マイホーム拝見

vol.78 斐川町/F氏邸マイホーム拝見新築をお考えの方ホーム

ご自慢のマイホームを紹介します。

vol.78 斐川町/F氏邸

中庭を囲む「コ」の字型の間取り / 閉じることで得た光と風、開放感

拡大住宅写真(1)
1階床面積 104・00m²
2階床面積 85・00m²
延べ床面積 189・00m²
設計・施工/松工建設
  • 拡大住宅写真(2)
  • 拡大住宅写真(3)

 濃いグレーの外壁がシンプル&スタイリッシュなF氏邸。新しい住宅団地に完成した新居は日当たりに恵まれた角地。

 1面は公園に面する好立地だが、南西側隣地には住宅建設が予想されるため、外に対して閉じ、内をいかに開放的にするかが課題でした。そこでたどり着いたのが、2階リビングと、中庭を囲む「コ」の字型のプラン。さらに中庭を木製格子で覆うことで外からの視線を遮りつつ、格子を透かして風や光を呼び込み、心地よい開放感を実現しました。

 玄関に入ると正面に、家の中央を貫く吹き抜け階段、そしてその先には中庭が。「カーテンを開けたまま暮らせる家にしたかった。中庭側に窓を集中させることで、気兼ねなく開け放しておけます」と奥さまは、希望がかなって満足の様子です。

 1階は中庭を挟んで和室、浴室、洗面脱衣室を配置。洗濯室を兼ねた洗面脱衣室には中庭同様風通しのよい木製格子で覆った洗濯干し場を設け、さらに向かいの納戸は家族全員の衣類をおさめるウオークインクローゼットとして使用。「使い勝手、家事効率ともに抜群です」(奥さま)。1階にはほかに「大切な愛車の手入れが出来る空間を」とご主人が希望したビルトインガレージも。地窓から柔らかな光が入ってくる和室は、将来親との同居を想定した造りです。

 勾配天井が開放的な2階は、LDK側と、主寝室・子ども室側とをスキップフロアで緩やかにゾーン分け。「LDKを生活の中心にしたい」というご夫婦の希望に応え、キッチンは対面式のオープンスタイル。縁なし畳を敷いたリビングにはAV機器やパソコン、お子さんのキーボードなどをおさめるラックを造り付け、家族のコミュニケーションを密にする、まとまりのある空間を実現しました。

 中学1年、小学2年、幼稚園の女の子3人の子ども室は衝立で緩やかに仕切り、主寝室との間も引き戸があるだけなので、将来は1部屋として使うことも可能。

 ロフトも作り、収納量にもこだわりました。

 またご夫婦ともに「物を出さずに暮らしたい」という主義。キッチンの食器棚、収納など家具の大半は造り付け。素材も床の無垢のパイン材、天井のシナ合板とそろえて統一感を演出。白で統一した壁とあわせ、すっきりとした印象のインテリアです。

 vol.78 

バックナンバー

vol.221詳細
vol.247
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.246
出雲市
F氏邸
vol.221詳細
vol.245
出雲市
B氏邸
vol.221詳細
vol.244
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.243
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.242
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.241
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.240
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.239
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.238
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.237
松江市
H氏邸
vol.221詳細
vol.236
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.235
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.234
出雲市
T氏邸
vol.221詳細
vol.233
松江市
F氏邸
vol.221詳細
vol.232
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.231
雲南市
E氏邸
vol.221詳細
vol.230
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.228
出雲市
N氏邸
vol.221詳細
vol.227
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.226
雲南市
A氏邸
vol.221詳細
vol.225
大田市
S氏邸
vol.221詳細
vol.224
松江市
U氏邸
vol.221詳細
vol.223
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.222
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.221
松江市
M氏邸
vol.220詳細
vol.220
松江市
H氏邸

ページの先頭