:三隅町室谷(上室谷集会所付近の田んぼ)
料金:むろだに会席膳(要予約・限定70食) 1,500円
申込方法:電話で申し込んでください。
※ 駐車場に限りがあります。
  無料送迎バス(三保三隅駅・石正美術館発)を運行しますので利用してく
ださい。

申込み・問い合わせ:浜田市観光協会三隅支部(TEL 0855-32-2104)

□■□■───────────────────────────────
□■■■ <<ニュース・ウィークリー浜田>>
□■□■───────────────────────────────

 新聞記事から浜田地域の情報をピックアップしてお届けします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■看護の道 努力誓う 浜田医療センター付属学校 2012/10/13
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 浜田市浅井町の浜田医療センター付属看護学校で12日、今春入学した第6
0期生の1年生51人のナーシングセレモニーがあり、看護師の卵として実習
などに励む学生が医療従事者としての責任と決意を再確認した。

 入学から半年が経過し、より専門的な分野への学習と実習に入る前の区切り
として実施。上級生や保護者も参列した。

 継火(つぎひ)の儀式では、1年生一人一人がろうそくに火をともし、壇上
に整列。「患者さまに心を開いてもらえるような看護師になるよう努力しま
す」と誓った。

 石黒真吾校長は「ここでの誓いを忘れず、日々学業に務め、誠心誠意尽くし
てほしい」と激励。2、3年生も祝いの言葉を贈った。

 1年生代表の森広達也さん(18)=出雲市出身=は「看護の道はつらいこ
ともあるが、仲間と力を合わせ乗り切っていきたい」と宣誓した。

 生徒は看護師などを目指し、3年間で看護知識や技術などを身に付ける。

 (写真付き) ↓↓↓
  http://www.sanin-chuo.co.jp/furusato/hamada/2012/1019a.htmlこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■自作への思い披露 ドールハウス展 作家ギャラリートーク 2012/10/14
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 浜田市野原町の市世界こども美術館で13日に開幕した「ドールハウス展I
N浜田〜小さな夢の世界へのお誘い」(山陰中央新報社主催)。初日は作家6
人がそれぞれの作品を解説する「ギャラリートーク」があり、各作家が制作の
こだわりや作品に込めた思いを話し、来場者が耳を傾けた。

 このうち、夫婦で出展している木村浩之さん(49)と美海(みかい)きょ
うこさん(44)=静岡県沼津市=は、粘土製の植物を作品のポイントにして
いることを説明。観葉植物のオリヅルランやシンゴニウムを配置した「ガーデ
ン」などの合作も展示しており、担当分けを披露した。

 また、小島隆雄さん(58)=名古屋市=は、洋風作品の中で唯一の和風作
品として並べた「自転車店」について、制作当時に実在した店がモデルだとし
「小さな商店がどんどん減る中、せめてミニチュアで残しておきたかった」と
動機を明かした。

 江津市内から来場した50〜60代の女性4人は「色つやの具合など細かな
ところまで工夫があることが分かった」「作家さんを身近に感じられた」など
と話していた。

 (写真付き) ↓↓↓
  http://www.sanin-chuo.co.jp/furusato/hamada/2012/1019a.htmlこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■三国シェフ認定の特産19品目選ぶ 商品販売へ審査会 2012/10/16
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 日本を代表するフランス料理のシェフ、三国清三さん(58)が認定した浜
田市特産の食材や加工品を、「ミクニマルシェ」として売り出すための審査会
が14日、同市内であった。地元産の豚肉や西条柿のペーストなど19品を選
び、「世界のミクニ」のお墨付きを得た商品として、販路拡大に生かす。

 国内外で活躍する三国さんは、2010年10月から「はまだ食の大使」を
務めている。

 審査会では、市内の13業者・個人が出品した鮮魚、加工品、飲料など計2
5品が並び、委員長の三国さんをはじめ、審査員6人が生産者から特徴などを
聞き、一品ずつ吟味した。

 市は今後、認定品を掲載したパンフレットを作製し、市ホームページでも紹
介。認定品を使った三国さんの独自レシピも公開する。三国さんは「選んだ者
の責任として、引き続き商品のレベルアップに協力したい」と話した。

 (写真付き) ↓↓↓
  http://www.sanin-chuo.co.jp/furusato/hamada/2012/1019a.htmlこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■銅メダルの泳ぎ伝授 ロンドン五輪代表・寺川選手 2012/10/16
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ロンドン五輪・競泳女子100メートル背泳ぎで銅メダルを獲得した寺川綾
選手(27)=ミズノ=が14日、浜田市三隅町古市場の屋内プール「アクア
みすみ」で子どもらにメダリスト秘伝の泳ぎ方を伝授した。

 レッスンは、小中学生と高校・一般の部に分かれ、県内外の計約100人が
参加。寺川選手は「右手を回す時に、左足のつけ根を上げるようにして体をひ
ねること」「頭は動かさないで」などと背泳ぎのポイントを具体的に指導し、
参加者は速く、美しく泳ぐこつをつかんでいた。

 会場には人気メダリストを一目見ようと約350人の観衆が詰めかけ、石州
和紙で作った特製色紙でのサイン会もあった。

 イベントは、アクアみすみが開館15周年を記念し、浜田市三隅B&G海洋
センターの創立30周年と合わせて開催した。

 (写真付き) ↓↓↓
  http://www.sanin-chuo.co.jp/furusato/hamada/2012/1019a.htmlこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■首都圏の女性3人 販路開拓支援員に はまだ振興機構が委嘱 2012/10/17
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 地場産品の販路拡大に向け、はまだ産業振興機構(岩谷百合雄理事長)が1
5日、首都圏在住の女性3人を初めて市販路開拓支援員に委嘱した。

 東京都内などである物産品のPRイベントで浜田の農産物や加工品を売り込
む役割を担う。任期は1年間。

 この日は、市内の酒造会社の紹介で開拓支援員に決まったエステ店経営の河
村朋子さん(43)=東京都=ら40歳代の女性3人が浜田市役所を訪問。宇
津徹男市長と市がブランド化を進めるどんちっちノドグロなどについて意見交
換し「浜田にはおいしいものがたくさんある。食の魅力を伝えたい」と意気込
みを話した。

 (写真付き) ↓↓↓
  http://www.sanin-chuo.co.jp/furusato/hamada/2012/1019a.htmlこちら

□■□■───────────────────────────────
□■■■ <<編集後記>>
□■□■───────────────────────────────
 今週は、「こんやまちの秋まつり」や「室谷の棚田まつり」といった、地域
のイベントをお届けしました。次号からも、BB大鍋フェスティバルや、各地
で開催される浜田の秋のイベントが目白押しです。この「ふるさとメール」で
お届けしていきますので、お楽しみに。
                              (担当T)
======================================================================
★バックナンバー(2012年配信一覧)
 http://www.sanin-chuo.co.jp/furusato/hamada/back/2012/index.html
======================================================================
ご愛読ありがとうございます。
このメールマガジンは、ふるさと浜田を離れて暮らす人、浜田市に関心のある
市外の人に、「ふるさと」に関連する山陰中央新報の記事、浜田市からのメッ
セージやイベント案内などふるさとの最新情報をお伝えするメールマガジンで
す。
----------------------------------------------------------------------
★「浜田市ふるさとメール」は、浜田市と山陰中央新報社が協力して発行して
 います。毎週1回、金曜日にお届けします。

 発行:浜田市役所 総合調整室 行革推進係
    〒697-8501 島根県浜田市殿町1番地
    TEL 0855(22)2612(内線312)
        mailto:chousei@city.hamada.shimane.jp
        http://www.city.hamada.shimane.jp/
山陰中央新報編成局メディア編集部
   〒690-8668 松江市殿町383
        mailto:furusato@sanin-chuo.co.jp
        http://www.sanin-chuo.co.jp/
★ご感想はこちらへ─────────────────
   mailto:furusato@sanin-chuo.co.jp
   個別の回答はできませんが、今後の参考にさせていただきます。
   ご感想は、掲載させていただく場合があることをご了解ください。

★登録・解除のページ:
   http://www.sanin-chuo.co.jp/furusato/hamada/form_kaijyo.html

----------------------------------------------------------------------
★配信記事の無断転載、加工しての使用はできません。
Copyrightc2005 The San-in Chuo Shimpo All Rights Reserved.


→ 浜田市のホームページ