ご購読はこちら
  新着情報   こども新聞   山陰経済ウイークリー   写真館   さんさん   出版案内   政経懇話会   記事DB   サイトマップ
HOME山陰のニュース全国・世界のニューススポーツコラム特集写真
催し遊ぶ買物・グルメ住まい生活健康・医療こども文化センターいわみ情報局山陰インド協会さんさんクラブ
速報:
textarea
山陰中央新報社からご案内
写真集 出雲国風土記紀行

 天平5年(733)に編纂された地誌「出雲国風土記」。「国引き神話の世界」「神話と伝承」「出雲の原風景」「出雲びとの営み」−の4章構成で、佐比賣山(三瓶山)や加賀の潜戸、琴引山、鬼の舌震い、出雲国庁跡など同風土記に登場する地点46カ所を紹介。島根県古代文化センターが依頼したカメラマンによる写真をメインに風土記本文と解説文、撮影地マップを添えている。

編集 島根県古代文化センター
発行 島根県教育委員会
販売 山陰中央新報社
仕様 A4判、98ページ、オールカラー
定価 本体価格1500円+税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ

鉄のまほろば

 本紙特集面で2015年1月から16年3月まで、50回にわたって連載した「鉄のまほろば」を単行本化。砂鉄採取、木炭製造、食料生産、製鉄、運搬など経済、文化、暮らしを支えた「たたら」のふるさとの情景を描写。日本遺産「たたら風土記」の全容も分かります。

発行 山陰中央新報社
発刊日 5月25日(水)
体裁 A4判・130ページ、オールカラー
定価 本体価格1500円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ

津和野藩ものがたり

 山陰中央新報で2014年3月から15年5月まで連載した「津和野藩ものがたり」に加筆修正を加え、単行本化しました。山陰の山あいの小藩から明治維新後、森鴎外はじめ日本を代表する多くの人材がなぜ輩出されたのか。同藩の歴史に詳しい執筆陣がその秘密に迫ります。津和野藩領地図、年表付き。

発行 山陰中央新報社
企画・編集 山陰中央新報いわみ開発
発刊日 3月5日(土)
体裁 A5判・154ページ
定価 本体価格1500円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ

なつかしの松江城 明治・大正・昭和の絵はがき集

 松江城天守の国宝指定を記念した昔の絵はがき集です。かつて、絵はがきの版元でもあった今岡ガクブチ店(松江市天神町)の今岡弘延代表のコレクションの中から、明治・大正・昭和の絵はがきやガラス乾板写真計106点を収録。それぞれに解説文を付け、天守や城山での催し物、市民が憩う姿など時代の情景を伝えています。

編著者 今岡弘延
発行日 2月5日
体裁 A4変型判、116ページ、カラー、上製本
定価 本体価格1600円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ

石神さんを訪ねて 出雲の巨石信仰

 山陰中央新報出雲ローカル面で2014年5月から1年間、出雲地方の「石神さん」44カ所を紹介した企画「石神さんを訪ねて 出雲の巨石信仰」に、書き下ろしで6カ所を加えて単行本化。出雲の人々の心のよりどころとなり、今も暮らしに息づく巨石信仰を紹介する。地図付きで、ガイドブックとして活用できる。

編集・発行 山陰中央新報社
協力 平野芳英氏(荒神谷博物館副館長)
    須田郡司氏(写真家・巨石ハンター)
体裁 A5判・112ページ、カラー
定価 本体価格1,300円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ

国宝・松江城〜美しき天守

 松江城天守の国宝指定を記念した完全ガイド本。写真をふんだんに織り交ぜながら、天守の特色はじめ各建造物群、石垣のあれこれ、歴史、ゆかりの人々について松江市史編集委員会研究者の知見を結集し、松江城の全容を解き明かした一冊。紀行作家による叙情豊かな文章で、松江城山と堀川巡りも紹介している。

監修 西尾克己(松江市史編集委員会松江城部会長)
体裁 B5判、112ページ、カラー
定価 本体1,500円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ

こころの健康 からだの健康 人生最高の楽しみとは

 山陰中央新報社発行の山陰経済ウイークリー、本紙「談論風発」に連載したエッセーをまとめた1冊。地域医療に携わる著者が医療、趣味、世情について笑いとユーモアでつづり、「こころ」と「からだ」を健康にする。

体裁 B6判 304ページ 並製本
著者 島根県済生会江津総合病院名誉院長 堀江 裕
定価 本体価格1,000円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ

ようこそ!夢の食卓。−出雲から未来を想うレシピ−

 日本マクロビオティック正食協会クッキングスクール講師で出雲市在住の著者が、旬の食材を無駄なくいただく調理法や日本の伝統食、動物性の食材を使わない料理・スイーツなど、オール無添加の200レシピを紹介。日々の食卓から家族の健康と地球環境を守る知恵が満載の一冊。島根県内で環境保全型農業に取り組む生産者らの声も伝えている。

体裁 B5判、92ページ、オールカラー
編著 浅津知子(キッチンスタジオ夢の食卓主宰)
定価 本体価格2,000円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ

ガイドブック「出雲の國 縁(えにし)たび」

 「縁(えにし)」をテーマに、出雲大社を抱える出雲地区をはじめ、松江、雲南、大田、安来、鳥取県西部の米子、境港の観光情報を紹介するガイドブック。出雲大社の参拝方法や人気のパワースポット、お薦めの飲食店、名物・出雲そばの特集、一畑電車沿線ガイドなど多彩な情報を収録した。山陰中央新報社への購入申し込みで、メール便に限り送料無料(2015年8月末まで)

体裁 A5判、112ページ、カラー
定価 本体価格1,200円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ

試し読みはこちらへ

神々集う出雲の國 神在月

 全国的に「神無月」とされる旧暦10月は出雲地方では「神在月」と呼ぶ。全国から八百万神が集い、縁結びなどについて会議を行うとされる。期間中、神々を迎えて「神在祭」を執り行う出雲地方の各神社を、写真家・古川誠の写真を中心に、紀行作家・伊藤ユキ子の文章を添えて紹介。厳粛、幽玄な神事・祭事を伝える。専門家による学術的解説も掲載し、「神在月」や「神在祭」がよく分かる。

監修 錦田剛志
体裁 A4判、112ページ、カラー
定価 本体価格1800円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ

明窓書き写しノート

 本紙1面に掲載するコラム「明窓」を書き写し、スクラップする専用ノートです。1冊で約1カ月分を書き写すことができます。コラムの書き写しは、論理の組み立て方や情報の本質を見極める力を養え、児童・生徒の文章力や読解力向上、高年齢者の脳トレに効果があるとされます。進学、就職試験対策としても活用でき ます。

体裁 A4判・64ページ
定価 本体価格200円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ

佐々木恵未追悼画集 やさしく あったかく みんな大好き!

 2014年1月に亡くなった江津市の童画家・佐々木恵未さんの作品集。主な童画70点余をはじめ、山陰中央新報に連載した「あったか家族」イラスト、エッセーなどを紹介し、画業を振り返る。未完の遺作となった大元神楽を題材にした絵本ラフ画も収録した。

体裁 B4変型判、144ページ、カラー
定価 本体価格2800円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


悠々山歩き

 山陰中央新報の生活応援情報紙「りびえ〜る」に連載した登山企画「悠々山歩き」(57コース)に、書き下ろしの3コース(大満寺山、船上山、矢筈ケ山)を加えた全60コースを紹介する。登山道具選びのポイントや登山の準備、緊急時の対応なども収録。中海圏域からの日帰り登山に必携のガイドブックになっている。

体裁 A5判、134ページ、カラー
定価 本体価格1300円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


家庭で楽しむ茶懐石・点心

出雲市の和食料理店・神在(かみあり)料理わたなべの渡部洋二料理長が、本紙に寄せた3つの連載企画をまとめた。収録したのは、「家庭で楽しむ茶懐石」をはじめ、「折々点心〜家庭のおもてなし〜」、洋食シェフと共作した「和と洋の競演(魚編)」。全36回分の記事を網羅し、レシピを加筆。季節の移ろいや茶事に合わせ、旬の食材でつくる懐石料理と一品料理を提案している。

体裁 A4変型判、88ページ
著者 渡部洋二
定価 本体価格1,500円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


人麻呂さん 石見に生きて恋して

石見地方では「人麻呂さん」と呼んで親しまれる万葉集随一の歌聖・柿本人麻呂。時代背景や「石見相聞歌」など残された歌を読み解き、石見地方ゆかりの地を訪ね、地元の視点から謎の多い人麻呂さんの人物像に迫る。石見地域の人麻呂ガイドマップ付き。

体裁 A5判、オールカラー、96ページ
著者 川島芙美子
定価 本体価格1,200円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


絵本「メチのいた島」 

竹島にいたニホンアシカと、島根県の隠岐島民の交流の史実を物語化。隠岐と竹島の深い関わりを生活者の視点で描いた自費出版本を再編した。親子で学べる竹島問題入門の書として、巻末に竹島の歴史やニホンアシカを解説した資料編を収録している。

体裁 A4変型判、上製本、オールカラー、64ページ
著者 文・杉原由美子(島根県隠岐の島町出身・在住)、作画・上中治(同町出身)
定価 本体価格1,500円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


ふるさとの未来へ 大切にしたいこと

大田市の竹腰創一市長の初の自著。島根大田青年会議所メンバー時代から現在までのまちづくりへの思い、石見銀山遺跡の世界遺産登録の際の苦労話などをつづった。6章で構成し、まちづくりへの取り組みや思い、世界遺産登録への軌跡や苦労などを振り返ったほか、子育てや医療など各施策への考え方、趣味でもある囲碁によるまちづくりなどにも触れている。

体裁 A5判、252ページ
著者 竹腰創一
定価 本体価格1,429円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


島根半島四十二浦 七浦巡り万葉花旅日記 福浦〜笹子編

出雲市のエッセイスト、原美代子さんが島根半島に伝わる巡礼をテーマにした小説。島根半島の42カ所の浦と神社を巡礼する「四十二浦巡り」は、祈願と供養を目的に江戸時代に盛んだったとされる。舞台は、一畑薬師から美保関町福浦を経て片江までの7カ所の浦と神社。巡礼に向かった女性を、神の化身が旅先で起こる災いから守ってくれる不思議な出来事などを盛り込んだ。第5回ふるさと自費出版大賞の優秀賞受賞作。

体裁 A5判、162ページ
著者 原美代子
定価 1,143円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


島根半島四十二浦 七浦巡り万葉花旅日記(2) 片江〜瀬崎編

シリーズ第2弾。続編となる今作は、松江市の美保関町片江から島根町野波まで、7カ所の浦と神社が舞台。旅先で出会う人に支えられながら巡礼するウメの姿を描き、今回は戦時中の様子を交えて戦争の悲惨さや命の大切さも伝えた。小説には原さん作の心温まる花や風景の挿絵がちりばめられ、イラストマップや県古代文化センター客員研究員の関和彦氏の各神社の解説もある。

体裁 A5判、172ページ
著者 原美代子
定価 1,143円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


島根半島四十二浦 七浦巡り万葉花旅日記(3) 沖泊〜御津編

島根半島に伝わる巡礼をテーマにした小説「七浦巡り万葉花旅日記」シリーズの第3弾。3作目の今回は、行方知れずの夫の無事と火災で亡くした子どもの供養を目的に、巡礼を続ける主人公のウメが松江市島根町多古から同市鹿島町御津までの7カ所の浦と神社を巡る物語。原さんが描いた心温まる花や風景のイラストもちりばめられている。

体裁 A5判、236ページ
著者 原美代子
定価 1,200円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


民俗の行方〜山陰のフィールドから

本紙文化面に2010年10月から12年4月にかけて連載した「民俗の行方・山陰のフィールドから」に加筆・修正し単行本化。山陰民俗学会会員や研究者ら総勢25人の執筆陣が年中行事、冠婚葬祭、伝統芸能、食事、町と村の暮らしなど、58項目にわたって山陰の民俗の変遷を追い、行く末を考察した。山陰民俗学会編

体裁 A5判 250ページ
定価 本体価格1,600円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


マンガで親しむ出雲神話ぁ.オクニヌシ・国譲り編

過去に刊行した「スサノオ」、「オオクニヌシ」(青雲編)、同(建国編)の計3巻をリニューアル復刊した「マンガで親しむ出雲神話シリーズ」の最終巻となる、書き下ろし作品。オオクニヌシノ命(みこと)が統治する地上の国「葦原(あしはらの)中国(なかつくに)」の支配権をめぐる、アマテラス大御神(おおみかみ)たちとの攻防を描写。巻末には、神話ゆかりの地を写真で紹介するマップ付き。

体裁 A5判 198ページ
定価 本体価格1,143円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


続・人物しまね文学館

山陰中央新報文化面に2010年10月から60回にわたって連載した「続・人物しまね文学館」に加筆・修正し単行本化。福羽美静、佐川雨人、高田正七、太田直行、園山俊二、安野光雅ら島根県にゆかりの文人58人の人物像や作品などを紹介。併せて島根の文学運動史も掲載した。文学マップ付き。島根県文学館推進協議会編。

体裁 A5判、224ページ
定価 本体価格1,600円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


神話のふるさと

山陰中央新報で2010年10月から63回にわたって連載した記事を単行本化。古事記、日本書紀、出雲国風土記を読み解いて明らかになったスサノオのオロチ退治や黄泉の国、稲羽(いなば)の素兎(しろうさぎ)、国引き、国譲りなど、山陰地方ゆかりの神話の舞台を記者とカメラマンが訪ね歩いて分かりやすくまとめている。山陰中央新報社編集。

体裁 A4判、138ページ、オールカラー
定価 本体価格1,429円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


親子で学ぶ 松江城と城下町

山陰中央新報で連載した「親子で学ぶ松江城と城下町」を単行本化。小学生男児とお父さんが松江の城下町を散策したり、松江城を見学しながら、男児の質問にお父さんが答える形式。江戸時代の城下町の成り立ち、お堀や石垣、附櫓などさまざまな工夫を凝らした松江城をマップやイラスト、写真付きで、やさしく解説している。宍道正年著。

体裁 A5判、148ページ、オールカラー
定価 本体価格1,000円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


食べて健康に生きる ケンスケ先生診療日記

松江市の歯科医師・大町健介さんが、本紙の連載企画に加筆。自身の診療事例を基に、歯と口のケア方法や食べる力を向上させるこつを、妊婦・乳幼児、児童、生徒、成人、介護の5つの編で65例紹介。食べ物や水分がうまくのみ込めない「摂食嚥下(えんげ)障害」の患者に、歯磨きがリハビリにつながることなどを、イラストで分かりやすく解説している。

体裁 B5判、149ページ
著者 大町健介
定価 1,238円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


マンガで親しむ出雲神話 オオクニヌシ・建国編

古事記の出雲神話をマンガでわかりやすく表現したマンガシリーズの3巻目。苦難を乗り越え、国づくりに邁進するオオクニヌシの勇姿を、創作を織り交ぜながら構成。神話ゆかりの地を写真で紹介するマップも付けており、ガイドブックとしても活用できる。

体裁 A5版 195ページ
定価 本体価格1,143円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


マンガで親しむ出雲神話◆.オクニヌシ・青雲編

古事記の出雲神話をマンガでわかりやすく表現したマンガシリーズの2巻目。あらゆる試練に打ち勝ち、国の統率者として成長するオオクニヌシの姿を有名な「因幡の白兎」伝説など交えて描く。神話ゆかりの地を写真で紹介するマップも付けており、ガイドブックとしても活用できる。

体裁 A5版 197ページ
定価 本体価格1,143円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


マンガで親しむ出雲神話 .好汽離

古事記の出雲神話をマンガでわかりやすく表現した神話の入門書。天地創世から、スサノオノ命の誕生と放浪、ヤマタノオロチ退治までの物語をダイナミックなマンガで再現。神話ゆかりの地を写真で紹介するマップも付けており、ガイドブックにもなる。来年春をめどに、続編の「オオクニヌシ・青雲編」「オオクニヌシ・建国編」(仮題)も発刊予定。

体裁 A5版 196ページ
定価 本体価格1,143円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


銀の道ものがたり〜石見銀山から尾道へ

著者は福山市在住の随筆家で教育実践家。大田市の石見銀山から尾道市につながる江戸時代の銀山街道を研究探索する旅を重ね、歴史のエピソードを紹介。そこに暮らす人々の人間群像や志を抱いてこの道を歩いた伊能忠敬や斎藤茂吉、頼杏坪、山代巴などの人生に触れる。銀山街道の文学歴史紀行で、随所にマップがついており、ガイドブックとしても活用できる。 杉原耕治著。

体裁 四六判、324ページ
定価 本体価格1,800円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


大学生がつくる 銀山街道ガイドブック

石見銀山(大田市大森町)で産出した銀の江戸時代の運搬路「銀山街道」。大森から出発し、銀の積み出し港・温泉津や陸路で山陽側に結ぶ街道の美郷町、飯南町、広島県の三次市、世羅町、尾道市、府中市、さらに岡山県の井原市、笠岡市まで足を運び、資料収集や聞き取り調査などを行い、1冊にまとめた。沿線の歴史エピソードや住民たちの街道に寄せる思いなどをつづっている。島根県立大学井上厚史研究室ゼミ学生制作。

体裁 B5判、108ページ
定価 本体価格1,143円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


難波利三 石見小説集

大田市出身の直木賞作家・難波利三氏の石見地方を舞台にした小説3編を1冊にまとめた、待望の単行本化。収録作品は「天を突く喇叭(らっぱ)」「イルティッシュ号の来た日」「夏の谺(こだま)」。このほかエッセー「柿の思い出」も収録している。大田市、江津市、浜田市、益田市などが舞台となっている。 難波利三著。

体裁 四六判、252ページ
定価 本体価格1,238円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


農と食 島根新産業風土記

中山間地域の田畑や海、山の恵みを生かしながら斬新な発想でビジネス展開する島根県内の37団体・個人を紹介。「農」と「食」をキーワードに農山漁村の新しい動きを伝える。山陰経済ウイークリーの連載記事を単行本化。著者 関満博・松永桂子・尾野寛明。

体裁 A5判、243ページ、オールカラー
定価 本体価格1,714円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


空から見る 山陰の海釣り

シリーズ最多の空撮写真268カットを掲載。中海・宍道湖・境港、島根半島、石見海岸、隠岐の海釣りフィールドをあますところなく紹介。シーバス狙いのルアーマンが注目する中海・宍道湖エリアを新たに収容。季節ごとに釣れる魚種や仕掛け、狙いどころ、アクセスなどを分かりやすく解説し、初心者から家族連れ、ベテランまで釣りの楽しさが倍増するガイド本です。

体裁 A4判、244ページ、オールカラー
定価 本体価格3,714円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


松江開府400年 「続 松江藩の時代」

本紙文化面で、2009年4月から10年7月まで、64回にわたり連載した大型企画「続 松江藩の時代」を単行本化。郷土史研究者32人が松江藩の歴史をあらゆる分野から考察し、藩の姿を浮き彫りにした集大成。乾 隆明氏編著

体裁 A5判、248ページ
定価 本体価格1,714円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


隠岐 川本貢功写真集

二科会写真部会員で島根写真作家協会理事長の川本貢功氏が隠岐島の自然や名所旧跡、祭りなどを撮影した写真集。絶壁で知られる国賀海岸や放牧馬、牛突き、知夫里島の赤壁、精霊船など110点。迫力ある写真で隠岐島の魅力を伝える。

体裁 B5判、144ページ、オールカラー
定価 本体価格2,857円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


人物しまね文学館

山陰中央新報文化面に2008年10月から91回にわたって連載した「人物しまね文学館」に加筆・修正し単行本化。郷土の文芸研究家ら35人が執筆し、柿本人麻呂から森鴎外、島村抱月や島根を来訪した小泉八雲、島崎藤村らのほか現在活躍中の作家・詩人など島根にゆかりの古今の文人81人の人物像と作品などを紹介した。島根県文学館推進協議会編。

体裁 A5判、300ページ
定価 本体価格1,714円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


ワクワク! 山陰フィッシングガイド

港湾や防波堤を中心に紹介した初心者でも楽しめる山陰の海釣り入門編。各種仕掛けやアジ、チヌ、スズキなどの釣り方を、イラストを多用して紹介。石見海岸や島根半島、境港、鳥取県中東部の港や防波堤など71ポイントをマップ・図解付きで載せ、狙いどころを解説した。

体裁 A5判、168ページ、本文2色刷
定価 本体価格1,619円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


天皇陛下御即位二十年 御成婚五十年記念写真集

天皇陛下が即位されて20年、両陛下が結婚されて50年を記念し、宮内庁が監修した記念写真集。即位10年から今日までの10年間を中心に、両陛下はもとより、天皇ご一家の厳選した写真、貴重な写真を多数収蔵し、国民と共に歩む両陛下のお姿を余すところなく紹介している。宮内庁監修。

体裁 A4変型判、202ページ
定価 本体価格3,800円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


2009ホーランエンヤ感動記録集

2009年5月、松江市を主舞台に、12年ぶりに繰り広げられた日本三大船神事「ホーランエンヤ」。豪華絢爛な水上絵巻の写真をふんだんに掲載し、感動と興奮を再現。祭りの素晴らしさを次世代に伝える完全保存版。本番までの軌跡や写真コンテスト入賞作品も収録している。山陰中央新報社編。

体裁 A4判、126ページ、オールカラー
定価 本体価格1,905円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


こども出雲国風土記

古代出雲の様子や神話の世界を、子ども向けにやさしく書いた読本。1994年の初版発行 以来好評で、本書は「風土記の謎に迫る」などを加筆・修正した第10刷・改訂版。親子で 楽しめる。川島芙美子著。

体裁 A5判、224ページ
定価 本体価格1,238円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


石見銀山ガイドブック

ガイドブック「石見銀山を歩く」

世界遺産登録された石見銀山遺跡のガイドブック。銀鉱石を掘り出した間歩(坑道)や製錬所跡、大森の町並み、銀山街道、銀の積み出し港、山城跡、社寺など主要スポットの歴史や見どころを紹介。「江戸幕府の代官」や「世界史の中の石見銀山」などコラムも豊富に盛り込んだ。また、大森の町並みにある店・食事スポットも載せ、ポケットサイズで持ち運びにも便利。丁銀をモチーフにした特製オリジナル栞(しおり)付き。仲野義文監修。

体裁 B6判、124ページ
定価 本体価格1,238円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


「世界が求めた輝き〜石見銀山」写真集・改訂版

2007年7に世界遺産登録された石見銀山遺跡の写真集。山陰中央新報社カメラマンらが間歩(坑道)や製錬所跡、銀山街道、かつての銀積み出し港、神社仏閣、大森や温泉津の町並みなどを活写。2006年秋に発行した写真集の改訂版で、写真の一部差し替えや収録点数を増やした。歴史ロマンに彩られた銀山の魅力を伝える一冊。山陰中央新報社編。

体裁 A4変形判、100ページ
定価 本体価格1,714円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


宍道湖と中海の魚たち

2年間にわたり山陰中央新報で連載した「中海の魚たち」「宍道湖の魚たち」を一冊にまとめました。ラムサール条約に登録された両湖に生息する魚介類161種を完全収録。数千尾の捕獲サンプルから分布、形態の特徴などを項目ごとにまとめ、詳しく分かりやすく解説。また捕獲直後の魚の生き生きとした姿をとらえたカラー写真は図鑑としても楽しめます。

編集 日本シジミ研究所
監修 中村幹雄
体裁 A5判、212ページ
定価 本体価格2,191円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


「出雲弁だんだんかるた」

伝達機能重視の冷たい情報化社会が急速に展開する現在、人と人の温かい関係を結ぶ方言は様々な方面で見直されています。特に出雲弁は語彙が豊富である上、今なお出雲地方の人々によって日常使われている生きた言葉です。かるたでは、ユーモラスな日常の一こまが100語を超す出雲弁で描かれ、読み札CDを聞くだけでも安らぎを覚える内容になっています。藤岡大拙監修、山陰中央新報社制作。

内容 読み札・絵札各47枚に読み上げCD、解説書をセット
定価 本体価格2,000円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


しまねレッドデータブック普及版  島根県の絶滅のおそれのある野生動植物

島根県の「改訂しまねレッドデータブック」に掲載された836種から絶滅の危険度が高いものを中心として動物121種、植物105種の計226種をカラー写真で紹介。
絶滅の危惧の度合いによるカテゴリー区分とは別に、島根県固有の評価区分も記載。
自然、環境学習の教材として、一般向けのガイドブックとしても最適。島根県環境生活部景観自然課監修。

体裁 A5判 126頁、オールカラー
定価 本体価格952円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


環境共生×地域再生ブックレット
島根で暮らす 環境共生という生き方 地球規模の環境危機へ 地域からのアプローチ

同大で主催した「環境共生×地域再生セミナー」の内容などを収録した。ブックレットは全8章で構成。環境と共生した生活様式の確立を目指し、セミナーで講師を務めた京都大学大学院の松下和夫教授ら8人の報告を、県中山間地域センター(飯南町)の特別研究員で同グループに所属する藤本穣彦氏が再構成し、執筆した。同市弥栄町の農家4人による農業をテーマにした座談会の詳報なども盛り込んだ。

体裁 B5判、84ページ
編集 島根県立大JST人材育成グループ
定価 本体価格762円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


環境共生×地域再生ブックレット
島根発! 中山間地域再生の処方箋 小さな自治・人材誘致・小さな起業

島根県中山間地域研究センターや大学の研究者、行政マン、まちづくり実践者ら19人が執筆。県内各地で進む地域再生に向けた取り組みの現状と課題を報告し、集落支援やエネルギー自立、食料自給、ソーシャルビジネス展開などを考える。林業従事者らによる里山についての座談会も収録している。

体裁 B5判、104ページ
編集 島根県立大JST人材育成グループ
定価 本体価格952円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


山陰の武将

動乱の戦国期を、雄々しく生き抜いた山陰の武将たち。名和長年、塩冶高貞、三隅兼連、尼子経久、山中鹿介、坂崎出羽守、堀尾吉晴の7人の武将の赤裸々な人間ドラマを実証性と文学性を巧みに織りなしながら流麗なタッチで描く本格的歴史読み物。郷土の歴史家2人による幻の名著を復刻。

体裁 B6判、373ページ
著者 藤岡大拙・藤岡秀晴共著
定価 本体価格2,427円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


小説 尼子残照

毛利元就に対峙した尼子晴久。晴久は祖父の経久の陰に隠れて、尼子を斜陽に向かわしめた無才覚な武将という評価が一般的だが、この小説ではしの間違った認識を正して、人間・晴久に迫る。郷土史家・藤岡大拙氏が小説に初挑戦し、晴久の半生を勇渾に描く。

体裁 B6判、340ページ
著者 藤岡大拙
定価 本体価格1,554円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


ふるさと文庫シリーズ(13) 唐人おくり

江戸時代、石見海岸に漂着した異国人を、幕府がどのように長崎まで送り、故国に送還したかを克明に書き上げた「唐人おくり」をはじめとして、当時の人々が必ずしたという「伊勢参宮」の話、天領日原村、石見の民話などが盛り込まれている。

体裁 新書版、282ページ
著者 大庭良美
定価 本体価格1,262円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


ふるさと文庫シリーズ(7) 森鴎外百話

著者は森鴎外の研究に取り組んだ郷土史家で、鴎外の出生から上京までの津和野時代、ドイツ留学時代、留学中に得た「永遠の女性」などを中心に解明。鴎外研究家だけでなく、鴎外を愛する人にとって必読の書。

体裁 新書版、324ページ
著者 苦木虎雄
定価 本体価格971円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


島根県歴史人物事典

神話の神々も含めた古代から現代までの島根県ゆかりの約2700人を収載する人物事典。政治、経済、産業、文化、芸術、芸能、スポーツなどあらゆる分野で活躍した人たちの業績と人となりを紹介する。

体裁 B5判、737ページ
編集 山陰中央新報社
定価 本体価格22,000円+消費税
送料 無料

インターネットでのお申し込みはこちらへ


しまねの野鳥(2)

「しまねの野鳥」の続編。島根県内でみられる一般的な鳥や珍しい鳥など、県内で撮影した129種を169点のカラー写真で紹介。鳥の生息状況を紹介した鳥類目録を収録。

体裁 B5判、123ページ
編集 山陰中央新報社
定価 本体価格2,913円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


しまねの野鳥(1)・(2)セット

「しまねの野鳥」「しまねの野鳥供廚裡穏セット。鳥と友達になれる!水辺で、野山で、折々に出会う野鳥たち。1では124種、2では129種をカラー写真で紹介。

体裁 2冊セット箱入り(各B5判、。隠横殴據璽検↓■隠横乾據璽検
編集 山陰中央新報社
定価 本体価格5,826円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


足立美術館 日本庭園と近代美術

横山大観のコレクションで知られ、年間50万人以上が訪れる足立美術館(島根県安来市)。横山大観を中心とする日本画コレクションと、四季折々に表情を変える日本庭園。足立美術館の魅力をあますところなく全ページカラーで紹介する全面改訂版。

体裁 B6判、214ページ
編集 山陰中央新報社
定価 本体価格1,048円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


民俗学六十年

山陰の民俗研究の一人者である筆者が、60年間にわたって全国を踏査して得た成果を網羅した。たたら、歳時習俗、納戸神、神楽などについて、その起源、由緒、来歴等を詳細に解き明かした。 

体裁 A5判、290ページ
著者 石塚 尊俊
定価 本体価格2,400円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


山陰のチョウたち

山陰地方に生息するチョウは125種。そのすべてを生態カラー写真で紹介する。それぞれのチョウの分布地図、発生時期の図とともに、その体形や名前の由来、生活史などを小中学生にも理解できるように分かりやすく解説。

体裁 B6判、208ページ
編集 山陰むしの会
定価 本体価格1,942円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


古代出雲を歩く

古代出雲に精通した6人の筆者が、出雲神話と「出雲国風土記」の舞台である出雲地方の古代遺跡90ヵ所を写真、地図を併用してオールカラーで解説。謎に包まれた古代出雲の遺跡巡りのガイドブック。

体裁 B6判、200ページ
編著 前島 己基
定価 本体価格2,190円+消費税
送料 別途必要

インターネットでのお申し込みはこちらへ


購読のご案内
HOME | 山陰ニュース | 全国・世界ニュース | スポーツ | コラム | 特集 | 写真 | 催し | 遊ぶ | 買物 | 住まい | 健康・医療 | 学ぶ・働く | ▲上に戻る
本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。すべての著作権は山陰中央新報社に帰属します。
Copyright(C)2000 The San-in Chuo Shimpo All Rights Reserved.
  
47NEWS 参加社一覧
北海道新聞  | 室蘭民報  | 河北新報  | 東奥日報  | デーリー東北  | 秋田魁新報  | 山形新聞  | 岩手日報  | 福島民報  | 福島民友新聞  | 産業経済新聞  | 日本経済新聞  | ジャパンタイムズ  | 下野新聞  | 茨城新聞  | 上毛新聞  | 千葉日報  | 神奈川新聞  | 埼玉新聞  | 山梨日日新聞  | 信濃毎日新聞  | 新潟日報  | 中日新聞  | 中部経済新聞  | 伊勢新聞  | 静岡新聞  | 岐阜新聞  | 北日本新聞  | 北國新聞  | 福井新聞  | 京都新聞  | 神戸新聞  | 奈良新聞  | 紀伊民報  | 山陽新聞  | 中国新聞  | 日本海新聞  | 山口新聞  | 山陰中央新報  | 四国新聞  | 愛媛新聞  | 徳島新聞  | 高知新聞  | 西日本新聞  | 大分合同新聞  | 宮崎日日新聞  | 長崎新聞  | 佐賀新聞  | 熊本日日新聞  | 南日本新聞  | 沖縄タイムス  | 琉球新報  | 共同通信