マイホーム拝見

マイホーム拝見新築をお考えの方ホーム

ご自慢のマイホームを紹介します。

vol.0340 松江市/T氏邸

老後の生活を快適にする / 思い切ったリフォームを

拡大住宅写真(1)
1階床面積 96.04㎡
2階床面積 55.23㎡
延床面積  151.27㎡
設計・施工/幸陽建設
  • 拡大住宅写真2)
  • 拡大住宅写真3)
  • 拡大住宅写真4)
  • 拡大住宅写真5)
  • 拡大住宅写真6)
  • 拡大住宅写真6)
  • 拡大住宅写真7)

 静かな住宅街の一角に建つT氏邸は、平成2年に建てられた洋風の住まいです。当時は、おしゃれな設計で目を引いた建築も築28年を経た今、リフォームの時期を迎えました。ちょうど、公的な60歳以上対象の助成金制度があることを知り、40万円の補助金を受けての改築工事に取り掛かることになりました。

 今回の改築は、ダイニングキッチン、リビング、脱衣室と浴室、トイレです。水回りを中心に、段差や仕切りを取り払い、広いワンフロアーの1階が完成しました。

「夫婦そろって60代も半ばとなり、老後の生活を考えはじめました。1階ですべて完結でき、将来、車いすでも生活できる設計にしてもらいました」

 改装前、完全に仕切られていたダイニングとリビングは、外の景色を眺められず、壁の圧迫感と引き戸の段差に不便を感じていたことから、間の壁を取り払い、段差をなくしてバリアフリーに。リビングとダイニングの間には半透明のアクリル板の引き戸を設置。来客などの時は引き戸を閉めてプライベートを守りつつ、開ければ、広々とした一体感のあるLDKが誕生しました。さらに、大きく取った窓からの外光や風が居心地の良さを格段に上げています。

「これまでは狭く感じていた1階が、ワンフロアーにしたことで、開放的な使い勝手のよい生活空間に変わりました。窓から見える庭木や畑にも気持ちが和みます」

 さらに、先々のこと考えて浴室と脱衣室、トイレも車いす対応のできるスペースを確保。十分な広さで、介護される方もする方も安全・安心です。改築を「思い切ってよかった」「とても快適」と、笑顔がほころびます。

 vol.340

バックナンバー

vol.221詳細
vol.247
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.246
出雲市
F氏邸
vol.221詳細
vol.245
出雲市
B氏邸
vol.221詳細
vol.244
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.243
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.242
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.241
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.240
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.239
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.238
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.237
松江市
H氏邸
vol.221詳細
vol.236
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.235
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.234
出雲市
T氏邸
vol.221詳細
vol.233
松江市
F氏邸
vol.221詳細
vol.232
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.231
雲南市
E氏邸
vol.221詳細
vol.230
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.228
出雲市
N氏邸
vol.221詳細
vol.227
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.226
雲南市
A氏邸
vol.221詳細
vol.225
大田市
S氏邸
vol.221詳細
vol.224
松江市
U氏邸
vol.221詳細
vol.223
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.222
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.221
松江市
M氏邸
vol.220詳細
vol.220
松江市
H氏邸

ページの先頭