マイホーム拝見

vol.68 出雲市/A氏邸マイホーム拝見新築をお考えの方ホーム

ご自慢のマイホームを紹介します。

vol.68 出雲市/A氏邸

リビングを中心に心和む快適住空間を実現
家族の時間が楽しくなるシンプルな木の家

拡大住宅写真(1)
1階床面積 77・62m²
2階床面積 65・32m²
延べ床面積 142・94m²
設計・施工/藤原木材産業
  • 拡大住宅写真(2)
  • 拡大住宅写真(3)

 子育て真っ最中のAさんご夫妻の希望は、天然素材をふんだんに用い、開放的なリビングを中心に暮らしたい、ということでした。完成したのはシンプルな木の家。育ち盛りの小学生の男の子2人が、今日も元気に家中を走り回ります。

 「東側の窓から、仏教山越しに登る朝日を眺めるのが好き」という奥さま。家作りはまず、南東角地で台形という理想的な家相の土地を見つけたところから始まりました。  すっきりとデザインされた外観。玄関引き戸、2階バルコニーの目透かし板…縦のラインが強調された造作がより洗練された雰囲気を演出します。

 室内は1・2階とも間仕切りを少なくし、1階にLDKスペースと和室、水回りを、2階はプライベートスペースというレイアウト。LDKの中心にある吹き抜けが上下階をつなぎ、家全体がワンルームのような、風通しよく開放的な空間となりました。

 床にヒノキの無垢板を使用したLDKは、天井は構造材をあらわしの表現とし、家を支えるがっしりした梁がアクセントに。あちこちの窓から陽の光があふれんばかりに射し込み、オール電化、全館ペアガラス、温かな無垢材の床などと相まって冬も寒さを感じません。

 「以前住んでいた借家は孤立しがちなクローズ型のキッチン。家族の様子が一目で分かる対面式にしたかった」と、オープンにつながるキッチンは奥さまの希望。白い壁と木の色のシンプルなインテリアの中で、赤いカウンターがアクセントカラーとなっています。

 また、構造上外すことのできない柱を巧みに活用。動線に配慮しリビング側にパソコンカウンター、キッチン側には食品庫と家事デスクを造り付け、オープンな空間を緩やかに仕切る役割も果たしています。

 個室を配した2階は無垢カラマツの床、屋根の形状を生かした勾配天井がナチュラルな雰囲気。地窓で風通しのよい畳の主寝室、ロフトのある子ども室は吹き抜けとバルコニーでつながっています。

 シンボルツリーのヤマボウシは施工会社からのプレゼント。「春になったら庭に芝生を植えたいね」と期待を膨らませるご家族でした。

 vol.68 

バックナンバー

vol.221詳細
vol.247
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.246
出雲市
F氏邸
vol.221詳細
vol.245
出雲市
B氏邸
vol.221詳細
vol.244
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.243
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.242
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.241
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.240
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.239
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.238
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.237
松江市
H氏邸
vol.221詳細
vol.236
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.235
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.234
出雲市
T氏邸
vol.221詳細
vol.233
松江市
F氏邸
vol.221詳細
vol.232
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.231
雲南市
E氏邸
vol.221詳細
vol.230
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.228
出雲市
N氏邸
vol.221詳細
vol.227
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.226
雲南市
A氏邸
vol.221詳細
vol.225
大田市
S氏邸
vol.221詳細
vol.224
松江市
U氏邸
vol.221詳細
vol.223
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.222
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.221
松江市
M氏邸
vol.220詳細
vol.220
松江市
H氏邸

ページの先頭