ニュース検索

ニュース記事の保存期間は3ヵ月間です。
下の入力欄に条件を指定して、検索ボタンを押してください。


該当する記事は 100 件です。 ()

  • 竹島周辺漁場の価値/つながる竹島と漁船拿捕

    2017年3月12日

    島根県竹島問題研究顧問 藤井 賢二

  • 世間と社会

    2017年3月11日

     今年の島根大2次試験の国語の問題に、劇作家・鴻上尚史さんの文章が出ていた。「世間」と「社会」に対する日本人の対応の違いを述べた内容についての設問だった▼鴻上さんが言う世間とは、近所や会社などその人と

  • 性犯罪厳罰化/泣き寝入りなくすために

    2017年3月10日

     性犯罪の厳罰化を柱とする刑法改正案が今国会に提出される。強姦(ごうかん)罪や強制わいせつ罪は起訴するのに被害者の告訴が必要な「親告罪」とされてきたが、この規定をなくす。さらに強姦罪を「強制性交等罪」

  • 地元企業の事業承継/多様な選択肢を視野に

    2017年3月9日

     島根県内で事業所の減少に歯止めがかからない。経営者の高齢化が進む一方で後継者が見つからないため、廃業する事業所が増えているためだ。地域経済を支えている事業所の縮小は雇用減などを通じて地域の衰退を招く

  • いつも強気な韓国外交が

    2017年3月9日

     不思議なことにあの強気な韓国外交部(外務省)が日本に配慮を見せている。釜山の慰安婦像問題で一時帰国した長嶺安政駐韓大使の帰任を求め、韓国外相が釜山市に像の移転を要請した▼韓国では青瓦台(大統領官邸)

  • 東日本大震災6年・被災地差別/放射線の正しい知識を

    2017年3月8日

     東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から6年を迎える。被災地の復興は多くの課題に直面しているのに加えて、避難者らに対するいじめや差別が相次いでいる。憂慮に堪えない。こうした問題の原因は放射線に関す

  • 小さな街の古本屋

    2017年3月8日

     岡山県高梁市図書館が、市出身の研究者の蔵書1万6千冊をいったん寄贈を受けた上で10年間放置し、大半を廃棄しようとした。登録して別の施設に保管したが、取りに行く職員が足りなかった。批判を受けているが、

  • 北朝鮮ミサイル発射/新たな脅威への対応を

    2017年3月7日

     北朝鮮が再び日本海に向け弾道ミサイル4発を同時多発的に発射した。うち3発は秋田県男鹿半島沖にある日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した。北朝鮮は昨年9月にも弾道ミサイル3発をほぼ同じ水域に向け発射

  • 和泉式部伝説と浜田

    2017年3月7日

     恋多き女性として藤原道長から「浮かれ女」と評された和泉式部(976年頃~1036年頃)は平安時代中期を代表する歌人の一人。「あらざらむ/この世のほかの/思ひ出に/いまひとたびの/あふこともがな」(小

  • ガンダムとワンピース

    2017年3月6日

     経営戦略コンサルタントでコラムニストの鈴木貴博さんは世代間のギャップを愛読していたマンガの違いをキーワードに読み説く。1960年代生まれは、タテ社会重視の「ガンダム世代」。80年代生まれは、横のつな

  • 中国全人代開幕/経済の構造改革が必要だ

    2017年3月6日

     中国の第12期全国人民代表大会(全人代=国会)第5回会議が開幕し、李克強首相は政府活動報告で、今年の国内総生産(GDP)成長率の目標を昨年実績より低い6・5%前後とし、経済の構造改革や汚職取り締まり

  • 自民党大会/憲法論議が具体化へ

    2017年3月5日

     自民党が「安倍政権での憲法改正」に向けて本格的に歩み始めようとしている。

  • 知りたい、伝えたい気持ち

    2017年3月5日

     先日表彰式があった「第5回しまね小中学生新聞コンクール」には島根県内の195校から8268点の作品が寄せられた。参加校、出品点数ともに過去最多で、学校や家庭で新聞作りが定着してきていることが分かる▼

  • 森友学園問題/売買交渉の全容を示せ

    2017年3月4日

     大阪市の学校法人「森友学園」への国有地の格安売却を巡り、自民党参院議員の鴻池祥肇元防災担当相の事務所が学園側からの要望などを記録した「陳情整理報告書」が出てきた。2013年8月~16年3月の計16回

  • おーいでてこーい

    2017年3月4日

     短編小説の旗手・星新一の名作を思い出した。台風で神社が倒れた後に出現した穴。穴に向かって「おーい、でてこーい」と叫んでも、石ころを拾って投げても、何も返っては来なかった▼学者が来た。利権屋が暗躍し、

  • 働き方改革と耳の日

    2017年3月3日

     電通新入社員の過労自殺を契機に、企業の過重労働解消が社会問題としてクローズアップされている。終業時間の繰り上げなど「働き方改革」の記事が新聞に載らない日は、ほとんどない▼政府の働き方改革実現会議では

  • 残業時間の上限規制/労使が納得いく議論に

    2017年3月3日

     政府が長時間労働を抑制するために検討している残業時間の上限規制について、労使の主張の隔たりが大きく、調整が難航している。焦点となっているのは、繁忙期の上限時間数だが、労使双方が納得のいくまで議論を尽

  • こいつぁ春から…

    2017年3月2日

     日米首脳会談の成果に「こいつぁ春から縁起がいいわえ」と思っていたら、思わぬところから火の手が上がった。大阪の国有地売却問題だ。「濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)」と懸命に関与を否定する国会答弁が続く▼テレビに映

  • 米大統領施政方針/軍拡競争が懸念される

    2017年3月2日

     トランプ米大統領は施政方針演説で、米国の歴史上、最大規模となる国防費の増額を求めると宣言した。米政府当局者によると約10%、540億ドル(約6兆円)の増額が想定され、国防費は空前の6030億ドルに達

  • 自分の言葉で

    2017年3月1日

     お笑い芸人の内村光良さんと、日本テレビアナウンサーの水卜麻美さん。今春に社会人になる若者が選んだ「理想の上司」ランキングで、初めて男女の1位に立った名前を見て「これが時代の空気か」と苦笑いした▼旧来

  • 国有地売却問題/徹底解明が求められる

    2017年3月1日

     大阪市の学校法人「森友学園」に国有地が格安で売却された問題を巡り疑念が深まっている。不動産鑑定士の評価額は9億5600万円だったのに、売却額は1億3400万円。減額した8億円余りは地中にあるごみの撤

  • 予算案衆院通過/疑問点は解明されたのか

    2017年2月28日

     2017年度予算案が衆院本会議で可決され、憲法の規定によって年度内の成立が確定した。社会保障費や防衛費などの増額で一般会計総額が過去最大の97兆4547億円に膨らんだ予算案だ。国会では本来、財政再建

  • 株価を映すプロ野球

    2017年2月28日

     株に関心のある人たちの間で誕生した架空の「プロ野球チーム」がある。球団名は「日経ヘイキンズ」。日本の代表的な株価の動きを示す日経平均を野球チームに見立てた呼び方。株価変動に応じて勝ったり負けたりネッ

  • 台湾2・28事件70年/中国は信頼醸成へ対話を

    2017年2月27日

     1947年、日本から台湾の統治を引き継いだ国民党政権が台湾人の抵抗運動を弾圧し、多数を殺傷した2・28事件から70年になる。台北市では、台湾独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文総統が出席して大規模

  • 傷付いた老舗の暖簾

    2017年2月27日

     落語「麻のれん」に登場する強情っぱりの杢(もく)市(いち)。他人の家に泊めてもらうことになり、部屋まで案内してくれるというのを断ったのは良かったのだが、くぐった暖(の)簾(れん)を蚊帳だと勘違い。蚊

  • サイバー攻撃の脅威/民主主義の基盤揺るがす

    2017年2月26日

     ロシアとの関係改善に意欲を示すトランプ米大統領が就任して以降、昨年の米大統領選にロシアがサイバー攻撃で干渉したとされる問題がなおざりにされている。だが、攻撃が事実ならば民主主義の基盤を揺るがす許せな

  • 川と発電と環境と

    2017年2月26日

     森は海の恋人という言葉が生まれたのは宮城県の気仙沼湾だ。カキなどが赤潮の発生で激減したのが契機だった。原因の一つに湾に注ぐ川の荒廃があると考え、漁業者が上流の森に広葉樹を植えた。植物プランクトンが増

  • 育もう人と大地/島根に生まれ 島根で生きる

    2017年2月26日

    元JC総研客員研究員  黒川 愼司

  • 相模原殺傷事件起訴/共生へ課題克服の知恵を

    2017年2月25日

     相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で昨年7月に起きた殺傷事件で横浜地検は殺人罪などで元施設職員植松聖容疑者を起訴した。措置入院歴があり、犯行前に衆院議長公邸に襲撃予告の手紙を持参するなど不

  • プレミアムでハッピー?

    2017年2月25日

     バレンタインデーやクリスマス、その他特別な日といわれると、何か特別なことをしなければという気にはなる。商売上手にうまく乗せられていることぐらい、重々承知のつもりなのだが▼戦後日本のサラリーマンは、働

  • 2人の高橋

    2017年2月24日

     大名茶人として名高い松平不昧(治郷)。その名が広く知られるようになったのは、2人の人物のおかげかもしれない。明治・大正期の実業家で茶人でもあった高橋箒庵(そうあん)(義雄)と、『松平不昧伝』の編集を

  • 受動喫煙防止/屋内禁煙へ環境整備を

    2017年2月24日

     政府が検討している受動喫煙防止の強化策に自民党内から強い反対が出ており、法案策定に向けた調整が難航している。分煙を主張する意見が多いが、日本が批准している世界保健機関(WHO)のたばこ規制枠組み条約

  • 天下り調査/信頼回復へ本気で臨め

    2017年2月23日

     文部科学省の天下りあっせん問題で松野博一文科相が省内調査の中間報告を公表した。人事課では、あっせんの手順や内閣府の再就職等監視委員会による調査をかいくぐる対応の仕方を引き継ぎメモにまとめ、担当者らの

  • 鳥取の風景を漫画に

    2017年2月23日

     鳥取市出身の漫画家・谷口ジローさんが亡くなった。作品を読み返そうと「孤独のグルメ」を古本屋で購入。鳥取のローカルフード「素ラーメン」が登場する回で市役所周辺が写実的に描かれており、懐かしくなるととも

  • 固有の領土

    2017年2月22日

     韓国は縁故資本主義の色彩が濃いと言われる。政治や血縁などを通じて利害が誘導されやすい風潮を指す。言い換えれば政治と経済が癒着しやすい。政治に近いとされる韓国経済を代表するサムスングループの経営トップ

  • 天皇退位制度/「国民の総意」を前提に

    2017年2月22日

     天皇陛下の退位を巡り、衆参両院の正副議長が、国会としての見解取りまとめに入った。正副議長が8党と参院2会派から行った意見聴取の結果、退位を実現する法整備に関しては与野党で大きな隔たりがあることが改め

  • 第二のHV

    2017年2月21日

     エンジンとモーターを併用するハイブリッド(HV)自動車で、トヨタ自動車の累計販売台数が1千万台を突破した。販売網は90以上の国・地域に広がるという世界初の快挙で「HVのトヨタ」を印象付けた▼日本が技

  • 共謀罪/国民の懸念の払拭を

    2017年2月20日

     「共謀罪」の構成要件などを見直した「テロ等準備罪」の適用対象となる「組織的犯罪集団」について法務省は、もともと正当な活動をしている団体であっても目的が一変した場合には犯罪集団とみなされ、処罰の対象に

  • 情熱が伝わってこない

    2017年2月20日

     繊維販売や不動産で財をなした実業家で、足立美術館(安来市)を創設した足立全康さん(1899~1990年)。横山大観コレクションと日本庭園を二枚看板に、全国に知られる美術館を一から築き上げた▼その情熱

  • 隣の芝生は青く見える

    2017年2月19日

     「他人のものは何でもよく見える」という意味のことわざ「隣の芝生は青く見える」は万国共通だろう。島根県教育委員会が行う竹島教育を、韓国の政府系研究機関が評価しているという▼歴史問題と領土問題を切り離し

  • トランプ氏とメディア/ひるまずに事実の追求を

    2017年2月19日

     トランプ米大統領が記者会見で「偽ニュースを流している」と米主要メディアを激しく非難し、圧力を強める姿勢を鮮明にした。しかし、事実に反する発言が目立つのはトランプ氏や側近たちの方である。事実に基づかな

  • 隠岐での島体験/地域医療の実践学ぶ場に

    2017年2月19日

    島根県立大出雲キャンパス副学長  山下 一也

  • 二つのかけ算

    2017年2月18日

     朝の連続ドラマに子供服の偽物が出回る話があった。「安い方がありがたい」と買った主婦たちが「洗濯したら縮んでしもうた。お金返して」と、偽物業者に詰め寄る場面まで描いていた▼苦情の一つも言えただけましだ

  • 専業主婦リスク

    2017年2月17日

     愛読書に群ようこさんの「れんげ荘」がある。主人公のキョウコは有名広告代理店を45歳で早期退職し、シャワー、トイレ共同の築50年のアパートに引っ越して、月10万円で暮らす生活を始める▼働きづめで55歳

  • 共謀罪と捜査/プライバシーへの配慮を

    2017年2月17日

     犯罪を実行する以前の計画段階で処罰できるようにする「共謀罪」を下敷きにした「テロ等準備罪」は、これまでの国会での質疑を通じて政府が今国会提出を目指す法案の論点はほぼ出そろった。

  • マッドマン・セオリー

    2017年2月16日

     何をするか分からないと不安にさせることで相手から譲歩を引き出す。そんな戦術が国際政治では有効なのだろうか。かつての米大統領ニクソンが「マッドマン・セオリー」(狂人理論)と呼んだ手法なのだそうだ▼数年

  • 北朝鮮情勢/関係国で警戒を強化せよ

    2017年2月16日

     北朝鮮の故金正日(キムジョンイル)総書記の長男で、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キムジョンナム)氏が滞在先のマレーシアで不審死を遂げた。全容はまだ解明されていないが、

  • 天皇退位意見集約/国民に見える議論望む

    2017年2月15日

     天皇陛下の退位を実現する法整備を巡り自民党は「陛下一代限り」の特別法が望ましいとする党見解をまとめた。公明党も足並みをそろえ、近く衆参両院の正副議長による意見聴取でそれぞれ報告する。野党は日本維新の

  • 教育国債

    2017年2月15日

     教育無償化のため国が借金すべきかどうか、自民党が教育費の財源に充てる教育国債の創設に向けて検討に乗り出す。「大学に行きたくても経済的事情で断念する人がいる。高等教育をすべての人に開かれたものにしたい

  • マイナス金利1年/政策を見直す時期では

    2017年2月14日

     日銀がマイナス金利政策を始めて間もなく1年になる。当初強調された景気への効果は一部にとどまり、物価押し上げの力が認められない半面、年金の運用難や消費者心理の悪化など負の影響がむしろ目立つ。

  • 益田のタイガーマスク

    2017年2月14日

     漫画「タイガーマスク」の最終回で主人公の伊達直人は道路に飛び出した子どもをかばい、車にはねられ死亡する。描かれたのは1971年。「交通戦争」の真っただ中である▼70年代初めに1万6千人を超えた交通事

  • 過疎化から魅力化へ/「あの人だから問題」を超えて

    2017年2月13日

    島根県教育魅力化特命官 岩本 悠 

  • 日米首脳会談/基本的な価値の共有を

    2017年2月13日

     安倍晋三首相とトランプ米大統領は初の首脳会談で、同盟関係を強化していく方針を確認、貿易・投資分野での閣僚枠組みの新設で合意した。

  • 憧れのアメ車は

    2017年2月13日

     高度成長期に育った子どもの多くがそうだったように、自動車好きだった。小学校高学年の頃には、国道ですれ違う車の名前はすべて言えた。そのころ憧れの車は何といってもアメ車だった▼一番はフォードリンカーンコ

  • 米大統領令差し止め/入国禁止は見直すべきだ

    2017年2月11日

     トランプ米大統領がイスラム圏7カ国からの入国禁止を決めた大統領令について、サンフランシスコ連邦高裁は、一審のシアトル連邦地裁が出した一時差し止め命令を支持すると決定、二審もトランプ政権の敗北となった

  • 浜田開府400年

    2017年2月11日

     浜田開府400年が2年後に迫った。そんな中、石見郷土研究懇話会会長の岩町功さん(87)が最新1月刊の「郷土石見」に一歩踏み込んだ考察を載せた。岩町さん自身も含め「浜田に住む者はなぜ藩や城に対する思い

  • 日米貿易問題/急がず多国間協定を軸に

    2017年2月10日

     トランプ米政権の発足により、かつての日米貿易摩擦が再現しかねない雲行きとなってきた。米側は対日貿易赤字を減らすため、2国間の通商交渉を求めてくる見通しだが、厳しい要求を突き付けてくるのは確実で、日本

  • 日韓と焼き物

    2017年2月10日

     薩摩焼第14代の沈寿官さん(90)=鹿児島県日置市=は1966年に渡韓し、ソウル大学で講演した。この時、日露戦争後の日韓合併条約による36年間の日本支配を語る学生を前に、「もっともだが、言い過ぎると

  • 猛虎に鈴をつける?

    2017年2月9日

     異例の厚遇をどう理解すべきなのか、思い悩む。何せ相手は超大国・米国の大統領。しかも「希望の同盟」と聞かされていた相手国のトップだ。自国の首相が尊重され、信頼されている証し、と素直に喜べばいいのだろう

  • 迷走する日韓合意/韓国政府の努力が前提だ

    2017年2月9日

     韓国・釜山の日本総領事館前に従軍慰安婦を象徴する少女像が設置されたことに対し、日本が長嶺安政・駐韓日本大使と森本康敬・釜山総領事を一時帰国させてから1カ月が経過した。

  • 共謀罪論戦/国民の懸念拭う説明を

    2017年2月8日

     「テロ等準備罪」を巡る国会論戦で安倍晋三首相は「共謀罪と呼ぶのは誤りだ」と何度も繰り返した。政府の言い分はこうだ。犯罪に合意したら処罰する共謀罪とは全く違う。合意に加え下見などの実行準備行為がないと

  • アパートと空き家

    2017年2月8日

     「野原ノ松ノ林ノ蔭(かげ)ノ小サナ萓(かや)ブキノ小屋ニヰ(い)テ」とは宮沢賢治の雨ニモマケズの一節。質素な家に住み、欲を持たずに生きる姿を描いたが、現代ではいや応なく経済の流れに巻き込まれる▼そん

  • 国会の在り方/十分に機能しているのか

    2017年2月7日

     通常国会は、衆院予算委員会で2017年度予算案を中心に審議が進んでいる。これまでの論戦では、成立した16年度補正予算をはじめ憲法改正、天皇陛下の退位を実現するための法整備など、国の在り方に関わる問題

  • 毒をもって毒を制す

    2017年2月7日

     イスラム圏7カ国からの入国を一時的に禁止する大統領令を巡って米国が混乱している。国の玄関口を特定の宗教圏に限って閉めるのは憲法違反と司法がブレーキをかけると、大統領側が反論するなど法廷闘争が長期化す

  • 40男

    2017年2月6日

     「男が抱える最大の問題は、一家の稼ぎ手として働くしかない現実」。男の悩みを研究する武蔵大社会学部の田中俊之助教の講演を先日、米子市内で聴き、身につまされた。家計の事情に加え、仕事が人生になっており「

  • 東京一極集中/総力戦で食い止めたい

    2017年2月6日

     住民基本台帳に基づく2016年の人口移動の報告が発表された。東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)に転入した人の数は、転出者の数を11万7868人も上回る大幅な「転入超過」となった。21年連続で東京一極

  • エントロピー

    2017年2月5日

     熱力学などで使う「エントロピー」という概念がある。素人なりに説明すれば、乱雑さを示す一つの指標で、自然界ではエントロピーは一定か増大するのが法則。エネルギーである熱が拡散するように、物もエネルギーも

  • 検索削除で初判断/幅広い議論が必要だ

    2017年2月5日

     インターネット上にある過去の犯罪歴など検索結果の削除を巡り、最高裁は「プライバシーに関する事実を公表されない利益が検索サイトの表現の自由より明らかに優越する場合は削除が認められる」との初判断を示した

  • 英国のEU完全離脱/悪影響の回避に努めよ

    2017年2月4日

     英国のメイ首相が先日、欧州連合(EU)から完全に離脱する意向を表明した。その後、英最高裁が事前に議会の承認が必要との判決を出したため正式通知は遅れる可能性もあるが、離脱は避けられない見通しだ。

  • 待機児童解消は大事だが…

    2017年2月4日

     鳥取県が新年度事業で、保育所を利用せずに家庭で育児をする世帯に対する経済支援策を打ち出した。月額上限3万円の現金給付などの内容に意見はいろいろあろうが、在宅に目を向けたところに価値がある▼子どもがま

  • 文明の十字路と移民の歴史

    2017年2月3日

     もし「今すぐイランやイラクに行って文化に触れたいか」と聞かれたら、及び腰にはなるが、その地にあった「ペルシャ文明に興味は」と聞かれたら話は別だ▼昨年、奈良・平城宮跡で出土した木簡に波斯(ぺるしゃ)人

  • トランプ氏の円安誘導批判/言いがかり反論は当然だ

    2017年2月3日

     トランプ米大統領が日本を名指しして円相場を安値誘導していると批判した。根拠のない理不尽な言いがかりだ。トランプ氏らは中国とドイツの通貨安も批判しており、世界経済を混乱させかねない。政府は各国と連携し

  • 「082」の謎

    2017年2月2日

     広島市出身のシンガー・ソングライター奥田民生さんは、地元・広島カープの熱狂的なファンとして知られる。昨年秋のセ・リーグクライマックスシリーズでは、始球式で捕手役を務めた▼カープのユニホーム姿で登場し

  • 相続と養子縁組/事前に家族で話し合いを

    2017年2月2日

     相続税を減らすための養子縁組は有効かどうかが争われた訴訟の上告審判決で最高裁は「節税目的の縁組でも、直ちに無効とは言えない」との初判断を示した。少しでも税金を減らし、より多くの財産を子らに残したいと

  • 如月

    2017年2月1日

     「一陽来復」の冬至から1カ月余りが過ぎ、日ごとに日脚が伸びているのを実感する。正月7日の七草、小正月、大寒と暦を刻み、今日から2月。3日の節分、4日の立春を境に太陽が存在感を徐々に増してくる▼とは言

  • 米入国禁止/逆効果招く「暴走」だ

    2017年2月1日

     トランプ米大統領がイスラム圏7カ国からの入国禁止と難民受け入れ凍結を決めた大統領令を巡って国内外に混乱が広がっている。世界の分断を深刻化させるだけだ。国際社会が積み上げてきたテロ対策が台無しになりか

  • 財政再建/「成長頼み」で大丈夫か

    2017年1月31日

     内閣府はこのほど、安倍政権が掲げる「2020年度に基礎的財政収支を黒字にする」との財政健全化の目標が達成できず、むしろこれまでの見通しより赤字が悪化するとの試算をまとめた。

  • 100万円の子牛

    2017年1月31日

     家畜市場での子牛の競り風景は、牛の鳴き声が時折響く以外、至って静かだ。牛を買おうとする参加者は、価格がどんどん上がっていく電光掲示板を見ながら、手元のボタンを押し続ける。最後まで押していた人が手を離

  • 新幹線接続の不公平

    2017年1月30日

     年に何度か、中国各県から広島に集まる会合がある。その時にいつも感じるのは、鉄道網への不満だ。松江から伯備線を使い岡山で新幹線に乗り継いでも約3時間半。高速バスの方が早くて安い。鳥取-広島は約2時間4

  • 天皇退位論点整理/後世の検証考えた議論に

    2017年1月30日

     天皇陛下の退位に向けた法整備を巡り、政府の有識者会議は論点整理を公表した。将来の全ての天皇を対象とするより、陛下一代に限り退位を可能にする方が望ましいとの考えを示し、政府が検討の軸に据えている一代限

  • 自然遺産候補決定/保護と産業の両立目指せ

    2017年1月29日

     世界自然遺産の候補に「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)が決まった。亜熱帯照葉樹林が広がり、アマミノクロウサギやヤンバルクイナ、イリオモテヤマネコなどが生息する九州から台湾に

  • 仕掛け学の極意

    2017年1月29日

     警察官が休憩などで立ち寄れば無料もしくは割引してドーナツを提供している店が米国にある。世界最大のドーナツチェーン、ダンキンドーナツの販売戦略だそうだ。なぜ警察官だけなのか。「そこに商売繁盛の仕掛けが

  • おいしく食べる力を育む/豊かな食は地域の魅力

    2017年1月29日

    街の元気づくりコーディネーター 久保 里砂子 

  • 居心地はバロメーター

    2017年1月28日

     少し前の本紙投稿欄に、仕事を終えて何か食べようと閉店間際に入った飲食店で、せかされるように食事をした人が体験した「居心地の悪い」話が載っていた▼時間のかかる料理はあきらめ、食事が終わらぬうちにアフタ

  • 訪日外国人観光/山陰の観光資源を生かせ

    2017年1月28日

     訪日外国人旅行者が昨年2400万人を超え、過去最高となった。円安で大幅に増加した一昨年に比べれば伸び率は鈍化したが、日本での買い物や文化、歴史に対する関心が高まっていることをうかがわせる。山陰両県も

  • 成年後見制度/地域ぐるみで課題克服を

    2017年1月27日

     社会全体が急速に老いていく中、認知症などで判断能力の乏しい人に代わり、財産管理や契約などを担う成年後見制度が重みを増している。しかし2000年の制度導入から利用は思うように広がらず、後見人が管理を任

  • 地元案内のガイド求む

    2017年1月27日

     旅に出て名所に立ち寄った時は、観光ボランティアガイドをお願いする。案内パンフレットを読むよりも地元の話題を盛り込んだガイドの話の方が頭に残る▼先日も和歌山城でガイドを利用した。紀州藩時代に起きた騒動

  • 春遠からじ

    2017年1月26日

     聖書に「神は耐えられない試練を与えない」という一節がある。人生の歩みに立ちはだかる健康や人間関係、仕事などの壁。冬から春にかけては進学や就職という岐路も待つ。努力を重ねれば道は開けると信じていても、

  • 中国経済/二つのリスクに警戒必要

    2017年1月26日

     中国の2016年の実質国内総生産(GDP)は前年比6・7%増で、26年ぶりの低水準だったが、政府目標の6・5~7%に収まった。中国経済は安定成長に移行しつつあるようにも見えるが、人民元の下落と過剰債

  • 横綱稀勢の里/大横綱を目指してほしい

    2017年1月25日

     初場所で優勝した大関稀勢の里が横綱に昇進することが決まった。3代目若乃花以来、実に19年ぶりの日本出身力士の横綱誕生だ。

  • 読めぬ世界経済の天気図

    2017年1月25日

     年が明けて、読者から届いたお便りに「散歩中に土筆(つくし)の坊やを見つけ、驚きました」とあった。春近しと言うにはあまりにも気が早かろうと思っていたら、やはり寒波がやって来た。センター試験を狙い撃つよ

  • 米通商政策見直し/国際連携強め対応せよ

    2017年1月24日

     米国のトランプ新政権は、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱と、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を正式に発表した。貿易が経済の柱である日本への影響は大きく、日本企業に打撃が予想される。政府は、

  • 支え合う公共交通

    2017年1月24日

     一畑バスが4月から松江や出雲で大幅に減便する。利用者が少ないので便数が減り、さらに利便性が下がり、利用が減る悪循環。車社会と人口減少が重なるなかで、公共交通といえどもやむを得ない面もあるのだろうか▼

  • 情緒民主主義

    2017年1月23日

     韓国には「国民情緒法」という目に見えない「法律」があるという。実際に定められた法律ではないが、その時々に高まる国民感情が法律に優先して司法や行政に影響を与えながら、政治や社会に反映される状況から生ま

  • 施政方針演説/議論の深化を望みたい

    2017年1月23日

     安倍晋三首相は通常国会召集日の施政方針演説で「未来を生きる世代」のための「新しい国造り」への挑戦を呼び掛けた。トランプ米政権の誕生に象徴されるように世界中で政治、経済、社会の枠組みが重大な岐路を迎え

  • 時代はまわる/若者が立ち上がる時

    2017年1月22日

     島根経済同友会終身特別幹事  宮脇 和秀

  • トランプ米大統領就任/現実路線へ転換が必要だ

    2017年1月22日

     トランプ第45代米大統領が就任した。就任演説では「米国第一主義」の政策を協調し、自国の利益を最優先にすると宣言した。しかし、超大国としての米国には、自由や民主主義、寛容といった建国以来の理念を基に国

  • 新大統領の座談会

    2017年1月22日

     出版文化に現れるお国柄。日本の雑誌にあって、欧米の雑誌にないものは「座談会」だという。座談会という掲載スタイルを発明したのは、「文藝春秋」を創刊した菊池寛という説もある▼何人かが集まって好きに話すと

  • トランプ劇場

    2017年1月21日

     「トランプ劇場」本編の幕が開く。衛星放送で見ていた米国ドラマの続編のような気さえする。ホワイトハウスの内幕を描く人気シリーズには、陰謀や策略、さらに大統領の不倫まで出てくる。ある意味、それが「自由の

  • 文科省天下り問題/他省庁含め徹底調査を

    2017年1月21日

     文部科学省が元局長の大学への天下りを組織的にあっせんしたとされる問題で内閣府の再就職等監視委員会が調査結果を公表し、国家公務員法違反と認定した。文科省は関与を認定された事務方トップの事務次官や当時の