住宅情報紙HOME

松工建設HOMe No.16住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 松工建設

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

施主と工務店が二人三脚で造り上げた、安らぎの木の家

 多くのハウスメーカーを回り、建材や工法、インテリアに至るまで、研究に研究を重ねたという施主Nさん。あらゆる要素を総合的に考えて最終的に選んだのが、木造建築一筋の地元工務店が造る「木の家」だった。

床材、壁紙、天井など全て施主の希望

 3年前から家づくりを真剣に考えていたN夫妻は、展示場や見学会を多数回り、自分たちの理想に合う家を探し続けていた。

 「松工建設さんに出会って、木造の良さを実感しました。また自由設計だったので、木の持つ雰囲気を生かした、安らげる空間づくりができると感じました」と語るNさんは、ハウスメーカーの営業マンが舌を巻くほどの研究家。耐震性、遮熱性、建材などあらゆる部分で自分のアイデアを出し、工務店と二人三脚で家づくりを行ったという。

 ベージュのナチュラルな外観が印象的なN邸は、一歩中へ入ると、シックで落ち着いた雰囲気に。床材はブラックオールナットという珍しい木材を使用。これもNさんがこだわって選んだ素材だ。

 リビング・ダイニングは16畳。続き間の和室を合わせると、22畳にもなる。梁あらわしの天井は、木視率を抑えることで、木が主張しすぎない落ち着いた雰囲気に仕上げた。窓の外にはウッドデッキもあり、庭と一体となった空間を楽しむこともできる。

家事動線や収納など暮らしやすさを考慮

 奥さまが一番気になるのは、家事スペースや収納だ。そこで家事動線を考え、キッチンから、すぐバスルームに移動できるように設計。またキッチンには、パン作りが趣味の奥さまのために、幅60センチの大きなカウンターを設置し、ゆったりと料理を楽しめるようにした。

 収納は主に2階にまとめた。2階フロアに設置された可動式の棚をはじめ、各部屋のクローゼットのほか、ロフトも備え、これから増えていく生活用品の収納にも対応できるようにした。

 「希望を全て取り入れてもらったので、不満な点はないですね。子どもたちも、広いリビングで走り回って喜んでいます」と語るNさん。新しい住まいで、家族の団らんを楽しんでいる。

DATA

敷地面積 214.76m²(64.96坪)
延床面積 124.00m²(37.51坪)
1階 67.00m²+2階 57.00m²
構造 木造軸組工法
用途地域 第1種低層住居専用地域
建ぺい率 60%
容積率 100%
竣工 2010年6月
家族構成 夫・妻・子2人

家の特長(工法・材料・設備)

  • 耐震性の高い面材の使用
  • 遮熱シートの採用(屋根、壁)
  • オール電化、断熱サッシの採用
  • こだわりの床材
  • 木視率にのっとった木の使い方
  • ポーチと一体になった自転車置き場
  • 広々洗面化粧台

企業情報

松工建設

ページの先頭