マイホーム拝見

マイホーム拝見新築をお考えの方ホーム

ご自慢のマイホームを紹介します。

vol.0360 出雲市/M氏邸

高い天井の開放的な空間 / ネコと住むモダンな住宅

拡大住宅写真(1)
1階床面積 83.55㎡
2階床面積 43.14㎡
総延床面積 126.69㎡
設計・施工/家屋 from小林興産
  • 拡大住宅写真1)
  • 拡大住宅写真2)
  • 拡大住宅写真3)
  • 拡大住宅写真4)
  • 拡大住宅写真5)
  • 拡大住宅写真6)
  • 拡大住宅写真7)
  • 拡大住宅写真7)

 毛並みの美しいネコを飼うM氏夫妻は、「家賃を毎月払うなら」と、マイホームを新築することに。それまで別に暮らしていたM氏のお母さまとともに、この9月から大人3人とネコ2匹の生活が始まりました。

 「いい土地に出会え、設計も完全オーダーということで今の施工会社に決めました」

 玄関を上がると床は自然素材のタイル張り。壁は天然木を黒色で塗装。天井や引き戸は木の質感をそのまま生かし、間接照明に照らされて調和を生み出しています。

 職人さんの手作りの引き戸を開けてLDKへ。左手にキッチン、階段を数段降りた右手がダイニングです。そこに、手作りのパープルハートの一枚板で作った天然木のテーブルがどっしりと構え、存在感を放ちます。

 ご主人が最もこだわったリビングは、キッチンから4段上がった位置に。ヘリ―ボーンの床は、一枚一枚、手作業で板を敷き詰めたというだけあって、美しさと個性が光ります。見上げると、ダイニングから6㍍もある無垢(むく)の天然木を生かした天井が広がり、黒壁と相まってダイナミックな空間を実現しています。

 奥さまは、「一番は、ネコが楽しめる家」というほどネコ好き。リビングにキャットウォークやつり橋を取り付け、ダイニングにも専用のシンクを設置しました。

 「設計士さんと、とことん打ち合わせをしました」と、普段使いの物が目につかないよう収納をたくさん設け、2階の廊下は板と板の間に隙間を作ることで階下へも光が届き、空気が循環するなどの工夫も。「ステキな提案をいっぱいいただきました」と、うれしそう。個性的でモダンなM氏邸は、人もネコも住み心地満点です。

 vol.360

バックナンバー

vol.221詳細
vol.247
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.246
出雲市
F氏邸
vol.221詳細
vol.245
出雲市
B氏邸
vol.221詳細
vol.244
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.243
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.242
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.241
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.240
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.239
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.238
雲南市
T氏邸
vol.221詳細
vol.237
松江市
H氏邸
vol.221詳細
vol.236
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.235
松江市
N氏邸
vol.221詳細
vol.234
出雲市
T氏邸
vol.221詳細
vol.233
松江市
F氏邸
vol.221詳細
vol.232
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.231
雲南市
E氏邸
vol.221詳細
vol.230
松江市
I氏邸
vol.221詳細
vol.228
出雲市
N氏邸
vol.221詳細
vol.227
松江市
Y氏邸
vol.221詳細
vol.226
雲南市
A氏邸
vol.221詳細
vol.225
大田市
S氏邸
vol.221詳細
vol.224
松江市
U氏邸
vol.221詳細
vol.223
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.222
松江市
M氏邸
vol.221詳細
vol.221
松江市
M氏邸
vol.220詳細
vol.220
松江市
H氏邸

ページの先頭