住宅情報紙HOME

円建創HOMe No.18住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 円建創

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

城下町の街並みにふさわしい伝統と品格をまとう住まい

 「松江城」近くの閑静な住宅街に完成したN邸は、日本の伝統の住まいを、現代風にアレンジした和の趣の家。島根の木をはじめとする自然素材と、匠の技が作りあげた木の魅力あふれる住まいを拝見しよう。

日本家屋の素晴らしさを知り木をふんだんに使った和風住宅に

 2年ほど前から家づくりを考えていたというN夫妻。近くのモデルハウスを訪ねたり、見学会に足を運ぶ中で、日本家屋の魅力を再発見したという。そこで、自然素材にこだわった木の家を建てたいと思い、円建創に依頼。床や柱などの材料から間取りに至るまで、円建創のスタッフと一緒になってアイデアを出し合って、二人三脚で完成させたという。

 重厚な門をくぐり玄関を入ると、澄んだ空気と木の良い香りが出迎えてくれる。およそ20畳あるLDKは、建具や造り付けの家具なども無垢材で統一し、木の温もりあふれる優しい空間に仕上がっている。ダイニング上の吹き抜け空間からは、大きな梁が家族の団欒を見守っている。

 「この梁は、最初の計画ではなかったんですけど、途中で付けてもらうようにお願いしました。こうしたリクエストにも快く応じてもらえたんですよ」と、N夫妻はお気に入りの空間が完成したことを喜んでいる。

一体感ある空間が育む家族のコミュニケーション

 2階に設けた、主寝室と子ども部屋、多目的スペースは、1階ダイニング上の吹き抜け部分を中心に配置。1階のキッチンにいる奥さまと2階にいる子どもたちとが、コミュニケーションを取りやすい様に工夫されている。

 また、1階には日常よく使うものの出し入れが容易な納戸を設け、2階の主寝室や子ども部屋には、子どもの成長とともに増えていく荷物にも対応できる大きめのクローゼットやロフトを装備。使いたい場所と目的に合わせた収納が上手く設けられている。

 「床材や大黒柱は、原木そのものを直接製材所に見に行って家族で選びました。木を切ったり、選んだりする体験をさせてもらって、家族みんなが家づくりに参加できたのは、とてもよかったです」と奥さま。

 家族みんなで造り上げた、空気のきれいな住まいが完成した。

DATA

敷地面積 269.96m²(81.66坪)
延床面積 156.00m²(47.19坪)
1階 93.00m²+2階 63.00m²
構造 木造軸組工法
用途地域 第1種中高層住居専用地域
建ぺい率 60%
容積率 200%
竣工 2011年4月
家族構成 夫・妻・子2人

家の特長(工法・材料・設備)

  • 松江城が眺められる立地
  • 城下街にマッチさせた外観(地区計画の景観条例に基づく)
  • 元の敷地にあった塀を利用し、町並みに配慮

企業情報

円建創

ページの先頭