マイホーム拝見

vol.106 東出雲町/A氏邸マイホーム拝見新築をお考えの方ホーム

ご自慢のマイホームを紹介します。

vol.106 東出雲町/A氏邸

LDK一体化し、デッキをプラス / 快適で開放的な空間にリフォーム

拡大住宅写真(1)
改装床面積 60・33m²
増築床面積 4・73m²
1階床面積 80・56m²
設計/TEAM STUDIO ARCHITECTS
施工/サマンサリフォーム松江
  • 拡大住宅写真(2)
  • 拡大住宅写真(3)

 築28年のA氏邸。2人の子どもが成人し、子育てを終え、「夫婦2人で住み続ける家をより快適にしたい」と考えたご夫婦は、1階部分のリフォームを計画。長い時間を過ごすLDKを一体化し明るく開放的な空間に、使いづらかった水回り設備を一新させました。

 リフォームに当たっては、以前の細かく仕切られ、窓も小さく暗かった間取りを「大きなワンルームに」と要望。あまり使わなかった和室を1室つぶして壁を取り払い、窓も大きなサイズに変えて、ひと続きのゆったりとしたLDKを造り出しました。

 内装は白を基調にごくシンプル。体に優しい自然素材にこだわり、壁は白の珪藻土、床やウッドデッキはスギの無垢材に。建具や収納扉は白で統一して壁に溶け込ませたことで、ダウンライトなどの間接照明が映えます。

 縁なしの琉球畳を敷いたコーナーは寝室を兼ね、引き込み戸によりフルオープンにしたり独立させたりできるフレキシブル性の高いプラン。奥さま念願のアイランド型キッチンは、ぐるりと回れる動きやすさがお気に入り。ガレージに直結する勝手口の位置も使いやすい動線で、人工大理石の広いワークトップは簡単な食事をすることもできて便利です。

 さらにLDKの1番のポイントは、南側に広がるウッドデッキ。リビング・ダイニングとほぼ同じ大きさのデッキテラスは玄関ホール、LDKと同じ無垢スギ材で造作しているので連続性があり、室内をより広く見せる効果が。「夕食後はデッキにごろりと横になってくつろぐのが日課。晩酌を楽しむこともあるし、夫婦で月を眺めたり、大いに活用しています」(ご主人)という、ご夫婦の憩いの場となりました。

 一方、リフォームのもう1つのポイントがバス&サニタリー。使い勝手を考慮し、洗面と脱衣室を分けました。間仕切り、扉とも透明ガラスというスケルトンのバスルームは視線が遮られず、「面積は変わらないのに、開放感は全く違います。リラックスできますよ」(ご主人)。オール電化や蓄熱暖房機、24時間換気システムなどの最新設備も採り入れ、快適性・居住性がぐっとアップしました。

 また、構造柱をうまく生かして適所にたっぷりの収納を確保したり、既存の階段の形状を生かした壁デザインなど、リフォームならではのアイデアもあちこちに。「片付けやすいので無理なくすっきり感をキープできます。遊びに来て、と友人に気軽に言えるようになりました」と奥さま。「希望にきめ細かく対応していただき、すべて気に入っています」と、生まれ変わった我が家に大満足のお2人でした。

 vol.106 

バックナンバー

vol.221詳細
vol.247
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.246
出雲市
F氏邸
vol.221詳細
vol.245
出雲市
B氏邸
vol.221詳細
vol.244
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.243
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.242
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.241
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.240
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.239
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.238
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.237
松江市
H氏邸
vol.221詳細
vol.236
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.235
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.234
出雲市
T氏邸
vol.221詳細
vol.233
松江市
F氏邸
vol.221詳細
vol.232
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.231
雲南市
E氏邸
vol.221詳細
vol.230
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.228
出雲市
N氏邸
vol.221詳細
vol.227
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.226
雲南市
A氏邸
vol.221詳細
vol.225
大田市
S氏邸
vol.221詳細
vol.224
松江市
U氏邸
vol.221詳細
vol.223
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.222
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.221
松江市
M氏邸
vol.220詳細
vol.220
松江市
H氏邸

ページの先頭