住宅情報紙HOME

円建創HOMe No.14住宅情報紙HOMeホーム

「納得の家づくり」 紙上見学会 体験るぽ! - 円建創

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

職人さんたちの"木使いの気遣い"が生んだ愛しの我が家

 歴史ある古民家。人からは「壊したらいけない」とか「歴史があっていいね」なんて言われるものの、住人にとっては快適とはほど遠いのが現実。思い切ったリフォームに乗り出したMさん。50年暮らした古民家が劇的な改築・新築を経て生まれ変わった!

木は暗くて冷たい陰気な印象 / イスの洋風生活に憧れて…

 世界遺産・石見銀山の近くに住むMさん夫妻。古民家に生を受けて50年暮らしてきたご主人と奥さまの二人住まいだ。母屋は土間からはじまり、仏間、客間がふすまで区切られており、玄関横には「ねずみいらず(出雲弁ではねずんらず)」という通称・お仕置き部屋まである純和風の古民家に住んでいた。趣はあるものの、住人にとっては暗くて湿気が多いのが辛い。そこで思い切ってご主人が改装に踏み切った。

 「僕はね、ねずみいらずや学校の床のイメージが強くて、"木って硬くて暗い印象"だったんです。だから洋風な生活に憧(あこが)れていたんですよ。イスに座ったりね。でも工務店さんが初めて見にきてくれた時に『これは残しましょう』とか『ここは壊したら光が入りますよ』っていうんですよ。僕は50年住んでいるのに1回見ただけで分かるのか?と正直、半信半疑でした」とご主人。大まかなことはご主人が、それ以外は奥さまが仕切り、古民家リフォーム計画がスタートした。

もし、家が人を選ぶなら、この家に選ばれたい

 古民家を再生し、直しつつ、新築部分と一体化させる大掛かりな計画。そして"風の道をつくる"ことをコンセプトに作業が進んだ。工務店との二人三脚の末、完成した新・M邸は風通しがいい日当たり抜群の家となった。母屋に残した梁(はり)や壁は修復され、奥さまの身長に合わせて押し入れの棚の高さを調整。山側に飛び出ていた1部屋は思い切って壊した。このため、奥の仏間まで陽が入り、夜眠るときには寝ながら星空を眺めることができるようになった。

 新築部分はワンフロアでオープンキッチンと一体化させた。古い木やガラスも随所に再利用。「夫婦二人で暮らせたらいい家のつもりが、次の世代に残したい家になっちゃった」と奥さま。今では、毎晩の夕食や休日に家でのんびり過ごすことが何よりの楽しみのMさん夫妻の充実生活は始まったばかり。この家は、すべて島根県産の木材を使用し、「しまねの木の家」設計コンクールで最優秀賞受賞している。

DATA

敷地面積 712.54m²(215.54坪)
延床面積 167.76m²(50.70坪)
新築 84.32m²(25.50坪)+ 既存部分 83.44m²(25.20坪)
構造 在来軸組み真壁工法・和瓦葺き
用途地域 無指定
建ぺい率 70%
容積率 400%
竣工 2008年8月
家族構成 夫・妻
設計・施工 円建創 株式会社
商品名 "いやしろの住まい"絆~kizuna~

家の特長(工法・材料・設備)

  • 今年度「しまねの木の家」設計コンクール最優秀賞受賞作品
  • 築100年の古民家再生棟と木造新築棟のコラボ
  • 地元産の松と杉をふんだんに使用した真壁造り
  • 幾重の松丸太の組上げによる吹抜け癒し空間
  • 100%珪藻土、無垢材等使用の自然素材癒し空間
  • マイナスイオン効果による清浄空気空間

円建創 (住宅メーカー紹介)

http://www.madoka-arc.co.jp/

ページの先頭