マイホーム拝見

vol.130 松江市/I氏邸マイホーム拝見新築をお考えの方ホーム

ご自慢のマイホームを紹介します。

vol.130 松江市/I氏邸

家族の〝絆〟はぐくむ2世帯住宅 / 工夫凝らし、のびやかモダン空間

拡大住宅写真(1)
1階床面積 78・62m²
2階床面積 78・62m²
延べ床面積 157・24m²
設計/
アイエムユウ建築設計事務所
施工/松工建設
  • 拡大住宅写真(2)
  • 拡大住宅写真(3)

 ご主人の実家の平屋を、長女の小学校入学を機に今春、ゆったりと同居できる2世帯住宅に建て替えました。玄関は一つ。1階を親世帯、2階を子世帯の居住スペースと分けて、独立性とコミュニケーションを両立させています。

 縦に長い狭小敷地。しかも、ご夫婦と子ども3人、ご主人の両親、弟の計8人、愛犬という大家族。「ワンフロアワンルーム」などさまざまな工夫を積み重ね、狭さを感じさせないのびやかな空間が広がります。

 内装の基本は北欧テイスト。白を基調に床は無垢のパイン材。家具や建具、収納扉は軽やかな印象のシナ合板で造作。1年半もかけた設計の段階で、家族の意見を整理。「家中に統一感を持たせつつ、各階でそれぞれの好みも取り入れました。設計士さんととことん話し合い、イメージ通りの家になりました」(ご主人)

 子世帯の2階はロフトのある高い天井が開放的。大きな開口部と天窓で自然光を取り入れ、さらに床の強化ガラス越しに1階へと光を届けます。

 仕切りのないオープン空間ながら、引き戸の開閉で広さを自在にコントロール。LDKと子ども室は仕切ることも、開放して広々使うことも可能。オリジナルのコの字型キッチンはシナ合板とステンレスの質感がベストマッチ。収納はオープンスタイルで、お気に入りの雑貨を飾って楽しみます。廊下を省き、ご主人の書斎スペースも確保しました。

 親世帯の1階も中心にLDK、それを囲むように寝室や和室、水回りを機能的に配置しました。夕食は全員で取ることが多いので、ゆったり集える座卓を中央に。収納は2階と異なり「隠す」が基本。大容量の食品庫が便利です。

 vol.130 

バックナンバー

vol.221詳細
vol.247
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.246
出雲市
F氏邸
vol.221詳細
vol.245
出雲市
B氏邸
vol.221詳細
vol.244
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.243
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.242
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.241
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.240
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.239
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.238
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.237
松江市
H氏邸
vol.221詳細
vol.236
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.235
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.234
出雲市
T氏邸
vol.221詳細
vol.233
松江市
F氏邸
vol.221詳細
vol.232
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.231
雲南市
E氏邸
vol.221詳細
vol.230
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.228
出雲市
N氏邸
vol.221詳細
vol.227
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.226
雲南市
A氏邸
vol.221詳細
vol.225
大田市
S氏邸
vol.221詳細
vol.224
松江市
U氏邸
vol.221詳細
vol.223
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.222
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.221
松江市
M氏邸
vol.220詳細
vol.220
松江市
H氏邸

ページの先頭