ニュース検索

ニュース記事の保存期間は3ヵ月間です。
下の入力欄に条件を指定して、検索ボタンを押してください。


該当する記事は 50 件です。 ()

  • (1月14日~20日 )鳥取

    2018年1月22日

     ◆原発事故時の避難にドローン活用 県は17日、中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)での事故発生時の避難に活用するため、小型無人飛行機(ドローン)2機を初めて配備し、運用を始めた。上空からの画像送信を

  • 島根原発3号機 適合性審査申請 2月にも事前了解申し入れ

    2018年1月20日

     中国電力が2月にも、島根原発3号機(松江市鹿島町片句、出力137万3千キロワット)の新規制基準適合性審査申請の事前了解を立地自治体の松江市と島根県に申し入れる意向であることが19日、分かった。2号機

  • 2017年山陰10大ニュース 島根

    2017年12月25日

     山陰中央新報社は2017年の島根、鳥取両県の十大ニュースを選んだ。島根県の1位は、北朝鮮のミサイル発射を受けた出雲駐屯地へのPAC3(地対空誘導弾パトリオット)配備や避難訓練。2位は相次ぐ政務活動費

  • (12月10日~16日)島根

    2017年12月18日

     ◆出雲空港、新たに静岡、仙台定期便 フジドリームエアラインズ(FDA、本社・静岡市)は11日、2018年3月以降、出雲空港(出雲市斐川町沖洲)と静岡(静岡県牧之原市)、仙台(宮城県名取市)両空港を結

  • 震度6強想定し島根原発防災訓練 社員ら注水手順確認

    2017年12月13日

     中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)の構内で12日、地震発生に伴う重大事故を想定した防災訓練があり、注水、冷却機能が失われた原子炉に送水する手順などを確認した。 島根原子力本部の社員ら約390人が参

  • (12月3日~9日 )島根

    2017年12月12日

     ◆三江線資産維持管理、JR西が支援金を初提示 邑南、美郷両町は5日、来年3月末で廃止となるJR三江線の鉄道資産の維持管理費としてJR西日本から、それぞれ約3億円と520万円の拠出を提示されたことを明

  • 連続地震を想定、原発で防災訓練 島根2号、ブラインド方式

    2017年12月12日

     中国電力は12日、島根原発2号機(松江市)で、連続した地震により運転中に重大事故が起きたと想定し、防災訓練を実施した。 午前9時半、島根県沖を震源とする震度6弱の地震が発生したとして開始。原子炉の停

  • 廃炉ビジネス本格化へ 島根原発1号機 30年にわたる作業に着手

    2017年12月5日

     中国電力(株)(広島市中区)が、運転開始から40年を過ぎた島根原発1号機(松江市鹿島町片句)の廃炉を決め、30年近くにわたる作業に着手した。これに伴い、今後は「廃炉ビジネス」が本格化することになる。

  • (11月26日~12月2日 )島根

    2017年12月4日

     ◆隠岐の海が敢闘賞 大相撲九州場所千秋楽の11月26日、三賞選考委員会があり、東前頭12枚目で横綱白鵬らと優勝争いを演じた隠岐の島町出身の隠岐の海(32)=本名・福岡歩=が敢闘賞に輝いた。2016年

  • 沸騰水型原発に新冷却装置義務化 規制委、再稼働で審査中も対象

    2017年11月29日

     原子力規制委員会は29日、定例会合を開き、東京電力の福島第1原発や柏崎刈羽原発(新潟県)と同じ「沸騰水型」原発の重大事故対策として、原子炉を冷却する新たな装置の設置を義務化することを正式決定した。新

  • 子ども541人引き渡し 原発事故避難訓練

    2017年11月26日

     中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)の事故を想定し、半径5キロ圏の幼稚園や学校に通う子どもを避難させ、保護者に引き渡す訓練が25日あった。幼稚園児から中学生まで計541人の子どもが参加し、緊急時の手

  • 原発事故迅速に避難 山陰両県56機関1600人が避難

    2017年11月20日

     中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)の事故を想定した原子力防災訓練は19日、島根、鳥取両県や30キロ圏の6市など56機関1600人が参加し、住民避難があった。住民が放射線量を測るゲートモニターを使っ

  • 山陰両県で原子力防災訓練 広島、岡山へ初の避難連絡

    2017年11月18日

     中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)の事故を想定した原子力防災訓練が17日、島根、鳥取両県内であった。2日間の日程で、初日は関係機関が初動対応を展開。広島、岡山両県内を含む避難先自治体への連絡や、避

  • (10月22日~28日)島根

    2017年10月30日

     ◆衆院選、1区は細田氏、2区は竹下氏が当選 第48回衆院選は22日投開票され、島根1区は自民党前職の細田博之氏(73)が立憲民主党新人の亀井亜紀子氏(52)を抑えて10選、2区は自民党前職の竹下亘氏

  • とわれるもの(2)原発とエネルギー政策

    2017年10月13日

    進む「稼働」消えぬ不安  衆院が解散した翌日の9月29日、東京都港区の原子力規制委員会。中国電力が再稼働を目指す島根原発2号機(松江市鹿島町片句、出力82万キロワット)の新規制基準適合性審査で、耐震設

  • 政治の行方 第2部・揺れる足元(中) 共産・社民

    2017年10月6日

    埋没の危機 問われる力量   反安倍で存在感示せるか 衆院選公示を6日後に控えた4日午後、共産党島根県委員会の幹部2人が、島根1区に出る亀井亜紀子元参院議員(52)の松江市内の事務所に予告なしで姿を見

  • 政治の行方 第1部・戦いの構図(1) 島根1区

    2017年10月1日

     自民守りへ地上戦    新党の風浮動票狙 10月10日公示、22日投開票の衆院選は、新党「希望の党」を率いる小池百合子東京都知事と民進党の前原誠司代表が仕掛けた両党の合流で、政権選択の色合いが強まっ

  • (6月11日~17日)島根

    2017年6月19日

     ◆第4期竹島研究会が初会合 竹島(隠岐の島町、韓国名・独島=トクト)の領有権問題について客観的視点で調査分析する県の第4期竹島問題研究会の初会合が11日、松江市内であった。教育関係部会を設け小中高で

  • 配布ヨウ素剤 初更新へ 有効期限迫り島根県

    2017年6月17日

     島根県は、中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)から5キロ圏内に住む松江市民に事前配布した安定ヨウ素剤について、年内に薬剤の更新作業を始める。3年間とされる有効期限が迫るためで、県は配布時と同様に住民

  • 島根県安対協 中電に廃棄物の処分先 選定要請

    2017年6月9日

     中国電力島根原発1号機(松江市鹿島町片句)の廃止措置計画に対する最終的な事前了解の是非の判断に向け、島根県は8日、松江市内で県原子力発電所周辺環境安全対策協議会(安対協、会長・溝口善兵衛知事、69人

  • 松江市長 青森の使用済み核燃料再処理工場を視察

    2017年6月6日

     松江市の松浦正敬市長は5日、青森県六ケ所村にある日本原燃の使用済み核燃料再処理工場を視察した。工場は、廃炉が決まった中国電力島根原発1号機(松江市鹿島町片句)内に残る同燃料の搬出先で、松浦市長は「再

  • 原発点検不備 再発防止誓う 中電・安全文化の日

    2017年6月3日

     中国電力は2日、島根原発(松江市鹿島町片句)で2010年に発覚した1、2号機の点検不備問題を機に設けた「原子力安全文化の日」の式典を開き、清水希茂社長ら約500人が再発防止へ決意を新たにした。

  • 仕事みてある記 遭難者の命助け 海の安全守る 

    2017年5月3日

     海上保安官

  • 北朝鮮弾道ミサイル 山陰両県の漁船、原発影響なし

    2017年4月30日

     北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受け29日、島根、鳥取両県は対応に追われ、漁船などに影響がないことを確認した。

  • (4月16日~22日)島根

    2017年4月24日

     ◆松江市長に松浦氏4選

  • 島根県知事が中電と廃炉協定締結検討へ

    2017年4月22日

     中国電力島根原発1号機(松江市鹿島町片句)の廃炉工程をまとめた廃止措置計画が認可されたことを受け、島根県の溝口善兵衛知事は21日の定例会見で、中電との間で、安全対策や地域振興策の実行などを明記した「

  • 島根原発1号機にも87カ所の腐食穴

    2017年4月22日

     中国電力は21日、島根原発1号機(松江市鹿島町片句)中央制御室内の空調換気系配管(ダクト)で、腐食による穴が87カ所見つかったと発表した。直径は最大8ミリで、換気系の運転に影響はないとしている。

  • 原子力規制委が島根原発1号機 廃炉計画認可

    2017年4月20日

     原子力規制委員会は19日、中国電力島根原発1号機(松江市鹿島町片句)の廃炉工程をまとめた廃止措置計画を認可した。立地自治体の松江市と島根県は中電との安全協定に基づき、2045年度までとする廃炉作業を

  • 中国5県のバス協会 避難用バス確保で協定

    2017年4月18日

     島根、鳥取両県は17日、中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)事故時の住民避難に必要となる車両を確保するため、中国5県のバス協会との間で、緊急輸送に関する協定を締結した。広域避難計画の実効性を担保する

  • (3月26日~4月1日)島根

    2017年4月3日

     ◆JAしまねが格安スマホの販売参入

  • 島根原発3号機、早く適合性審査を 中国電力

    2017年3月31日

     中国電力の清水希茂社長は30日、山陰中央新報社のインタビューに応じた。新規運転を目指す島根原発3号機(松江市鹿島町片句)の新規制基準適合性審査について「できるだけ早く審査してもらいたい」と述べ、2号

  • 島根原発1号機 廃炉計画 結論持ち越し

    2017年3月30日

     原子力規制委員会は29日の定例会合で、中国電力島根原発1号機(松江市鹿島町片句)など全国4原発5基の「廃止措置計画」の認可について議論し、結論を持ち越した。廃炉作業で使用済み核燃料を取り出した際、設

  • 宍道断層 活断層帯指定 島根原発再稼働審査に影響

    2017年3月13日

     中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)の南側を東西に走る「宍道断層」について、国の地震調査研究推進本部が「主要活断層帯」への追加指定を決めたことを受け、今後の国などの対応に地元関係者の関心が高まってい

  • 島根原発配管腐食 結露、塩害など原因

    2017年3月10日

     中国電力は9日、島根原発2号機(松江市鹿島町片句)中央制御室内の空調換気系配管(ダクト)に腐食による穴が見つかった問題で、原因は、結露や塩害などに伴う内部からの腐食と推定したことを明らかにした。新た

  • 北朝鮮ミサイル4発 山陰両県 漁船や原発の安全確認

    2017年3月7日

     北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、島根、鳥取両県は6日、それぞれ連絡会議を開き、日本海で操業中の漁船に影響がないことを確認した。昨年8月以降日本の排他的経済水域(EEZ)内に相次ぎ落下する事態に警

  • 島根原発事故備え「ゼリー状」ヨウ素剤事前配布へ

    2017年3月2日

     中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)の重大事故に備え、島根県は2017年度、松江市内の3歳未満の乳幼児を対象に、医薬品メーカーが新たに開発したゼリー状の安定ヨウ素剤の事前配布を始める方針を固めた。緊

  • 島根県が組織改正発表 20年植樹祭へ推進室設置

    2017年2月14日

     島根県は13日、4月1日付で実施する組織改正の概要を発表した。2020年に県内開催が内定している全国植樹祭に備え、農林水産部の林業課内に「全国植樹祭推進室」を設置する。

  • 島根原発30キロ圏 3市と中電 安全協定

    2017年2月11日

     中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)から30キロ圏内にある安来、雲南両市が10日、中電と原子力安全協定を締結した。立地自治体の島根県と松江市に加えて鳥取県側を含めた圏内の2県6市が全て協定を結んだ形

  • (1月29日~2月4日)島根

    2017年2月6日

     ◆安来、雲南両市が中電と原子力安全協定締結へ

  • 中国電力 安来、雲南市と原子力安全協定へ

    2017年1月31日

     中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)から30キロ圏にある安来、雲南両市が中電と原子力安全協定を2月に結ぶ方針を固めたことが30日、分かった。鳥取県や境港、米子両市など、既に締結済みの周辺自治体並みの

  • (1月22~28日)島根

    2017年1月30日

     ◆錦織、全豪8強逃す

  • 原発ダクト腐食 中電住民説明会開催へ

    2017年1月26日

     中国電力は25日、島根原発2号機(松江市鹿島町片句)中央制御室内の空調換気系配管(ダクト)に腐食による穴が見つかった問題で、住民説明会を開く方針を明らかにした。原子力規制委員会に対する原因究明と再発

  • 島根原発1号機 核燃料税 年1.2億円増

    2017年1月24日

     島根県が中国電力と協議していた島根原発1号機(松江市鹿島町片句)の廃炉作業中の核燃料税について、原子炉の熱出力に応じた「出力割」のみで課税し、現行の最大税率と同じ17%相当とすることで決着したことが

  • 暫定2車線の弊害 第3部 役割(5)避難する

    2016年4月18日

    原発事故時混雑を懸念

  • 暫定2車線の弊害 第2部 道路構造(4)大規模災害への備え

    2016年3月10日

    有事の「命の道」実現を

  • 江津でエネルギー自立地域推進基本条例の勉強会

    2013年7月1日

     原子力発電からの脱却などを柱とした「島根県エネルギー自立地域推進基本条例」の制定について考える勉強会が6月28日、江津市内で開かれ、条例制定を目指す団体の担当者が、集まった市民ら12人を前に、再生可

  • 紙上講演 鳥取県知事 平井伸治氏

    2012年4月26日

     地域からの未来づくり~鳥取県の挑戦

  • 震災受け島大生が立場主張

    2011年8月9日

      原発とどう向き合う

  • 9、10月の重大ニュース

    2005年10月31日

     ▽自民が圧勝民主は惨敗

  • 3、4月の重大ニュース

    2005年4月30日

     ▽堤前会長を逮捕