住宅情報紙HOME

フジホームHOMe No.23住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 藤栄工業

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

遊び心のあるデザイン
2階テラスではお茶もできる

〝粋な「和」の家を見たい〟という お客様の声から実現したモデルハウス

 近年、取材をしたことのない純和風づくりの家。様々な配置、各部位の名称は“伝統的”なはずなのに、そのひとつひとつが“新鮮”に変わって担当者の方の言葉が耳に入ってきた。

落ち着く空間なら和がいい自分たちの「和」を見つけ出す

 国道9号線沿いにあるフジホームの敷地には、3棟のモデルハウスが建っています。その中でも、通り過ぎ様に目に飛び込んでくるのは純和風づくりのモデル「和風 団欒の家」だ。どっしりとした佇まいで、落ち着き・安らぎ・癒やしをテーマに作られている。近頃、若い方に「和」な家が見直されている傾向があり、和風住宅を見たいと多くの声からこの家が生まれた。

玄関のすぐ左手には、広縁と呼ばれる広くとられた縁側、大きな窓からの採光で縁側沿いの和室を明るくしている。和室は2部屋続き、片方が仏間、もう一方が床の間付きの客間になっている。部屋には、伝統的な書院造り、欄間、床脇を設え、壁はもちろん真壁造りになっている。家全体が本間よりも広いメーターモジュール(1畳が100×200 ㎝)で建てられているため、1畳がひと回り大きく、部屋もゆったりとしている。

経験を活かしたアドバイスで「和」をどこまで取り込むか

これだけの和風住宅でもリビングやキッチン、バスルームは洋風にまとまっている。  フジホームでは、1階の天井高の基準を255㎝と高く設定している。リビングには、フジホームの特徴でもある〝掘込天井〟を採用し、さらに、空間の広がりを感じさせる設計となっていて、大きめの家具を置いても狭さを感じさせない工夫がある。

 スタッフの経験を活かしたアドバイスを聞きながら、どこまで和にこだわりながら快適な住まいを作るのか、がフジホームの力の見せ所。リピート訪問しながらじっくりプランを作るのがオススメだ。

DATA

施工面積 214.45m²(64.87坪)
延床面積 186.85m²(56.52坪)
1階 118.85m²+2階 68.00m²
構造 木造軸組工法
竣工 2005年10月
商品名 和風 団欒の家

家の特長(工法・材料・設備)

  • 本格木造
  • 自由設計
  • 木の美しさが息づいた住まい

企業情報

フジホーム

ページの先頭