住宅情報紙HOME

大廣建設HOMe No.23住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 大廣建設

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

遊び心のあるデザイン
大きな窓を取り入れた子ども部屋のバルコニー

装飾を一切削ぎ落としミニマムな空間でシンプル&モダンを追求

白を基調に、スタイリッシュな存在感を放つT邸。デザインや部材など、細部の一つひとつに想いを込めた施主の家づくりは、大廣建設の“匠の技と心”とのコラボレーションで実現した。

洞窟の中をイメージし低く小さく暮らす家

お子さんたちの成長に合わせ、分譲マンションから戸建て住宅へ住み換えを決意した松江市のTさん夫妻。同じ校区内に土地を取得し、マイホーム新築のプランを練り始めた。めざしたのは、あえて低く・小さく住まう〝ミニマムな家〟。敷地面積57坪のうち、延床面積は26坪あまり。見た目にも、前庭部分の駐車・ガレージスペースの方が目立つ。

 「家族4人が、洞窟の中で暮らすような家にしたかったんです。」と、ご主人。〝ゆったり・広々〟とは真逆の、極力余白を取り除く住空間づくりを選択した。親交のある県外の建築家に設計を委ね、いざ施工へ。松江の工務店数社に施工を賭け合う中、知人の紹介で大廣建設と出会う。「建築家と練りに練ったプランだったので、何とか可能な範囲でカタチにしたかった。大廣建設の社長さんは快く引き受け、男気を見せてくださいました。」とふりかえる。

省エネ・CO2削減本物志向のエコ住宅

T邸のリビングにお邪魔すると、無垢材のフローリングと吹き抜け天井の梁のあらわしが温もりを伝える。ご主人のこだわりの一つが、壁クロスと床の継ぎ目部分に「幅木(はばき)」を使わないこと。通常は、壁際をきれいにおさめるため化粧材で補強することが多いが、幅木が無い分、より空間がすっきりとしている。どの居室も真四角の空間に仕上げたいというご主人の想いに、大廣建設の職人も匠の技を駆使して応えた。「ディティールの一つひとつにこだわり、本物志向の家にしたい」と語るご主人は、外壁に目地の無い塗装仕上げを選択。耐久性に優れたナノコンポジット塗料を職人さんが手作業で仕上げたとあって、マットな白一色の外壁は静謐(せいひつ)さが漂う美しさだ。

 次世代に引き継ぐために環境を配慮したいと願うご主人は、新築を機に、次世代発電システムとして注目を集める「エネファーム」を取り入れた。LPガスから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電し、必要な分だけ電気を使うことができる燃料電池ユニットは、省エネ・CO2削減につながる。「大廣建設さんの協力のおかげで、将来を見据えた家づくりができました。」と、ご主人も満足している。

DATA

敷地面積 187.44m²(56.70坪)
延床面積 86.36m²(26.12坪)
1階 49.62m²+2階 36.74m²
構造 木造軸組工法
用途地域 第1種低層住居専用地域
建ぺい率 60%
容積率 100%
竣工 2014年1月
家族構成 夫・妻・子2人
商品名 テクノストラクチャー長期優良住宅

家の特長(工法・材料・設備)

  • 超微粒子の親水性外壁塗料
    「ナノコンポジット」
  • ノンクラック工法(外壁)
  • 燃料電池ユニット「エネファーム」採用
  • 無垢タモ材フローリング
  • ガルバリウム鋼板の片流れ屋根

企業情報

大廣建設

ページの先頭