住宅情報紙HOME

藤栄工業HOMe No.21住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 藤栄工業

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

遊び心のあるデザイン
建具もすべてオリジナル。子どもも部屋入口の建具には一部屋ごとに違うデザインが採用されている

22坪の狭小地に完成したアイデア満載の住まい

 「ゆったりとした家が建てたいけど、土地が狭くて」という悩みは多いもの。今年2月に完成したT邸は、そんな悩みをアイデアと合理的な間取りで克服して建てられた、家族5人の要望が詰まった理想の住まいだ。

理想を形にしてくれる工務店探しからスタート

3人目のお子さんの誕生で、アパートが手狭になったTさん夫妻。「子どもたちに一人ひとりの部屋を作ってあげたい」という思いから、新築を決意した。  T邸の建設予定地は、約22坪の細長い狭小地。狭いながらも、家族5人がゆったり暮らせる家を建てたいと、いくつかの工務店を相談に回った。

「『駐車スペースが必要』とか『一人ひとりの個室がほしい』など要望を伝えて、5社にプランをお願いしたんですが、どの会社でも、敷地が狭いのを理由に、難しいとの回答でした。1社だけ、私たちの希望を全て盛り込んでくれたのが、藤栄工業さんだったんです」と、奥さまは当時の様子を話す。

空間を上手に利用した機能的な間取り

完成したT邸は、敷地を最大限に利用した3階建の住まい。1階はガレージとなっており、乗用車2台の駐車スペースを確保。玄関はガレージの奥に設けた。
 LDKは2階に配置。対面型のキッチンの裏には、奥さまたっての希望の食品庫も完備した。リビングはスキップフロアにすることで、空間に変化をつけている。

また、窓の外には小さなベランダが設けてある。細長の敷地のため、中央部分の日当たりが悪くなる。そのため、ベランダを設けることで、家全体に太陽の光が届けられるのだ。

3階には、主寝室と子ども部屋を完備。3部屋の子ども部屋は、ひとつの空間にも、それぞれの個室にもなるように工夫されている。  「引っ越してきて半年になりますが、『ここをこうしておけば良かった』と感じるところが一つもないんです。希望をすべて形にしてもらえたので、大満足です」と、奥さまが笑顔で話してくれた。

DATA

敷地面積 73.03m²(22.09坪)
延床面積 142.26m²(43.03坪)
1階 54.72m²+2階 47.42m²+3階 40.12m²
構造 木造軸組工法
用途地域 商業地域
建ぺい率 80%
容積率 372%
竣工 2013年2月
家族構成 夫・妻・子3人

家の特長(工法・材料・設備)

  • 木造3階建て
  • 木造準耐火構造
  • 市街地に立つ狭小住宅
  • スキップフロアで空間に変化を
  • 中庭をとり、すべての部屋に採光を確保
  • 土間収納・食品庫を確保
  • 2台分のビルトインガレージ
  • オール電化住宅(エコキュート)

企業情報

藤栄工業

ページの先頭