住宅情報紙HOME

中央建設HOMe No.21住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 中央建設

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

洗面所
洗面所も白を基調としたスッキリ空間

全ての無駄をそぎ落としこだわりや楽しみをプラスする新発想の家創り

中央建設が手掛ける「ZERO-CUBE」は、2010年に「グッドデザイン賞」を受賞したデザイン住宅。3LDKのシンプルな間取りを基本に、ライフスタイルに合わせてオプションをプラスできる、新発想の住まいだ。

無駄をそぎ落としたシンプルなデザイン

 青い空に映える白の箱形住宅。これが「ZERO─CUBE」だ。「ZERO」とは、「徹底的に無駄をそぎ落とした」という意味でつけられたネーミング。建物の凸凹をなくすことで、限られた空間を最大限に活用。シンプルな空間の中には、暮らしやすさを考えたデザインが詰め込まれ、1000万円台からの家づくりが可能となった。

 1階には14・5畳のリビングダイニングに4・5畳のキッチンなどの水回りを配置。2階には寝室1部屋と子供室2部屋を設けている。あとは希望に合わせてオプションの追加が可能。和室やウッドデッキ、ガレージ、屋上バルコニーなど、敷地や予算、ライフスタイルに合わせて、こだわりや楽しみをプラスできるのがうれしい。

オール電化・太陽光発電でエコ意識も高まる快適生活

 斐川町出西に完成した、この分譲モデルハウスは、和室やウッドデッキをプラスした「ZERO─CUBE+BOX」というモデル。

 内観は白が基調。ゆったりとしたLDKは、リビングとダイニングそれぞれの天井の高さを変えることで、雰囲気をチェンジ。また、ウッドデッキの高さとリビングの床をフラットに揃えることで、外との一体感を生み出し、より開放的な空間に感じられる。

 寝室と子供室にも工夫が満載。寝室の南側の壁には大きな窓を設置し、自然光が室内を照らす明るい空間に。子ども室には、低めの窓を設置するなど、子どもの目線に合わせた工夫と心づかいが随所に見受けられる。

 シンプルな中に詰め込まれたアイデアや機能性。ぜひ一度、見学に訪れてみてはいかがでしょうか?

DATA

敷地面積 211.27m²(63.90坪)
延床面積 108.47m²(32.81坪)
1階 62.93m²+2階 45.54m²
構造 木造枠組壁工法
用途地域 無指定
建ぺい率 70%
容積率 200%
竣工 2013年2月
商品名 ZERO-CUBE

家の特長(工法・材料・設備)

  • 2×4工法
  • オール電化住宅
  • グッドデザイン賞受賞

企業情報

中央建設

ページの先頭