マイホーム拝見

vol.49 松江市/I氏邸マイホーム拝見新築をお考えの方ホーム

ご自慢のマイホームを紹介します。

vol.49 松江市/I氏邸

自然素材を多用した在来工法の木の家 / 明るく開放的でコンパクトな平屋建て

拡大住宅写真(1)
床面積 150.50m²
設計・施工/藤栄工業
  • 拡大住宅写真(2)
  • 拡大住宅写真(3)
  • 拡大住宅写真(4)
  • 拡大住宅写真(5)
  • 拡大住宅写真(6)

 子どもが独立し、夫婦と年老いた父親、家族3人が暮らす住まい。築130年の旧家を建て直すにあたり、Ⅰさんご夫妻が思い描いたのは「1年中快適に過ごせる、開放的でコンパクトな平屋建て」。行き着いたのは大工さんの手刻みによる在来軸組工法、気候風土に合う地域の材を使った誠実な木の家でした。

 向かって右側には「親せきなど大勢が集まる機会が多いので」と、特にリクエストした2間続きの本格的な和室を調えました。左へ進むと家族が最も長い時間を過ごすLDKへ。玄関から直接出入りできる応接室も含めて基本的にワンルーム、ただし独立性は引き込み戸にて確保。いくつも設けたトップライトで明るく、高い天井に地松の現わし梁が美しい、心地よい空間が広がります。

 バリアフリーは当然として、LDKを中心に洗面室や浴室、トイレなどへの生活動線は至極スムーズ。建具はすべて引き戸にするなど高齢者に優しい配慮はほかにもあちこちに見られます。

 「木の香りがする家です。無垢ヒノキの床は素足でも気持ちいいですよ」と奥さま。壁は珪藻土、無垢スギの天井羽目板とオリジナル建具…と、ほかにも自然素材をふんだんに使用。自然素材とペアガラス、床暖房設備が相まって夏涼しく冬暖か、健康によいオーガニック住宅が実現。予想以上の快適性に一家そろって大満足だったそうです。

 家事動線と収納にも工夫が色々。畑を耕し漬け物や味噌も手作りする奥さまの希望で、キッチン脇に漬け物樽を置くための外部物入を。キッチンカウンター下にはダイニング側全面に食器棚を造り付け、対面には食品庫を兼ねた大容量の可動棚式収納も確保。奥さまは「年をとってからも家事がしやすく、快適に暮らせそうな家です」と話してくれました。

 vol.49 

バックナンバー

vol.221詳細
vol.247
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.246
出雲市
F氏邸
vol.221詳細
vol.245
出雲市
B氏邸
vol.221詳細
vol.244
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.243
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.242
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.241
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.240
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.239
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.238
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.237
松江市
H氏邸
vol.221詳細
vol.236
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.235
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.234
出雲市
T氏邸
vol.221詳細
vol.233
松江市
F氏邸
vol.221詳細
vol.232
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.231
雲南市
E氏邸
vol.221詳細
vol.230
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.228
出雲市
N氏邸
vol.221詳細
vol.227
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.226
雲南市
A氏邸
vol.221詳細
vol.225
大田市
S氏邸
vol.221詳細
vol.224
松江市
U氏邸
vol.221詳細
vol.223
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.222
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.221
松江市
M氏邸
vol.220詳細
vol.220
松江市
H氏邸

ページの先頭