ご購読はこちら
  新着情報    山陰経済ウイークリー    中央フォト    広告案内    さんさん    出版案内    政経懇話会    サイトマップ
HOME山陰のニュース全国・世界のニューススポーツコラム特集写真
| 山陰ニュース写真 | 全国・世界ニュース写真 | 山陰スポーツ写真 | 全国・世界スポーツ写真 | 写真企画 |
催し遊ぶ買物・グルメ住まい生活健康・医療学ぶ・働く文化センターいわみ情報局山陰インド協会
未来へ伝えたい山陰の遺産一覧

市民や観光客らのシルエットの向こうで、宍道湖の空と湖面を彩る夕日。嫁ケ島を包む光と陰が叙情を漂わせる=松江市袖師町

市民や観光客らのシルエットの向こうで、宍道湖の空と湖面を彩る夕日。嫁ケ島を包む光と陰が叙情を漂わせる=松江市袖師町
(42)宍道湖残照(SHINJIKOZANSYOU)松江市袖師町 心を癒やす湖岸の楽園

 宍道湖の夕日を撮影するため、松江市袖師町の湖岸にある夕日スポットへ足を運んだ。少し曇っていたが、風がなく波も穏やか。真っ赤な太陽が雲や湖面をあかね色に染め始めると、見物に訪れた市民、観光客らが岸辺に陣取った。(2010/09/20)〔全文〕


明治の面影と文化の薫り漂う、旅館の吹き抜け部分。木のぬくもり、ちょっと粋な感じが同居している=松江市美保関町、美保館本館

明治の面影と文化の薫り漂う、旅館の吹き抜け部分。木のぬくもり、ちょっと粋な感じが同居している=松江市美保関町、美保館本館
(41)美保館本館(MIHOKANHONKAN)松江市美保関町 繁栄伝える港町の老舗

 松江市美保関町の通称「青石畳通り」と、その通りに建つ老舗旅館「美保館本館」は、北前船の寄港地だった港町の繁栄ぶりを今に伝える。(2010/09/06)〔全文〕


ライトに照らされ幻想的に浮かび上がる米子市立山陰歴史館。スローシャッターで写し込んだ車のテールランプが、彩りを添える=米子市中町

ライトに照らされ幻想的に浮かび上がる米子市立山陰歴史館。スローシャッターで写し込んだ車のテールランプが、彩りを添える=米子市中町
(40)米子市立山陰歴史館(YONAGOSHIRITSUSANINREKISHIKAN)米子市中町 時代の粋集めた商都の顔

 赤れんが風の重厚な外観に、商都・米子の顔としての風格が漂う山陰歴史館。夜間はライトアップされ、国道9号沿いに幻想的に浮かび上がる。元は1930年に建設された市庁舎だったが、老朽化が進み、82年の新庁舎移転に伴い再スタートした。(2010/08/16)〔全文〕


室内を暗くすると、数千個のゲンジボタルの卵が星雲のような幻想的な光を放つ(10分間露光)。右上と右下の紫色の光は、外光が写り込んだもの=雲南市大東町大東、恩田哲男さん方

室内を暗くすると、数千個のゲンジボタルの卵が星雲のような幻想的な光を放つ(10分間露光)。右上と右下の紫色の光は、外光が写り込んだもの=雲南市大東町大東、恩田哲男さん方
(39)赤川ほたる(AKAGAWAHOTARU)雲南市大東町 またたく”星々”生命の胎動

 ホタルや星座に目を凝らしたのは何年ぶりだろう−。ふと夜空を仰いでそう思ったのは、身近に生息する小さな生命が放つ光の世界に、思わず見とれてしまったからだ。(2010/07/26)〔全文〕


隅炉(すみろ)を切った観月庵の2畳本席。円窓からのぞく庭園の雰囲気は格別=写真はいずれも松江市北田町、普門院

隅炉(すみろ)を切った観月庵の2畳本席。円窓からのぞく庭園の雰囲気は格別=写真はいずれも松江市北田町、普門院
(38)観月庵(KANGETSUAN)松江市北田町 不昧や八雲ゆかりの茶室

 堀川沿いの天台宗普門院にある三斎流茶室「観月庵」は、松江の文化を凝縮した憩いのスポットだ。老朽化と鳥取西部地震の余波で倒壊寸前だったが、市民らの募金活動を支えに修復が実現し、今春から一般公開されている。(2010/07/05)〔全文〕


ヘルン旧居は八雲文学をはぐくんだ空間であり、旧松江藩の武家屋敷の姿を今に伝える。縁側にいるのは八雲のひ孫の凡さん=松江市北堀町

ヘルン旧居は八雲文学をはぐくんだ空間であり、旧松江藩の武家屋敷の姿を今に伝える。縁側にいるのは八雲のひ孫の凡さん=松江市北堀町
(37)ヘルン旧居(HERUNKYUKYO) 松江市北堀町 八雲文学はぐくんだ空間

 松江市民が親しみを込めて「ヘルンさん」と呼ぶ文豪・小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)。ことしは生誕160年にあたり、来松120年の節目の年でもある。誕生日の6月27日、関係者による「160年祭」も計画されているという。(2010/06/14)〔全文〕


悠久の時を経てよみがえった三瓶小豆原埋没林=大田市三瓶町

悠久の時を経てよみがえった三瓶小豆原埋没林=大田市三瓶町
(36)三瓶小豆原埋没林 よみがえる縄文の巨木

悠久の時を経てよみがえった三瓶小豆原埋没林=大田市三瓶町  薄暗い階段を下りると、三瓶山の火山活動によって地底に封じ込められた縄文時代の巨木が、4千年の時を経てよみがえる。大田市三瓶町にある「三瓶小豆原埋没林公園」。2004(平成16)年に国指定天然記念物に指定された埋没林が、発掘時そのままの姿で展示されている。(2010/05/24)〔全文〕


衆生救済の優しさに満ちあふれた十一面観音菩薩立像=松江市大庭町、浄音寺

衆生救済の優しさに満ちあふれた十一面観音菩薩立像=松江市大庭町、浄音寺
(35)十一面観音菩薩立像(JYUUICHIMENKANNONBOSATSURYUUZOU)(鎌倉時代)松江市大庭町 気品と

 本堂の薄明かりの中で、十一面観音菩薩(ぼさつ)立像が優しさに満ちた表情を浮かべていた。松江市郊外の浄音寺にある重要文化財の木像は高さ141センチ。写真家の間に、その美しさが知られている鎌倉仏だ。近くに鎮座する神魂神社ゆかりの寺は、古代出雲のオーラにも包まれている。(2010/05/10)〔全文〕


機関車C56を載せて回転するJR津和野駅の転車台。郷愁を誘う風景が老若男女を引き付ける=島根県津和野町後田

機関車C56を載せて回転するJR津和野駅の転車台。郷愁を誘う風景が老若男女を引き付ける=島根県津和野町後田
(34)津和野駅転車台(TUWANOEKI TENSHADAI) 津和野町後田

 「SLやまぐち号」から放たれた汽笛が、もえぎ色に染まり始めた津和野盆地の山々に響く。JR山口線の津和野駅(島根県津和野町後田)。「貴婦人」の愛称でSL人気をけん引する機関車C57が点検修理中のため、代役を務めた小型のC56は、終着のホームに降りる客を見送ると、ゆっくり動きだした。(2010/04/26)〔全文〕


海の道しるべとして大切な役割を担う出雲日御碕灯台。山陰が誇る日本の代表的な建造物である=出雲市大社町

海の道しるべとして大切な役割を担う出雲日御碕灯台。山陰が誇る日本の代表的な建造物である=出雲市大社町
(33)日御碕灯台(HINOMISAKITOUDAI)出雲市 日本海見守る白亜の石塔

 島根半島の北西端にそびえる「出雲日御碕灯台」(出雲市大社町)に、日本海を渡る強烈な季節風が吹きつける。地上から頂部まで43・65メートル。塔形(円形)の瀟洒(しょうしゃ)な灯台は、石造りでは日本一の高さを誇る。(2010/01/25)〔全文〕


ページ数:←前の10件  (1)  2  3  4  5  次の10件→  
ホームページフォト特集 一覧
宍道湖一周
駅伝2016

島根県中学
駅伝2016
島根県高校
総体2016
一畑薬師
マラソン2016
 ・紙面掲載写真お分けします
購読のご案内
HOME | 山陰ニュース | 全国・世界ニュース | スポーツ | コラム | 特集 | 写真 | 催し | 遊ぶ | 買物 | 生活 | 健康・医療 | 学ぶ・働く | △上に戻る
本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。すべての著作権は山陰中央新報社に帰属します。
Copyright(C)2000 The San-in Chuo Shimpo All Rights Reserved.
  
47NEWS 参加社一覧
北海道新聞 | 室蘭民報 | 河北新報 | 東奥日報 | デーリー東北 | 秋田魁新報 | 山形新聞 | 岩手日報 | 福島民報 | 福島民友新聞 | 産業経済新聞  | 日本経済新聞 | ジャパンタイムズ | 下野新聞 | 茨城新聞 | 上毛新聞 | 千葉日報 | 神奈川新聞 | 埼玉新聞 | 山梨日日新聞 | 信濃毎日新聞 | 新潟日報  | 中日新聞 | 中部経済新聞 | 伊勢新聞 | 静岡新聞 | 岐阜新聞 | 北日本新聞 | 北國新聞 | 福井新聞 | 京都新聞 | 神戸新聞 | 奈良新聞  | 紀伊民報 | 山陽新聞 | 中国新聞 | 日本海新聞 | 山陰中央新報 | 四国新聞 | 愛媛新聞 | 徳島新聞 | 高知新聞 | 西日本新聞 | 大分合同新聞  | 宮崎日日新聞 | 長崎新聞 | 佐賀新聞 | 熊本日日新聞 | 南日本新聞 | 沖縄タイムス | 琉球新報 | 共同通信