目的・効用

(1)新聞を2度読むことにつながり、さらに、見て、切って、貼ることでその記事を記憶化するとともに、記事の見落とし、読み忘れに気付くこともある

(2)資料として保存することで自前の資料集となり、のちに企画や取材の参考資料に活用できたりもする

(3)複数の新聞社の記事を比較することで、表現や切り口の違いに気付く面白さがある


島根県NIE推進協議会事務局
島根県松江市殿町383 
戻る