住宅情報紙HOME

ユニバーサルホームHOMe No.19住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 ユニバーサルホーム

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

四季を通じて快適な住環境と耐震性能を兼ね備えた家

 法吉団地に完成したT邸は、家族5人が暮らす夢のマイホーム。「地熱床システム」や「高性能外壁材」など最新のシステムや技術を取り入れた、快適で安心安全な住まいを見学した。

明るいリビングが家族のお気に入り

ユニバーサルホーム
どの部屋にも風通りと日当たりを考えた窓が設置されている
ユニバーサルホーム
ロフトの階段は取り外しが可能

 茶と白のモダンな外観が印象的なT邸。玄関を入ると、白を基調とした空間が出迎えてくれる。

 家族の憩いの場であるLDKは18畳の広さ。リビングの大きな開口部と、吹き抜け部分の採光窓が、家全体に明るい日差しを差し込んでいる。照明はすべてダウンライトで、夜ともなれば落ち着いた空間に早変わりする。

 キッチンはIHクッキングヒーター周りをガラスで囲い、掃除もしやすく工夫。たっぷりの背面収納プラス、大容量のパントリーも完備。パントリーは直接玄関にも繋がっており、奥さまの家事動線を考えた設計になっている。

 2階の広々とした子ども部屋は、将来は仕切って個室にすることも可能。多目的に活用できるロフトもあり、これから増えていく家財道具の収納にも困らないように考えられている。

地熱床システムで災害にも強い家に

 この家の特徴は地中にある熱を活用した「地熱床システム」を導入していること。このシステムを利用した「エコ床暖」のおかげで、1階全体があたたか。リビングとトイレやお風呂場も温度差がないため、冬場も快適に過ごせる。

 また軒やひさしを上手に活用し、夏と冬の日射しをコントロールし、家全体の風通りを計算して高窓や地窓を設置することによって、夏は涼しく冬は暖かな空間を実現している。

 また「地熱床システム」は地面と床下との間に砂利を敷き詰め密閉しているため、地震振動の吸収や床下浸水の防止にもなり、災害に強い基礎を作るのにも役立っている。合わせて、「高性能外壁ALC」を採用することで、より災害に強い家に仕上げている。

 安心安全で快適な住まいが、お子さんの成長を力強く支えてくれることだろう。

DATA

敷地面積 217.78m²(65.87坪)
延床面積 131.16m²(39.67坪)
1階 74.75m²+2階 56.41m²
構造 市街化調整区域(地区計画)
用途地域 第1種、第2種住居地域
建ぺい率 50%
容積率 80%
竣工 2012年2月
家族構成 夫・妻・子3人
商品名 ソラ・イロ(長期優良)

家の特長(工法・材料・設備)

  • 耐震性能・省エネ性能共に最高ランクの安心安全な快適住宅
  • パッシブな建築手法&再生可能エネルギーの地熱を利用した特許工法の採用によるecoな住まい
  • エコキュート
  • 遮熱材(屋根・外壁)
  • 深夜電力を利用した蓄熱式エコ床暖

企業情報

有限会社 キドデザイン ユニバーサルホーム松江店

ページの先頭