マイホーム拝見

vol.65 出雲市/M氏邸マイホーム拝見新築をお考えの方ホーム

ご自慢のマイホームを紹介します。

vol.65 出雲市/M氏邸

木の香りに包まれる自然素材の家 / 心地よい空気が家を、家族を包む

拡大住宅写真(1)
1階床面積 87・32m²
2階床面積 52・39m²
延べ床面積 139・71m²
設計・施工/藤原木材産業
  • 拡大住宅写真(2)
  • 拡大住宅写真(3)

 玄関に足を踏み入れた瞬間、やさしい木の香りに包まれるM氏邸。家中の床を覆った無垢のヒノキ、壁には和紙や珪藻土とふんだんに使われた自然素材。そして吹き抜けで上下階が一体となった大空間。健やかな空気が家中をよどみなく流れ、居心地のいい木の家です。

 どっしりした大屋根、白い外壁、いぶし銀の瓦…町屋をイメージしたという落ち着いた佇まいが、借景の北山によりすっきりと際立ちます。

 「どこにいても家族の気配を感じられるように」との希望通り、吹き抜けが開放的なLDKがこの家の中心。深めの庇(ひさし)は夏の日差しは遮り、冬は屋内の奥深くまで光を呼び込みます。存在感のある十文字の梁はご主人のリクエスト。「古い民家の雰囲気を取り入れたくて。吹き抜けを見上げているだけで安らぐんです」。またソファやいすは置かず、食事は座卓、冬はコタツでと昔ながらの「座る」暮らしを選択。建具も大半が引き戸で、これも懐かしい家の記憶を呼び覚まします。

 対面式キッチンは、奥さまがデザインした淡いピンク色の丸いモザイクタイルのカウンターがやさしい雰囲気。浴室や洗面台も同じ形のグリーン系タイルで爽やかに仕上げ、「イメージ通りで、とても気に入っています」(奥さま)。

 LDK隣の主寝室は洗面脱衣室との間に納戸クロークを設けたので水回りに直行でき、「忙しい朝やお風呂の時など便利」。さらに庭に沿った広縁は室内干しできる洗濯室の機能をもたせ、最短の家事動線を確保しました。

 熟考した収納もこの家の特長。小屋裏収納など〝一極集中〟が基本。特に食品庫を兼ねたキッチン脇の納戸は、カースペースから直結し理想的な動線。

「買い物したものがすぐ整理できるし、土間だからタイヤなども置けて便利です」(奥さま)。

 リビング階段を上がると、2階は勾配天井ののびやかな空間。お子さん2人の個室ははめ込み式の建具で仕切っただけで将来はひと部屋で使うことも可能。天井に近い上部は抜けていて開放的、通気もスムーズです。

 吹き抜けとの間に広いホールもあり、窓側の壁には味わい深いコテ跡が。「ここの壁は家族で塗りました。家作りのいい思い出になりました」。

 vol.65 

バックナンバー

vol.221詳細
vol.247
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.246
出雲市
F氏邸
vol.221詳細
vol.245
出雲市
B氏邸
vol.221詳細
vol.244
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.243
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.242
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.241
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.240
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.239
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.238
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.237
松江市
H氏邸
vol.221詳細
vol.236
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.235
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.234
出雲市
T氏邸
vol.221詳細
vol.233
松江市
F氏邸
vol.221詳細
vol.232
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.231
雲南市
E氏邸
vol.221詳細
vol.230
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.228
出雲市
N氏邸
vol.221詳細
vol.227
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.226
雲南市
A氏邸
vol.221詳細
vol.225
大田市
S氏邸
vol.221詳細
vol.224
松江市
U氏邸
vol.221詳細
vol.223
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.222
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.221
松江市
M氏邸
vol.220詳細
vol.220
松江市
H氏邸

ページの先頭