基調講演
特別講演
パネルディスカッション

基調講演
 石見銀山の歴史と価値
島根県立島根女子短期大学名誉教授 藤岡大拙氏

 石見銀山の発見についてはいろいろな伝説がある中で、銀山の開発にかかわった領主、代官の信仰を集めた清水寺の縁起に書かれていることが、史実と近いと考えられている。それによると石見銀山は戦国時代の1526(大永6)年、博多の商人・神屋寿禎によって発見された。

藤岡大拙氏 当初は仙の山で掘り出した銀鉱石をそのまま船で博多に運び精錬していた。しかし1533(天文2)年、日本で初めて石見銀山で灰吹法による銀精錬が開始され、その場で銀の粒を作り出せるようになった。これによって生産量は急増し、領主の大内氏への献上銀は大ざっぱな推計だが160キロだったのが、800キロに増えた。画期的な技術は佐渡など全国の金・銀・銅山に伝えられた。石見銀山で始められた先端技術は当時の鉱工業の発展に大きく寄与した。

 銀の積み出しは、最初は鞆ケ浦(旧仁摩町)だったが、毛利氏が支配するようになると、鞆ケ浦より3キロ遠い沖泊(旧温泉津町)になった。理由は途中の道が平坦だったこと、当時よく知られていた温泉津港に近く、船便を一体的に利用できることからだった。石見銀山は鉱石を掘り出すところだけをさすのではなく、搬出する街道、積み出し港までを含めたものを石見銀山ととらえている。

 戦国時代の武士にとって、軍資金を産み出す石見銀山は垂涎(すいぜん)の的だった。大内、尼子、小笠原、毛利氏らによる激しい争奪戦が展開され、山吹城、矢滝城、石見城などが築かれた。

 銀生産の最盛期は江戸幕府開府直後の1600年代初頭で、全世界の産出量の1割を占めていた。銀山あたりは佐摩村と呼ばれており、サマムラが濁って「ソーマ銀」としてヨーロッパにも知れわたった。しかし、寛永期(1624−44年)を境に産出量は減少し、1937年休山。太平洋戦争中の42−43年に銅採掘が試みられたが、水害のため断念、閉山となった。

 石見銀山が世界遺産登録に値する理由として次の3点がある。

 産出された銀は明から清にかけての中国に流れ、金と銀の価値を平準化させた。それによって商品流通をスムーズにし、経済発展に大きく寄与した。また「ソーマ銀」を求めてポルトガル、スペイン人が海路日本を目指し、鉄砲伝来などヨーロッパ文明が日本に入るきっかけとなった。世界史的意義があることが第一の理由。

 次に石見銀山では生産から商品化まで1カ所で行われていた。ひな壇状に山を削り、工場と住居が一体となった遺跡が1000余り見つかっている。坑道の多くが江戸末期までに休山し放置された結果、竹や木が生え山に戻った。その下に手付かずの当時の生産遺構が残っている。ユネスコが重視する「残存の景観」がある。

 3番目は銀精錬に必要な大量の炭供給を安定的に行うため、銀山の周辺地域で計画的に植林、伐採された。これによって緑を絶やすことがなく、現在も山の中にひっそりと保存されている。また、大森の住民は銀は生産されなくなっても文化と住空間を引き継ぎ「継続の空間」がある。

 石見銀山には鉱山遺跡らしい切り羽などはなく、放置され自然回帰した山しかない。しかし、自然回帰こそ、われわれ現代の人間が考えるべきことで、石見銀山はそれを先取りしているといえる。そうした意味でも世界遺産に登録されて当然の遺跡といえる。

戻る