マイホーム拝見

vol.105 安来市/I氏邸マイホーム拝見新築をお考えの方ホーム

ご自慢のマイホームを紹介します。

vol.105 安来市/I氏邸

中海の風景が広がる開放的なLDK / 家族の絆深めるスキップフロアの家

拡大住宅写真(1)
1階床面積 93・86m²
2階床面積 53・54m²
延べ床面積 147・40m²
設計・施工/今井産業
  • 拡大住宅写真(2)
  • 拡大住宅写真(3)

 中海の湖岸に接するように建つI氏邸。反対の南側には雑木林が広がります。ご夫妻は別荘地のような絶好のロケーションを生かした、開放的な住まいを希望。湖側にたくさんの窓をしつらえ、広いウッドデッキとひと続きになった大らかなLDKが自慢のマイホームです。

 「海を見ながら暮らしたかった」というお2人はこの立地に一目ぼれ。建築士とともに10カ月かけて設計を練り、次第にイメージが固まっていきました。出来上がったプランは、床の高さを半階ずらして空間がつながっていくスキップフロアの構成。オープンなので家族の気配が身近に漂い、一方、段差があることで間仕切りがなくても空間に独立性・変化・奥行きを生み出すプランです。

 玄関のある南側外壁と屋根はスタイリッシュなシルバーのガルバリウム鋼板仕上げ。中海側は黒の外壁にウッドデッキをしつらえ、見る方向で異なる表情を見せます。

 玄関を入ると、真っ白な空間が広がります。「内外観ともにシンプルに」と、内装は白が基調。壁や天井は白、建具はホワイト系のバニラアッシュ、窓枠はシルバーで統一して壁に溶け込ませ、所々にブラウンを効かせて空間を引き締めています。

 玄関ホール正面に洗面、浴室、脱衣室などの水回りをまとめ、半階上がると窓越しに中海の風景が広がるLDKへ。スキップフロアでつながる2階は吹き抜け空間に接し、壁に溶け込むよう白で統一した対面式のオープンキッチン、構造梁をそのまま見せた勾配天井、絶妙な位置のフィックス窓や天窓、広いデッキが開放感を一段と高めています。

 ここのこだわりは、2階ホールに設けた書斎コーナー。吹き抜けを見下ろす向きにカウンターデスクを造り付け、6歳、2歳の姉妹の勉強部屋も兼ねるプラン。キッチンとの位置関係がポイントで、「家事をしながら子どもたちに目が届くので安心です」(奥さま)

 また、フロアの段差を利用しLDK下部に収納スペースを確保。収納は他所にもたっぷり用意し、特に脱衣室には工夫が満載。家族全員のシーズン衣類がすべて収納できる棚を造り付け、近くに物干しスペーを設けて「洗う・干す・片付ける」の作業がしやすい家事動線にも配慮しました。

 一方、オープンな間取りなので床暖房を各所に設け、オール電化、ペアガラスの採用など設備面も充実させています。

 vol.105 

バックナンバー

vol.221詳細
vol.247
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.246
出雲市
F氏邸
vol.221詳細
vol.245
出雲市
B氏邸
vol.221詳細
vol.244
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.243
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.242
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.241
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.240
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.239
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.238
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.237
松江市
H氏邸
vol.221詳細
vol.236
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.235
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.234
出雲市
T氏邸
vol.221詳細
vol.233
松江市
F氏邸
vol.221詳細
vol.232
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.231
雲南市
E氏邸
vol.221詳細
vol.230
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.228
出雲市
N氏邸
vol.221詳細
vol.227
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.226
雲南市
A氏邸
vol.221詳細
vol.225
大田市
S氏邸
vol.221詳細
vol.224
松江市
U氏邸
vol.221詳細
vol.223
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.222
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.221
松江市
M氏邸
vol.220詳細
vol.220
松江市
H氏邸

ページの先頭