問い合わせ先

島根県NIE推進協議会事務局
〒690-8668
 松江市殿町383
 山陰中央新報社内
  Tel:0852-32-3305
  Fax:0852-32-3550
  Mail:nie@sanin-chuo.co.jp

更新状況

島根県わがまち新聞コンクール 小中高生の作品募集

【2017/5/26】
  島根県NIE推進協議会は、県内の小・中学生、高校生を対象に「第13回島根県わがまち新聞コンクール」作品を募集している。

 自分が住んでいる町の歴史や素晴らしさ、名所・旧跡、名物・特産、人物などを新聞にして紹介することで、地域を見つめ直し、社会とのつながりに関心を持ってもらうとともに、取材や情報発信の楽しさも知ってもらおうと、毎年実施している。

 応募は個人やグループ、学校・学級単位のいずれでもよく、手書きのほか、パソコン製作でも可。用紙サイズはA4判以上模造紙大まで。学校名と氏名、学年、住所、電話番号を明記した応募票(書式自由)を付け、島根県NIE推進協議会「わがまち新聞コンクール係」へ送る。締め切りは9月30日。郵送のほか、直接持参してもいい。

 10月に行う審査会で小、中、高校の3部門で最優秀賞各1点のほか、優秀賞各2点、優良賞を各数点選ぶ。11月に表彰式を行い、上位入賞作品は山陰中央新報紙面で紹介する。

いっしょに読もう!新聞コンクール 島根県推進協が応募窓口に

【2017/5/26】
  日本新聞協会と島根県NIE推進協議会は、11月の「NIE月間」事業として「第8回いっしょに読もう!新聞コンクール」を実施する。

 家族や友だちと一緒に新聞記事を読み、感想や意見を書いて、記事とともに応募する新聞感想文コンクール企画で、自分一人の感想・意見だけではなく、周囲の人の意見も聞いて、より深く考える機会を提供することを目的としている。

 実施要項は次の通り。

 【応募内容】昨年9月9日から今年9月7日までの新聞から興味を持った記事を切り抜き、家族や友だちにも見せて、(1)記事を選んだ理由(2)記事を読んだ自分の感想(3)家族や友だちの意見(4)家族や友だちの意見を聞いた後の自分の意見―を所定の応募用紙(ワークシート)に記入し、記事とともに送る。応募用紙は島根県NIE推進協議会に申し込むか、新聞協会のNIEホームページ(http://nie.jp/)からもダウンロードできる(コピーやモノクロ印刷も可)。

 【対象】小・中学生、高校生、高専生

 【締め切り】9月8日必着

 【賞】最優秀賞=小、中、高校(高専)別に各1編、計3編▽優秀賞=同各10編、計30編▽奨励賞=全体で計100~120編程度▽優秀学校賞=各5校▽学校奨励賞=一定の基準を満たした学校▽HAPPY NEWS賞=1編。結果発表は11月下旬に新聞、ホームページ等で行う予定。

 【応募先・問い合わせ先】松江市殿町383、山陰中央新報社内、島根県NIE推進協議会事務局、電話0852(32)3305、ファクス同(32)3550


2017年度島根県NIE実践指定校

学 校 名 実践代表者 備 考
出雲市立荘原小学校 槇原 将人教諭 2年目
松江市立雑賀小学校 孝忠 康裕教諭 新 規
私立出雲北陵中学校 手銭 修司教諭 2年目
吉賀町立六日市中学校 山本 悦生教諭 新 規
私立開星中学校・高校 松浦 亮教頭 4年目
県立情報科学高校 吉田 利幸教諭 3年目