マイホーム拝見

vol.16 平田市/K氏邸マイホーム拝見新築をお考えの方ホーム

ご自慢のマイホームを紹介します。

vol.16 平田市/K氏邸

畳のリビングが特徴の本格カントリーハウス
自然素材、在来工法、オール電化の健康住宅

拡大住宅写真(1)
1階床面積 90・37m²
2階床面積 51・73m²
延べ床面積 142・12m²
設計・施工/ウッディカリノ
  • 拡大住宅写真(2)
  • 拡大住宅写真(3)

 インテリアコーディネーターの奥さまが設計したK氏邸は、欧米の田舎家をイメージした本格カントリーハウス。家とトータルに考えたというイングリッシュガーデンも本格派。居心地のよさに家族全員が喜んだ家が出来上がりました。

7寸勾配の三角屋根
 壁面の角や窓廻りにレンガを巡らせ、7寸勾配の三角屋根。外観は完全な洋風住宅ながら、構造は山陰の風土に適した木造在来軸組工法。

オール電化でインテリア性と快適性
 建材は自然素材を多用し、木や珪藻土の壁が余分な湿気をコントロールし、足触りがさらっと気持ちいい床は無垢のパイン材。さらにオール電化を採用し、インテリア性と快適性ともに優れた健康住宅を実現しています。

カントリーテイスト
 家の中心は、カントリーテイストで統一されたリビングダイニングキッチン。サンルームに面して開放的なここでひときわ目を引く畳敷きのリビングは、奥さまが特にこだわったところ。「カントリーハウスは長年の夢。でも時には寝転びたいし、冬はコタツに入りたい。畳の同居は一見大胆なプランですが、これが我が家のライフスタイルです」。約30㌢の段差をつけたのは、ダイニングの椅子座、対面キッチン側と目線の高さが合うよう考慮した結果。縁なし畳を選び、統一感ある家具を配したことで、あこがれのカントリースタイルと畳のくつろぎ感が違和感なく溶け込んでいます。

キッチンはオープンスタイル
 オープンスタイルのキッチンは、既製のシステムキッチンに特注のパイン材の扉を取り付けて機能面も充実。ニッチや梁にはホウロウやアンティークの雑貨をセンスよくディスプレーしています。家族共通の趣味である音楽を楽しむため、LDK隣には音楽室を。開け放てばひとつながりの大空間となり、ミニ音楽会を催すことも可能です。

便利な洗濯室
 洗濯室を兼ねた脱衣洗面室は、キッチンに直結。家族全員の日常着を収納するクローゼットを備え、干し場が隣り合わせているので家事動線もすっきり。2階は個室と収納スペース。広めに確保した階段ホールは壁一面に書棚を設え小さな図書館の趣き。物置は防虫防湿効果のあるヒノキ張りで、オフシーズンの衣類などをまとめて収納しています。

 vol.16 

バックナンバー

vol.221詳細
vol.247
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.246
出雲市
F氏邸
vol.221詳細
vol.245
出雲市
B氏邸
vol.221詳細
vol.244
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.243
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.242
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.241
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.240
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.239
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.238
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.237
松江市
H氏邸
vol.221詳細
vol.236
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.235
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.234
出雲市
T氏邸
vol.221詳細
vol.233
松江市
F氏邸
vol.221詳細
vol.232
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.231
雲南市
E氏邸
vol.221詳細
vol.230
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.228
出雲市
N氏邸
vol.221詳細
vol.227
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.226
雲南市
A氏邸
vol.221詳細
vol.225
大田市
S氏邸
vol.221詳細
vol.224
松江市
U氏邸
vol.221詳細
vol.223
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.222
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.221
松江市
M氏邸
vol.220詳細
vol.220
松江市
H氏邸

ページの先頭