ニュース検索

ニュース記事の保存期間は3ヵ月間です。
下の入力欄に条件を指定して、検索ボタンを押してください。


該当する記事は 100 件です。 ()

  • サザエやイカ原料、高品質加工品を開発 西ノ島の浦郷水産

    2015年5月26日

     水産業の浦郷水産(島根県西ノ島町浦郷、長府吉信社長)は、同町で取れたサザエやイカを原料に製造した、高価格帯の缶詰などを発売した。新商品の投入により、2015年度の缶詰生産量は、14年度の3倍の3万個

  • ピンクの幸運のポスト題材レターセットなど発売へ カラコロ工房

    2015年5月21日

     島根県松江市殿町のカラコロ工房が、工房の一角にあり、女性の人気を集めている「ピンクの幸運のポスト」を題材にしたレターセットと絵はがきを作製した。同工房と市内15の郵便局で6月26日に販売を開始する予

  • 出雲の伝統料理紹介 高浜地区住民有志が本発刊

    2015年5月18日

     島根県出雲市高浜地区の住民有志が、出雲地方の伝統食や地元食材を使った料理を紹介する本「あなたに伝えたい 出雲地方の食卓」を発刊した。地区内約1千世帯に配り、地域に根ざした食の魅力をアピールする。

  • 甘酸っぱいザクロビール 女性グループと島根ビール商品化

    2015年5月14日

     島根県の地酒を応援する女性グループ「結(ゆい)ガール」がこのほど、地ビール製造の島根ビール(松江市黒田町)と共同で、ザクロを原料に使ったフルーツビール「結(ゆい)ザクロエリル」を商品化した。

  • 島根県とのコラボ第2弾はクッキー メリーチョコが発売

    2015年5月8日

     贈答用のチョコレート製造大手、メリーチョコレートカムパニー(東京都大田区、吉田宏社長)は、島根県とのコラボ商品の第2弾となる「メリーご縁クッキー」をこのほど、発売した。県内の空港や駅の売店で販売して

  • 出西生姜レトルトカレー 出雲道の駅運営会社が発売

    2015年4月25日

     道の駅湯の川(島根県出雲市斐川町学頭)を運営する、特産ひかわ(同、金築豊社長)がこのほど、斐川町特産の出西ショウガを使ったレトルトカレーを発売した。山陰両県の生産者や企業が連携し、原料生産から加工、

  • 干し柿製造 まる福農園 5月から米国の日系スーパーで販売

    2015年4月24日

     西条柿の加工品製造を手掛ける、まる福農園(松江市東出雲町上意東、福岡博義代表)が、干し柿の海外出荷に着手した。第1弾として5月中旬から、米国・シアトルなどの日系スーパーマーケットで販売を始める。島根

  • チョコっと和風に バレンタインへ商品生産ピーク

    2015年2月10日

     14日のバレンタインデーを前に、島根県松江市矢田町の和菓子店・風流堂の工場では、こしあんまんじゅうをチョコレートで包んだ「チョコまん」の生産が最盛期を迎えている。

  • 昼間のにぎわい創出へ 松江・新大橋商店街有志ごはんマップ製作

    2015年1月31日

     松江市伊勢宮地区の新大橋商店街の飲食店有志が「新大橋商店街・お昼ごはんマップ」を製作した。ランチを提供する和洋中の7店舗の営業時間やメニューを記載。「夜の繁華街」の印象が強い同商店街に主婦らを呼び込

  • 出た!!境港妖羹 こしあんに舞う一反木綿

    2014年12月17日

     鳥取県境港市出身の漫画家、水木しげるさん(92)の作品に登場する人気キャラクター「一反木綿」が描かれた羊羹(ようかん)「境港妖羹」が17日、発売される。米子市に進出した和菓子製造の源吉兆庵(本社・岡

  • 島大付中生、地域盛り上げ 「恋する縁結びクッキー」作り

    2014年11月2日

     松江市菅田町の島根大付属中学校の3年生の松原杏奈さん(14)と今若恵里佳さん(14)が、総合学習の時間で松江をPRするクッキー作りに取り組んでいる。地元企業などのアドバイスも受け、2日には同市上乃木

  • 切手「怪談のふるさと松江」限定販売 八雲没後110年記念

    2014年10月24日

     島根県松江市ゆかりの文豪・小泉八雲の没後110年を記念し、日本郵便中国支社(広島市中区)は23日、オリジナルフレーム切手「怪談のふるさと松江」の限定販売を始めた。松江市のキャラクター「松江の吉田くん

  • 二十世紀梨使用化粧品を発売 鳥取特産PRに一役

    2014年10月16日

     健康食品製造販売の八幡物産(鳥取県米子市二本木、八幡清志社長)が鳥取県産の二十世紀梨から抽出した保湿成分を含有した基礎化粧品を開発し、発売した。同梨を活用した化粧品は珍しく、同社の通信販売網によって

  • ジャズ聴きながら地酒を楽しんで 18日、松江で「粋に呑まNight」

    2014年10月14日

     ジャズを聴きながら松江の地酒を楽しむイベント「まつえ蔵元 粋に呑(の)まNight(ナイト)!」が18日午後4時から、島根県松江市殿町のカラコロ工房である。主催する市内の3蔵元が開催5年目を記念し、

  • “玄関口”でおもてなし JR松江駅前に煎茶席

    2014年10月12日

     茶どころ松江を観光客にPRする「おもてなし茶席」が11日、松江市朝日町のJR松江駅前に設置された。煎茶の無料試飲を勧めてもてなすとともに、観光情報を伝えて周遊、散策を促した。

  • 日野町根雨の旧出雲街道に茶屋10日開店

    2014年10月9日

     宿場町のたたずまいを今に残す鳥取県日野町根雨の一角に、休憩所を兼ねた茶屋がお目見えする。当地で古くから日本茶の小売店を営む緒形尚子さん(67)が、地元商工会の肝いりで店舗の一角を改修した。10日の店

  • ピオーネ祭りにぎわう 浜田・金城

    2014年9月21日

     島根県浜田市金城町特産の大粒ブドウ「ピオーネ」を割安で販売する「ピオーネ祭り」が20日、同市黒川町のJAいわみ中央きんさい市場であり、甘い秋の味覚を求める大勢の来場者でにぎわった。

  • 古墳ゼリー人気商品に 出雲歴史博物館内のカフェ

    2014年9月9日

     島根県出雲市大社町杵築東の古代出雲歴史博物館内のカフェで、前方後円墳の形を再現した抹茶味の「古墳ゼリー」が話題を集めている。カフェのスタッフが発案し、同館の学芸員が型枠作りなどで協力。墓を取り巻く堀

  • 雲南市産南高梅で「梅わいん」新発売

    2014年8月23日

     島根ワイナリー(島根県出雲市大社町菱根、松浦克美社長)が22日、雲南市産の南高梅を白ワインに漬け込んだ「梅わいん」を発売した。県内産の農産品を使ったシリーズの第5弾。濃厚な梅の香りとともに、アルコー

  • 百貨店催事出展者募集 47CLUB

    2014年7月14日

     山陰中央新報社など全国の地方新聞社でつくるインターネット通販サイト「47CLUB」(よんななクラブ)は、各地の百貨店などで、2014年9月~2015年2月に開く「全国物産展キャラバン」に出店する企業

  • 日南の良質米と名水使用 最高級酢を商品化

    2014年6月19日

     鳥取県日南町の豊かな自然が育む良質米と名水を使い、食酢の国内大手「マルカン酢」(本社・神戸市東灘区)が仕込んだ純米酢が商品化され、17日に町役場でお披露目があった。創業365年の伝統に培われた発酵法

  • 新感覚の日本酒「豊の秋 MOTOZAKE 純米」、米田酒造(島根県松江市)

    2014年6月3日

     米田酒造(島根県松江市)が販売するカクテル専用の日本酒「豊の秋 MOTOZAKE 純米」が好評だ。

  • ジオパーク切手セット 隠岐郡内15郵便局で発売

    2014年5月30日

     日本郵便中国支社(広島市)が、世界ジオパークに認定された島根県の隠岐諸島をモチーフにした切手セットを隠岐郡4町村内の15郵便局で発売した。国賀海岸(西ノ島町)やローソク島(隠岐の島町)といった景勝地

  • 浜田の4社の食品掲載 東京・三越の中元ギフトカタログ

    2014年5月30日

     中元商戦に向け、日本橋三越本店(東京都中央区)と銀座三越(同)が発行した数量限定ギフトカタログに山陰両県内で唯一、浜田市内の食品会社4社が製造・販売する水産加工品など、「山海の恵み」を生かした商品が

  • 倉吉の「くらすけくん」携帯ストラップが人気

    2014年5月29日

     鳥取県倉吉市のイメージキャラクター「くらすけくん」の携帯ストラップが人気を集めている。配布対象は当初、昨年度のふるさと納税者だった。「購入したい」の要望が多く、昨年11月から一般向けで5千個を限定販

  • 亡き父に捧げる小説出版 学んだ仏教観随所に

    2014年5月24日

     鳥取県米子市在住の作家、靖子靖史さん(26)が小説「空色(くうしき)カンバス」を講談社から出版した。靖子さんの実家は寺で、得意とするミステリー的手法に、父から学んだ仏教観を織り交ぜ、自身3作目となる

  • 「鳥取カレーちゃんぽん」人気 新たなご当地料理に

    2014年5月12日

     全国屈指のカレールー消費量を誇る鳥取市で、ご当地グルメ「鳥取カレーちゃんぽん」がじわりと人気を集めている。提供店舗も今後増える見通しで、関係者は「鳥取を代表する料理に育ってほしい」と期待している。

  • 【PR】父・母の名(迷)言/格言エピソード大募集【47CLUB】

    2014年4月23日

  • 玄米のお酒共同開発 エリーゼと赤名酒造

    2014年3月12日

     島根県飯南町下赤名に工場を構える玄米加工販売のエリーゼ(大阪市中央区、田丸二朗社長)がこのほど、赤名酒造(島根県飯南町赤名)と共同で玄米酒「健美酒」を開発した。玄米の用途開発を進める一環として、商品

  • 【47CLUB】旬のイチオシ日本全国の旬をお届け

    2014年3月1日

  • 桜の名所ちなみフェア 「さくらの里きすき」

    2014年3月1日

     島根県雲南市木次町山方の道の駅「さくらの里きすき」が3月1日から1カ月間、桜にちなんだ商品を集中販売するフェアを初めて開催する。桜の花を使い、風味豊かな新メニュー4品をレストランで提供し、売店では市

  • 道の駅・湯の川レストランにシジミご飯追加

    2014年2月26日

     島根県出雲市斐川町学頭の道の駅・湯の川が地元特産品を使ったレストランのメニューに、新たに宍道湖産シジミを使ったご飯を加える。観光客の要望に応えた形で、観光客へのモニタリングを経て、4月2日の発売を目

  • 世界に通用する土産コンテスト「伝承本ゆべし」銀賞

    2014年2月25日

     島根県益田市美都町山本の金谷集落で、ユズ加工品などを製造するグループ「美都物産金谷農産加工」の「伝承本ゆべし」がこのほど、観光庁の「世界にも通用するお土産コンテスト」で金賞(9点)に次ぐ銀賞に輝いた

  • 多彩な品々 値段100円 松江の塩見縄手・新橋通り

    2014年1月26日

     島根県松江市殿町の松江城周辺で雑貨や酒、染め物を扱う10店舗が25日、足並みをそろえて商品を100円で売る「百圓(えん)市」を開き、酒かすやせんべいといった多彩な品を店頭に並べて、訪れた市民や観光客

  • 「おいしくなって」オリジナル日本酒仕込み

    2014年1月23日

     鳥取県米子市の皆生温泉旅館組合の青年部員が22日、境港市大正町の千代むすび酒造で、オリジナル日本酒「皆生温泉・海に降る雪上代」の仕込み作業をした。約1カ月後に新酒が完成し、2月下旬から宿泊客へ提供、

  • カニ小屋で冬の味覚満喫 松江カラコロ広場(島根県)

    2014年1月11日

     日本海で水揚げされたばかりの松葉ガニが味わえるカニ小屋が10日、島根県松江市末次本町のカラコロ広場に登場し、来店者が山陰を代表する冬の味覚に舌鼓を打っている。3月9日まで毎日開く。

  • 【47CLUB】島根県の旬のイチオシ、ノドグロ・しじみ・コシヒカリ

    2014年1月6日

    p{ margin:0; padding:0; }#contentsarea ul, #contentsarea ol, #contentsarea li { margin: 0; padding: 

  • 松江の中浦食品が香川の企業とうどん商品開発

    2013年12月13日

     土産物販売の中浦食品(松江市西川津町)と香川県の製麺業の石丸製麺(高松市)が、島根産の「しじみ醤油(しょうゆ)」と讃岐うどんをセットにした「しじみ醤油うどん」を商品化した。

  • 【47CLUB】パティスリーガレット(島根県松江市)、人気タルトに「抹茶味」

    2013年12月4日

     島根県・松江市の菓子店「パティスリーガレット」看板商品ともいえるチーズタルト「学園チーズ」は、47都道府県の逸品を取り寄せられるショッピングサイト「47CLUB」でも、取扱いからわずか1か月でチーズ

  • 女子のきき酒「Pリーグ」 12月島根県大会開催

    2013年11月28日

     “女酒力(じょしゅりょく)”を競え-。島根県内4地区で開催された女性対象の利き酒大会・Pリーグの県チャンピオンを決める「クライマックス2013」が12月8日、松江市内で開かれる。酒どころ・島根の初代

  • 奥出雲仁多米(島根県)4年連続金賞、米・食味鑑定コンクール

    2013年11月27日

     第15回米・食味分析鑑定コンクールが23、24の両日、宮城県七ケ宿町の町活性化センターであり、最高位の国際総合部門で、第三セクター・奥出雲仁多米(島根県奥出雲町)のコシヒカリが4年連続5度目の金賞(

  • 米1グランプリ優勝料理が期間限定で登場

    2013年11月16日

     10月末に奥出雲町であった、米を使った料理とスイーツを競う米-1(べいわん)グランプリの料理部門優勝作品「とろーりチーズの焼きパスタ」が、15日から1カ月限定で、出雲市今市町の飲食店「漁人(りょじん

  • 大山小麦でスイーツ 米子南高生が開発

    2013年11月15日

     米子南高(米子市長砂町)の家庭学科生徒6人が、大山の麓を中心に栽培が進む「大山小麦」を使ったお菓子を開発した。山陰両県の洋菓子店と製パン会社にレシピを提供し、16、17の両日、米子市四日市町で開かれ

  • 石見・萩の特産品オンライン販売、石見空港ターミナルビル(島根)

    2013年11月11日

    益田市内田町の石見空港ターミナルビル(上村等社長)がこのほど、石見・萩地方を中心とした特産品を集めたオンラインショップを開店した。 同空港に就航している全日空が開設するショッピングモール「クーコ・モー

  • カクテル専用日本酒誕生、米田酒造(島根県松江市)

    2013年11月8日

     地元産の果物にも合うカクテル専用の日本酒が誕生-。米田酒造(島根県松江市東本町)がカクテル専用の日本酒「豊の秋 MOTOZAKE 純米」を醸造し、販売を始めた。フルーツを材料にしたカクテルにも合うた

  • 女性向けユズの酒 乙立の生産組合などが開発

    2013年11月1日

     出雲市乙立町特産のユズを使った女性向けの「雲のゆず酒」を富士酒造(出雲市今市町)が開発し、1日から山陰両県で販売する。余剰分を有効利用したいと開発を提案した地元の生産組合は「お酒を通じて、ユズ生産地

  • ピリ辛多彩にアレンジ 雲南の11店 スパイス鍋披露

    2013年10月31日

     雲南市産の香辛料と野菜を使った「スパイス鍋」のお披露目会が30日、同市木次町里方の斐伊交流センターであった。市内の飲食店が多彩にアレンジした自慢のピリ辛鍋をPR。11月1日から各店で順次提供が始まり

  • 【47CLUB】気温、水、土にコシヒカリ美味しさの秘密【奥出雲仁多米(島根県奥出雲町)】

    2013年10月24日

    甘さが増し、引き締まったコシヒカリ  出雲国仁多米 ご飯本来の粘りと甘味がある、西の米どころ・仁多郡のお米。看板商品にその名もずばり「出雲国仁多米(コシヒカリ)」を掲げる奥出雲仁多米株式会社(島根県仁

  • 地元の名水と米使用、丸もち全国販売開始

    2013年10月23日

     日南町大宮まちづくり協議会(古都純孝会長)が、名水仕立ての丸もちの全国販売に乗り出した。もち米は地元産のヒメノモチ。食の安心、安全を売りに特産化を目指している。

  • 境港のマグロ使った魚醤、幼保施設に贈呈

    2013年10月23日

     境港に水揚げされたクロマグロの内臓を使った伝統調味料「魚醤(ぎょしょう)」を製造する丸綜(米子市淀江町、磯田克典社長)が22日、食育に役立ててもらおうと、境港市内の幼保施設12園に魚醤を贈呈した。各

  • 歌舞伎座のグッズ特別販売 絵手ぬぐいやハンカチ

    2013年10月21日

     県立美術館(松江市袖師町)で開催中の「出雲阿国展」関連のグッズコーナーでは、歌舞伎座(東京)で扱っている絵手ぬぐいやハンカチが特別に販売され、来場者は貴重な機会と買い求めている。11月4日まで。

  • 津和野で産直市「まるごとマルシェ」

    2013年10月18日

     津和野産の朝取れ新鮮野菜や加工品などを売り出す産直市「まるごと津和野マルシェ」がこのほど、津和野町後田の殿町鷺舞ブロンズ像前で初開催された。7月末の豪雨で予定より2カ月遅れとなったが、多くの観光客で

  • 手作りジャム都内で販売 横田高生仮想会社

    2013年10月17日

     奥出雲町稲原の横田高の生徒が運営する仮想会社「だんだんカンパニー」は15、16の両日、町内産ブルーベリーの手作りジャムを東京都内で販売した。生徒たちは慣れないながらも店頭でお客に声を掛けて宣伝。売れ

  • おむすび、ワッフル新開発 境港総合技術高生とファミマ

    2013年10月12日

     大手コンビニエンスストアのファミリーマート(東京都豊島区、中山勇社長)が境港総合技術高校(境港市竹内町)の生徒のアイデアを取り入れ、新商品のおむすびとワッフルを開発、中国・四国地方の約760店舗で、

  • 黒紫色ツバキイメージ パウンドケーキ開発

    2013年10月12日

     出雲市大社町で2011年12月に発見された黒紫色のツバキにちなんだパウンドケーキを同市知井宮町の洋菓子店「恵季」(井上知之店長)が開発した。新種のツバキを地域おこしにつなげたいとの思いを込め、12日

  • 吾妻山の天然水を宅配 「アクア奥出雲」本社工場が竣工

    2013年10月11日

     島根県奥出雲町と広島県にまたがる吾妻山山麓の地下180メートルからくみ上げた天然水を製造する「アクア奥出雲」の本社工場の竣工(しゅんこう)式が9日、同町大馬木の現地で開かれた。「めるウォーター奥出雲

  • 両県人気のコスメ&スイーツフェスタ始まる

    2013年10月10日

     山陰両県発の人気スイーツと美容品を一堂に集めた「山陰コスメ&スウィーツフェスタ」が9日、米子市角盤町1丁目の米子高島屋で始まった。15日まで。

  • 「奥出雲玄米茶」を発売 松江・加島茶舗

    2013年10月4日

     松江市西茶町の加島茶舗が、奥出雲町特産の仁多米と県産茶葉をブレンドした「奥出雲玄米茶」を発売した。香ばしく立ち上る香りと甘みが特徴で、島根のお茶のブランド価値向上につなげたいと意欲を見せる。お茶との

  • 松江の大谷さん優秀賞 製薬会社の料理コンテスト

    2013年10月3日

     高齢者が火を使わずに安心して調理でき、骨も丈夫になる料理レシピを募集した製薬会社・日本イーライリリー(神戸市)のコンテストで、松江市在住の管理栄養士、大谷清美さんが優秀賞(1点)を受賞した。「骨力ア

  • 出雲大社大遷宮記念、和菓子セット発売へ 彩雲堂

    2013年10月1日

     菓子製造販売の彩雲堂(松江市天神町、山口美紀社長)は5日、出雲大社「平成の大遷宮」を記念した生菓子商品「八雲山」を発売する。10月中のみの期間限定販売。

  • 斬新10種、塩サバ使いオリジナル丼

    2013年9月24日

     因幡地方の家庭の味「塩サバ」を使ったオリジナル丼を楽しむ「因幡の塩鯖(さば)まつり」が22日、JR鳥取駅前の商店街サンロードであった。地元飲食店が考案した斬新な10種類のサバ料理に、多くの来場者が舌

  • 【47CLUB】料理の美味しさ引き立てる燗酒【米田酒造】

    2013年9月18日

    スローフードジャパン燗酒コンテスト2013の極上燗酒部門で、「豊の秋 特別純米 雀と稲穂」(米田酒造)が金賞に選出されました。燗酒の魅力をご紹介します風合いが広がり、心から温まる、熱燗熱燗はお酒の美味

  • 「百年樹長樹まちがい梨」ロゴ入れ売り出し

    2013年9月17日

     16日の「敬老の日」に合わせ、安来市久白町のナシ農家板持浩二さん(50)が、樹齢100年を超える木の二十世紀梨に「百年樹 長樹まちがい梨」と記したロゴ入りのナシを売り出す。14日から注文を受け付ける

  • 松江の老舗そば店が16年ぶりに営業再開

    2013年9月13日

     店主の病気を機に店を閉じていた松江市内の老舗そば店が、16年ぶりに本格営業を再開した。店を営んでいた両親から技術と味を受け継いだ娘と孫が、かつての味を再現。当時を懐かしむ客らでにぎわっている。

  • 米国の日本酒歓評会 米田酒造など4社が金賞

    2013年9月11日

    米田酒造

  • 鳥取県西部住民ら、大山の食と歴史存分に

    2013年9月10日

     大山の恵みを満喫する「第1回まるごと大山の会」が8日、大山町大山の大山ホワイトパレスであり、県西部の住民ら30人が大山の歴史を学び、食の魅力を感じた。

  • 大田で一日限定「とみやまカフェ」

    2013年9月5日

     大田市富山町の住民有志がこのほど、同町の休園中の富山幼稚園で、一日限定の喫茶店「とみやまカフェ」を開いた。市内外から家族連れが訪れ、地元食材を使った料理を味わった。

  • 浜田にジェラート専門店オープン 県産食材にこだわり

    2013年9月2日

     浜田市三隅町向野田の国道9号沿いに9月1日、ジェラート専門店「楓(かえで)ジェラート」がオープンする。メイプル牧場(益田市黒周町)の生乳を原料に、地域の食材を使った商品を開発。ネット通販や業務販売も

  • 雲南・大東「おっちラボ」が焼きさば使い「サバーガー」

    2013年8月31日

     雲南市大東町飯田のJR出雲大東駅を拠点に活動するまちづくり団体「おっちラボ」(矢田明子代表)が、市の名物・焼きさばを使ったハンバーガー「サバーガー」の商品開発に取り組んでいる。試作品の第1弾を、この

  • 地域の家庭料理本にまとめ発刊 八神の志々公民館

    2013年8月30日

     飯南町八神の志々公民館(大上教貳館長)が、地域に伝わる家庭料理をまとめた「家庭の味まつり本」を発刊した。同公民館が2005年から計8回開いた「家庭の味まつり」で、地域住民が試食用に持ち寄った伝統食や

  • 食テーマの体験施設開設

    2013年8月29日

     大田市大田町で地元食材を使った飲食店「アンテナカフェ・ハレの日」を運営する元市職員の和田裕子さん(34)が、食をテーマにした体験交流拠点を11月、邑南町下田所の古民家に開設する。料理教室やイベントな

  • 香辛料使ったスパイス鍋

    2013年8月29日

     雲南市産の香辛料を使った商品開発を展開する「うんなんスパイスプロジェクト」が、今冬に向けて新たに「スパイス鍋」の商品化を進めている。基本レシピを考案し、市内の飲食店で11月上旬からの販売を予定。同市

  • 卵かけご飯うまさを競う 販売出店者を募集

    2013年8月26日

     味や食材、独創性にこだわった卵かけご飯の出来栄えを競う「第2回TKGチャンピオンシップ」が10月27日、雲南市吉田町吉田の本町通りで開かれる。主催者が、卵かけご飯を販売する出店者を募集している。

  • 雨の日限定「縁雫カクテル」晴れの日もいかが

    2013年8月18日

       カラフルな色合いで松江の風景を表現した「縁雫えにしずくカクテル」が注目を集めている。地元の観光を盛り上げようと、松江市内の飲食店が昨年、販売を開始。雨の多い松江の風情をイメージした創作カクテルを

  • 【47CLUB】もちもちの食感 国産雑穀米【ファーム木精】

    2013年8月1日

    ファーム木精

  • 12完・花見(卯月=うづき)

    2010年3月30日

     田を守る山の神迎え宴

  • 11・上巳(弥生)

    2010年2月23日

    健やかな成長願って

  • 10・節分(如月)

    2010年1月26日

     鬼払う”年越し”料理

  • 9・人日(睦月)

    2009年12月29日

    無病息災願い七草がゆ

  • 8・冬 至(師走)

    2009年11月24日

     昔からの風習食卓飾る

  • 7・紅葉祭り(霜月)

    2009年10月27日

    秋色を眺め家族で食卓

  • 6・お月見料理(出雲神在月)

    2009年9月29日

    食べて楽しむ秋の夜長

  • 5・重陽の節句(長月)

    2009年8月25日

     菊の香楽しみながら

  • 4・盂蘭盆会(葉月)

    2009年7月28日

     精進料理でおもてなし

  • 3・七夕(文月)

    2009年6月30日

     夜空眺め家族で舌鼓

  • 2・夏越祓い(水無月)

    2009年5月26日

     氷の器で”涼”演出

  • 1・端午の節句(皐月)

    2009年4月28日

    旬の”勝つ男”

  • お年寄り手作り布ぞうり 石見銀山の土産品に

    2008年4月23日

     奥出雲町の高齢者グループが作る「布ぞうり」が、世界遺産登録された石見銀山遺跡のおひざ元、大田市大森町のシルバー工房「クラフトさら」で扱われることになった。同グループは「シルバー(銀)の街にシルバー(

  • 石見銀山周辺の素材を生かした「銀山五茶」

    2008年2月2日

     松江市大正町の出雲不二本舗が石見銀山周辺の素材を生かした「銀山五茶」を作り、同社の来海芳久社長(53)がこのほど、大田市役所に竹腰創一市長を表敬訪問し商品を説明した。

  • 石見銀山デザインフレーム切手発売

    2008年1月26日

     全国の郵便局でつくる郵便局株式会社が、昨夏の石見銀山遺跡の世界遺産登録を記念したフレーム切手を企画し、通信販売を始めた。

  • ピアニスト巨勢さん CD「石見銀山」リリース

    2007年11月20日

     大田市出身のピアニスト巨勢典子さん(45)=東京都在住=が、世界遺産登録された郷里の石見銀山遺跡を主題にしたCDアルバム「石見銀山」を二十二日、リリースする。同日夜には、大田市民会館で記念コンサート

  • 御取納丁銀はがき好評 銀山PRへ有志が製作

    2007年10月19日

     石見銀製の丁銀をかたどった「御取納(おとりおさめ)丁銀はがき」が、大田市大森町の町並み保存地区にある石見銀山大森郵便局横で、観光客向けに販売され好評。はがきを企画した有志は国内はもとより、海外にも土

  • 石見銀山で銀の工芸品を販売

    2007年10月17日

     石見銀山遺跡の世界遺産登録を記念し、大田市大田町の銀の工芸品制作工房の石州堂が「銀露(はくろ)」と銘打った新たな工芸品を作り、同市大森町の石見銀山特産品センターで販売している。

  • 石見銀山世界遺産登録記念 ビール2銘柄発売

    2007年10月17日

     石見銀山遺跡の世界遺産登録を記念したビールが、島根県内で相次いで売り出される。

  • 石見銀山世界遺産登録記念貨幣セットの販売開始

    2007年10月11日

       大田市の石見銀山遺跡の世界遺産登録を記念した貨幣セットの販売が十一日、始まった。独立行政法人造幣局が五百円から一円まで六種類の通常貨幣を、石見銀山遺跡の景観写真などを印刷した特製紙ケースに組み込

  • 銀山観光客もてなし料理 大田の食材ふんだんに

    2007年9月4日

     石見銀山遺跡の世界遺産登録を記念し、来訪者をもてなす料理の考案に取り組んできた石見銀山郷土料理研究会が3日、大田市大田町のサンレディー大田で会合を開き、創作料理の最終的な献立を決めた。10月5日に市

  • 今井書店が銀山図書カード販売

    2007年7月19日

     山陰両県で書店二十五店を展開する松江市の今井書店が、世界遺産に登録された石見銀山をデザインした図書カードの取り扱いを、山陰両県の七店舗で始めた。

  • 銀山フェア大にぎわい 広島で記念特産品展

    2007年7月8日

     石見銀山遺跡の世界遺産登録を記念した島根の特産品フェアが、広島市中区の百貨店「福屋八丁堀本店」で11日まで開かれ、地元の祝賀ムードが波及したかのように連日、大勢の買い物客でにぎわっている。

  • 石見銀山を地酒でPR 大田の3社、5銘柄セット販売

    2007年6月30日

     「世界遺産・石見銀山」を全国にPRしようと、大田市の石見大田小売酒販組合(山尾悦己理事長)は、市内にある3つの酒メーカーの商品を詰め合わせた地酒セット「銀山街道のみ比べ」を商品化した。石見銀山の世界

  • 石見銀山などデザインのフレーム切手

    2007年3月15日

     日本郵政公社中国支社は15日、世界遺産登録を控える石見銀山や、鳥取砂丘など鳥取県東部の風物をデザインした「オリジナルフレーム切手」を発売した。