住宅情報紙HOME

西日本ホーム(株) 増改築プラザ 松江店HOMe No.15住宅情報紙HOMeホーム

「納得の家づくり」 紙上見学会 体験るぽ! 西日本ホーム(株) 増改築プラザ 松江店

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

リフォームのプロが提案する、3世代が共に暮らす喜び

 2世帯住宅を建てる上で大切なのは、両世帯のライフスタイルや生活リズム、家族構成の変化などを考慮した空間づくり。それぞれのプライバシーを確保しつつ、大家族で暮らす楽しさを味わえる、そんな住宅にお邪魔した。

せっかく慣れ親しんだ地域だからこの町で暮らしたい

 7月に2人目のお子さんが誕生する予定のN夫妻。結婚以来、ご主人の両親と同居していたが、家族が増えることでスペース的にも機能的にも不便なことが多くなった。

 「最初はアパートでも借りようかと話していたんですよ。でも、ご近所とも仲良くさせてもらっているので、遠くには引っ越したくない。そこで2世帯住宅にリフォームしようという話でまとまりました」

 増改築で一番の問題となるのが耐震性だ。母屋が古い場合、リフォームができなかったり、基礎や構造体まで改築する大がかりな工事になりがち。その点Nさん宅は母屋が築10年ほどで、設計図面も残っていたので、耐震性の審査も容易にでき、増築も可能だったという。

中央の階段でつながる2世帯の生活スペース

 これまで1階はご両親、2階の2部屋をNさん家族が使っていたため、2階部分を増築することにした。ご主人は夜勤が多く、帰宅時間が不規則なため、玄関を別に設けることにした。

 新しい玄関を入ると、階段で2階へと続く。7畳ほどのリビングは、広いベランダともつながり、明るく開放的な空間に仕上がっている。

 キッチンは、リビングとの間に壁を作ったり、窓は出窓にするなどの奥さまの要望を形に。またトイレのパステル柄には「子どもがトイレを好きになるように」という思いも込められている。

 「キッチンやトイレはショールームの展示品を譲ってもらって、予算を抑えて満足いく設備を作ってもらいました。とても気に入っています」と奥さま。

 リビングのドアを出ると、母屋へつながる。今まで使っていた2部屋はそのまま残し、さらにベランダだった部分を改装し、一部屋追加。この3つの部屋が、夫妻の寝室と子ども部屋になる予定だ。

 母屋の中央階段を下りれば、ご両親の生活スペース。お互いの生活空間を分けつつ、3世代が暮らす楽しさを味わえる、理想の2世帯住宅ができ上がった。

DATA

敷地面積 380.01m²(114.95坪)
延床面積 228.23m²(69.03坪)
1階 139.91m²+2階 88.32m²
構造 木造軸組工法
用途地域 無指定
建ぺい率 41%
容積率 60%
竣工 2010年3月
家族構成 夫・妻・子1人・両親
設計・施工 西日本ホーム 株式会社
増改築プラザ 松江店

家の特長(工法・材料・設備)

  • 2世帯住宅へリフォーム
    [51.79㎡増築]
  • キッチン:タカラ、UB:INAX

企業情報

増改築プラザ 松江店

ページの先頭