住宅情報紙HOME

円建創HOMe No.20住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 円建創

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

円建創
円建創
1階奥さまの書斎。奥には大容量の納戸を備える
円建創
中2階ご主人の書斎。造り付け机前は吹き抜け部になる
円建創
中2階書斎から2階を見る。前が寝室で右が子ども部屋

安心の県産木材と、参加型の家づくりで叶える快適生活

円建創の家
 「しまねの木」をふんだんに使った天然素材の家づくりに定評がある“しまね木の家本舗”円建創。松江市持田町のH邸も、そんな素材の良さを存分に活かしつつ、自分たちのライフスタイルを尊重した住まいを完成させた。

アイディアを凝らした 空間デザイン

 「円建創が手がけた知人宅を見たとき、木をふんだんに使った斬新な家づくりに衝撃をおぼえて、家を建てるなら、うちもお願いしようと決めていた」というHさん夫妻。

 ご主人の実家が近くにあることから、「離れ家的な発想」で、自分たちのライフスタイルを思いきり反映させた家づくりを目指したという。

 まずは玄関。広さと個性をコンセプトに、自転車も楽に収納するシューズクロークを入れて6畳のスペースを、調湿効果のあるシラス土のタタキ仕上げが空間を開放的に演出する。

 桐無垢のフローリング床が清々しいリビングは、屋外に広がるウッドデッキの半分をリビングの延長として、さらにキッチン側を濡れ縁風にアレンジしているのも面白い。

 そして、独自のライフスタイルを具現した一番のポイントは、奥さま専用の1階書斎と、中二階にあるご主人の書斎を含めた空間アレンジだろう。夫婦別のスペースを確保しつつ、吹き抜けを中心に、ひとつの空間として機能するように設計。このアイディアこそが、H邸の大きな個性になっている。

粋な素材選びが愛着ある家を創造

 シラス土のタタキや、リビングの桐無垢に代表される素材へのこだわりも、木材のプロ・円建創のアドバイスで満足いく仕上がりになったとご夫妻。

 リビング以外の床は杉の無垢材で統一。壁仕上げにも杉板をアクセントとして使うなど、遊び心も忘れない。ひときわ目を引く八寸もの杉材の大黒柱は、ご夫妻が実際に山に生えている天然木の中から希望の木を選んで切り出したもの。「お客様に参加してもらう家づくり」を理念とする円建創ならではの流儀であり、ご夫妻も家への愛着がさらに増したという。

 今後は庭造りにも力を入れていきたいとご主人。念願叶った住まいの魅力をさらにパワーアップされることだろう。

DATA

敷地面積 311.30m²(94.16坪)
延床面積 132.50m²(40.08坪)
1階 76.00m²+2階 56.50m²
構造 木造軸組工法
用途地域 市街化調整区域
建ぺい率 60%
容積率 100%
竣工 2011年4月
家族構成 夫・妻・子1人
商品名 ICO(愛木)

家の特長(工法・材料・設備)

  • しまねの木の家
  • いやしろ三工法(埋炭・微粉炭コンクリート基礎・S.O.Dリキッド)
  • 中2階のある家

企業情報

円建創

ページの先頭