マイホーム拝見

vol.96 松江市/O氏邸マイホーム拝見新築をお考えの方ホーム

ご自慢のマイホームを紹介します。

vol.96 松江市/O氏邸

豊かな緑に囲まれた開放的住まい / LDKとウッドデッキはひと続き

拡大住宅写真(1)
1階床面積 64・50m²
2階床面積 60・00m²
延べ床面積 124・50m²
設計施工/井原建設
  • 拡大住宅写真(2)
  • 拡大住宅写真(3)

 雑木林に囲まれた高台に建つO氏邸。正面南側には木々の緑がパノラマのように広がります。ご夫妻はこの得がたいロケーションに、眺望を生かした開放的な住まいを希望。南側に大開口をしつらえ、広いウッドデッキとひと続きになったおおらかなLDKが自慢のマイホームです。

 ご主人の実家の隣地、高低差のある敷地に配置されたのは、広いウッドデッキが張り出した建物。下部は紺色、上部は淡いグレーでまとめたシンプルな外壁。デッキのほかにも正面ファサードにはたくさんのスギ材をあしらい、既存のケヤキの木陰がデッキにかかるよう配し、豊かな緑に囲まれた風景の一部としてなじむように考えられました。

 1階の中心は、10畳もの広さがあるウッドデッキとひと続きになったLDK。一面の大きな窓越しに緑と青空が広がり、奥行きと広がりが感じられます。また、一角に設けたリビング階段が開放的な吹き抜け空間を実現。1、2階をおおらかにつなぎ、どこにいても家族の気配が伝わります。「キッチンからも緑がよく見えるので、家事をしていても気持ちいいですよ。それに、家事をしながら子どもたちに目が届くので安心です」(奥さま)。

 また、これほど大きな開口部と吹き抜けがあるのに「完成して1年。冬寒くなく、夏涼しいのがうれしいですね」と奥さま。

 ペアガラス、高気密・高断熱による冷暖効率の良さに加え、深いひさしと2階のバルコニー、そして夏茂り冬は葉を落とすケヤキが、夏の強い日差しを遮り、冬は日を室内の奥まで取り入れます。

 家事効率にも配慮。勝手口に面してサービスヤードを兼ねた物置を設け、雨の日に活躍する物干しバーを設置。キッチン近くに洗面、浴室と水回りを集約させ、片付けやすいよう適所に収納を造り付けています。

 プライベートフロアの2階には、ご主人念願の書斎スペースを確保。主寝室、子ども室はすべて南向きに配され、大きな窓と傾斜天井が自然に視線を空へと導きます。

 自然素材にもこだわり、床はサクラの無垢材。足触りの良い床の上を、そしてウッドデッキの上を、兄妹は裸足で元気よく走り回ります。

「子どもたちの笑顔がいちばんうれしいですね」と奥さま。希望通りに完成したマイホームは、家族の時間を温かく包んでくれるようです。

 vol.96 

バックナンバー

vol.221詳細
vol.247
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.246
出雲市
F氏邸
vol.221詳細
vol.245
出雲市
B氏邸
vol.221詳細
vol.244
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.243
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.242
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.241
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.240
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.239
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.238
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.237
松江市
H氏邸
vol.221詳細
vol.236
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.235
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.234
出雲市
T氏邸
vol.221詳細
vol.233
松江市
F氏邸
vol.221詳細
vol.232
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.231
雲南市
E氏邸
vol.221詳細
vol.230
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.228
出雲市
N氏邸
vol.221詳細
vol.227
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.226
雲南市
A氏邸
vol.221詳細
vol.225
大田市
S氏邸
vol.221詳細
vol.224
松江市
U氏邸
vol.221詳細
vol.223
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.222
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.221
松江市
M氏邸
vol.220詳細
vol.220
松江市
H氏邸

ページの先頭