住宅情報紙HOME

中央建設HOMe No.22住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 大廣建設

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

遊び心のあるデザイン
2階多目的コーナーは、高校生の娘さんのドラム練習場

施主の要望を匠の技で叶えたオンリーワンの家づくり

さりげない自己主張を取り入れた外観や、大きな吹き抜けのあるリビング・・・etc.施主ご夫妻が、大廣建設とのコラボレーションで完成させた松江市のM邸を、とくとご覧あれ。

木造と鉄骨を組み合わせたテクノストラクチャー工法

今年8月に完成したM邸は、松江市城北エリアの閑静な一角にある。建物の高さ制限がある”第一種低層住居専用地域“で、周辺に建つ施設にも用途制限が設けてあるなど、将来にわたり良好な住環境を守ることができる。そんなグレードの高い住宅地の奥まった場所に建つM邸は、ご主人のアイデアで実現したという、玄関スペースの角に設えた六角形の意匠が目を引く。

 モダンで風格ある佇まいのマイホームは、大廣建設が提案する『パナソニックテクノストラクチャー工法』で実現している。テクノストラクチャーとは、建物の水平梁の部分にテクノビーム(H鋼・溶解亜鉛メッキ)を採用 した、木造軸組工法の家。伝統的な木造建築と鉄骨を組み合わせた構造を備え、家の耐久性と耐震性をより高める工法だ。このM邸も、パナソニック独自の388項目におよぶ構造チェックを全てクリア。住み心地の良い住環境と地震への心強い備え、そして永く資産価値を保てる長期優良住宅で、Mさん家族の新生活が始まった。

家族の生活に心を寄せた綿密な設計プランニング

家族や友人が集まる1階のリビングは、大きな吹き抜けが開放感を醸し出す。テクノストラクチャー工法ならではの梁の部分が、大廣建設の匠の技によってフラットになりがちな壁面に陰影を描き出し、まるで美術館に居るような落ち着きとくつろぎをもたらしてくれる。吹き抜け空間の暖房対策には、搭載した太陽光発電の深夜電力を活用する「蓄熱温風機」を取り入れ、天井のシーリングファンで暖気を家内に循環させるようにしている。

家づくりは、地元に長く根ざし、年間一定の施工実績がある工務店に委ねたいと考えていたご主人。友人の薦めもあって大廣建設をパートナーに選んだが、その選択は正解だったようだ。「打ち合わせ段階から、こちらが忘れがちなポイントを丹念に引き出し、家族の生活に合った設計プランを仕上げてくれました。担当のアドバイザーの方が、ローン計画も含めゼロから手を引っ張ってくれたので、念願のマイホーム取得にたどり着くことができました。」と、かたわらの奥さまと一緒に微笑んだ。

DATA

敷地面積 308.16m²(93.21坪)
延床面積 165.88m²(50.17坪)
1階 89.88m²+2階 76.00m²
構造 木造軸組工法
(パナソニックテクノストラクチャー工法)
用途地域 第1種低層住居専用地域
建ぺい率 60%
容積率 100%
竣工 2013年8月
家族構成 夫・妻・子3人
商品名 テクノストラクチャー長期優良住宅

家の特長(工法・材料・設備)

  • リビングに吹き抜けのある家
  • 木と鉄の特性を生かした「パナソニックテクノストラクチャー工法」
  • 標準設備はオールパナソニック
  • 太陽光発電(4.66kW)を搭載
  • 388項目にわたる構造チェックを全てクリアした、地震に強い長期優良住宅

企業情報

大廣建設

ページの先頭