住宅情報紙HOME

フジホームHOMe No.17住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 増改築プラザ

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

老後や介護を考えて 二世帯が暮らせる住まいに増改築

 松江市の閑静な住宅街にあるH邸は、両親と息子夫妻の2世帯が暮らす住まい。築23年の物件を、老後を考えた便利性と、若い夫婦のライフスタイルを考慮した住まいにリフォームした。

不便になった住まいを快適な住まいに変えたい

 「23年前に建てた時は、介護や老後なんて考えていませんでした。でもこれからは、2世帯が安心して暮らせる住まいを作りたいと思いました」とリフォームのきっかけを語る奥さま。

 以前の間取りは、昔ながらの日本家屋のもの。キッチンは狭く、一人で作業するのがやっとのスペース。居間の和室が食卓となり、料理を運んだり、立ったり座ったりが不便だった。そこで、家族4人がゆったり過ごせる広いリビングと、長男のお嫁さんと一緒に家事ができる広いキッチンを希望した。

 完成したLDKは14畳。印象的なのは、見た目にも美しい梁あらわしの天井。リビングとキッチンを続き間にするために、柱を取り除いたため、梁を渡すことによって耐震性をアップさせている。床は畳からフローリングに変更。食卓もテーブルに変更し、足腰への負担を軽くするように配慮した。

 リビングにおかれた水屋は奥さまが結婚した際に購入した思い出の品。思い出の詰まった和風家具もしっかりとなじんでいる。

 水回りのレイアウトは大幅に変更。キッチンの裏に浴室を設け「家事動線が良く考えられていて、動きやすくなった」と喜んでいる。

年を重ねて分かるバリアフリーの大切さ

 元々あった階段には、手すりを新たに設置。玄関上の吹き抜けだった部分は、床を作り長男夫妻の部屋の一部になっている。納戸部分はクローゼットに改装、今後増えていく荷物にも対応できるように考慮した。

 トイレは、玉砂利が敷かれた趣ある空間に。「いいアイデアを出してもらって、素敵なトイレになって大満足です」と家族のお気に入りの場所だ。

 「段差がないとか、手すりがあるというだけでなく、動線がよく動きやすいとか、精神的な負担が少ないということも含めたのが『真のバリアフリー』だと思います。そんな意味も含めて、暮らしやすさのアイデアが詰まった、理想の家になったと思います」と笑顔で語ってくれた。

DATA

敷地面積 221.59m²(67.03坪)
延床面積 117.54m²(35.56坪)
1階 73.88m²+2階 43.66m²
構造 木造軸組工法
竣工 2010年11月
家族構成 夫・妻・両親

家の特長(工法・材料・設備)

  • 2世帯住宅
  • 梁がアクセントになったLDKと寝室
  • 階段下の空間を活かしたトイレ

企業情報

増改築プラザ

ページの先頭