マイホーム拝見

vol.142 松江市/I氏邸マイホーム拝見新築をお考えの方ホーム

ご自慢のマイホームを紹介します。

vol.142 松江市/I氏邸

モダンなLDK、快適な空間

拡大住宅写真(1)
1階床面積 126・00m²
2階床面積 56・00m²
延べ床面積 182・00m²
設計・施工/井原建設
  • 拡大住宅写真(2)
  • 拡大住宅写真(3)
  • 拡大住宅写真(3)

 3世代6人家族が暮らすI氏邸。大正期の母屋を建て替えた新居は、ベージュの外壁に銀黒の屋根瓦、しっとり落ち着いた和風のお住まいです。

 「家の顔である玄関にこだわりました」とご主人。網代の格天井が広がり、床は無垢の土佐ヒノキ、壁は聚楽、磨き丸太の柱を配した風格ある佇まい。框(かまち)など造作材に松、竹製の建仁寺垣、梅の絵で松竹梅を演出し、杉材の赤白のグラデーションをデザインに取り入れた建具など随所に遊び心が散りばめられています。

 垣で仕切った奥にはご主人が拾い集めた流木のアート作品を飾る多目的スペース。「親戚など大勢が集まる機会が多いので」と、その奥に10畳の広い和室を。玉砂利と御影石の踏込が旅館のような雰囲気で、戸を開け放てばLDKと一体的に使うこともできます。

 玄関正面のLDKはダイニング側に大きな窓があるので明るく、明るい色調の無垢カバザクラの床がさわやかなインテリア。対面キッチンはオール電化で使いやすく、収納もたっぷり。家事効率にも配慮し、キッチン近くに洗面室など水回りを集約させました。

 個室は離れに設けているので、2階には勾配天井と天窓が開放的な予備室の洋間と納戸を配置。吹き抜けのリビング階段に面したホールは多目的に利用できそうです。

 また、家全体を発泡ポリスチレンフォーム断熱材で覆い、基礎断熱やペアガラスを取り入れて断熱・気密の連続性を確保。「完成して2年。以前の家はすき間風がひどかったけど、冷暖房効果が高く、年中快適に過ごせるのがうれしいですね」と、予想以上の快適性に一家そろって大満足だそうです。

 vol.142 

バックナンバー

vol.221詳細
vol.247
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.246
出雲市
F氏邸
vol.221詳細
vol.245
出雲市
B氏邸
vol.221詳細
vol.244
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.243
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.242
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.241
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.240
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.239
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.238
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.237
松江市
H氏邸
vol.221詳細
vol.236
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.235
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.234
出雲市
T氏邸
vol.221詳細
vol.233
松江市
F氏邸
vol.221詳細
vol.232
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.231
雲南市
E氏邸
vol.221詳細
vol.230
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.228
出雲市
N氏邸
vol.221詳細
vol.227
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.226
雲南市
A氏邸
vol.221詳細
vol.225
大田市
S氏邸
vol.221詳細
vol.224
松江市
U氏邸
vol.221詳細
vol.223
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.222
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.221
松江市
M氏邸
vol.220詳細
vol.220
松江市
H氏邸

ページの先頭