マイホーム拝見

vol.45 松江市玉湯町/F氏邸マイホーム拝見新築をお考えの方ホーム

ご自慢のマイホームを紹介します。

vol.45 松江市玉湯町/F氏邸

屋外デッキを内包する巧みな空間使い / 無垢材ふんだんに光と風を呼び込む家

拡大住宅写真(1)
1階床面積 76・00m²
2階床面積 63・00m²
延べ床面積 139・00m²
設計・施工/松工建設
  • 拡大住宅写真(2)
  • 拡大住宅写真(3)
  • 拡大住宅写真(4)
  • 拡大住宅写真(5)
  • 拡大住宅写真(6)
  • 拡大住宅写真(7)
  • 拡大住宅写真(8)
  • 拡大住宅写真(9)

 片流れの屋根、白い外壁のシンプルでシャープな外観。対し、屋内は徹底的に天然木の質感にこだわったインテリア。閑静な住宅地の一角に建つここは、Fさんご夫婦と赤ちゃん、3人家族の新居。屋外空間のウッドデッキを内包する〝コの字型〟の空間使いが開放的で機能的です。

 「1番の希望は、自然素材をふんだんに使い、風通しがよく明るく開放的な空間。そして、家の中心にキッチンを据えること。すべてがかなって大満足です」とご夫妻は声をそろえます。

 1階はウッドデッキを取り囲むかたちで各室とたくさんの窓を配し、プライバシーを守りつつ開放的な空間構成。リビング・ダイニング・和室の開口を結んでワンルームにも見せています。この〝光の坪庭〟によりさまざまな方向から日が差し込み、パインの床、杉の腰板、羽目板天井、建具のすべてを無垢材にこだわったナチュラル空間に光と風と温かみを呼び込みます。

 料理好きの奥さまがこだわったのが、家の真ん中に据えたダイニングキッチン。薄黄色がアクセントカラーの対面式で、杉の1枚板を渡したハイカウンターが特にお気に入り。リビングとの間は引き込み戸で、必要に応じて開閉を使い分けます。家事効率を考え洗面所、浴室と裏動線でつながり、ここを境に緩やかにパブリック・プライベート空間を分けたのもこだわったところです。

 2階は主寝室、子ども室の完全プライベートフロア。廊下も各室も屋根の形を生かした勾配天井に無垢材の羽目板を張り、あらわしの柱、梁、木の手すりと木のぬくもりがいっぱい。宍道湖が見渡せる廊下の両側にバルコニーを配し、見晴らしも最高です。また、2階の納戸や各室のクローゼットなど収納もたっぷり確保。片付けやすく、すっきり感がキープできます。

 家の中心、ウッドデッキ一角に植えたシンボルツリーはモミの木。「引っ越してきたのが12月だったので、毎年クリスマスに飾り付けるたび、その時のことを思い出すと思います。この家で、新しい思い出もたくさん作っていきたい」というご家族でした。

 vol.45 

バックナンバー

vol.221詳細
vol.247
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.246
出雲市
F氏邸
vol.221詳細
vol.245
出雲市
B氏邸
vol.221詳細
vol.244
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.243
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.242
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.241
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.240
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.239
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.238
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.237
松江市
H氏邸
vol.221詳細
vol.236
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.235
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.234
出雲市
T氏邸
vol.221詳細
vol.233
松江市
F氏邸
vol.221詳細
vol.232
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.231
雲南市
E氏邸
vol.221詳細
vol.230
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.228
出雲市
N氏邸
vol.221詳細
vol.227
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.226
雲南市
A氏邸
vol.221詳細
vol.225
大田市
S氏邸
vol.221詳細
vol.224
松江市
U氏邸
vol.221詳細
vol.223
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.222
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.221
松江市
M氏邸
vol.220詳細
vol.220
松江市
H氏邸

ページの先頭