住宅情報紙HOME

松工建設HOMe No.23住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 松工建設

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

遊び心のあるデザイン
幅広ウッドデッキは開放感満点

ライフスタイル重視の無駄のない設計 機能美に優れた平屋風の住まい

 住む人が「どんな暮らしをしたいのか」を大切に「世界でただ一棟」の家にこだわる「松工建設」。S邸は、そんな家づくり精神と、施主夫妻の描くライフスタイルが見事に融合した、機能性にあふれる優しい家だ。

使い勝手の良さと夫妻の嗜好をミックスした独創的な設計アプローチ

「当初、広い土地に平屋建てという漠然とした思いがあった」というSさん夫妻。2階建ての決め手となったのは、担当者から薦められた土地だった。奥さまの生まれ育った場所の近くという好条件の立地は「平屋建て」という思いを、「2階建てでもコンパクトで無駄のない機能性を重視した住まい」という明確な家づくりへと変わった。

 とはいえ、大屋根使いや、シンプルな2階部分など、設計はあくまで平屋指向。そこにご主人の趣味であるバイク&アウトドア専用の部屋、奥さまの好きなインテリア小物を活かす飾り棚や、キッチンのほか随所に配置された造り付け家具類、さらに充分な収納スペースと、オリジナリティを肉付けしていった。

間取り、収納に至るまで素材感と遊び心をプラスしてさらなる暮らしやすさを

 S邸を仔細に見ていくと、無垢使いを推奨する松工建設の家らしく、無垢杉のフロアと、同じく杉板でアレンジされたリビング壁が、吹き抜けのリビング空間にナチュラルな統一感を演出する。
 奥さまの身長に合わせて設計されたキッチンには、クッキングヒーターの前に飾り窓を設えるなどの遊び心も。また、キッチン横のパントリーは、ご主人のバイク部屋に繋がり、そこからさらに玄関にも通じるよう、回廊式にプランニングされている。

 客間にもなる一階和室は、塗り壁と襖のオーソドックスなスタイルを採用しながら、琉球畳がカジュアルなリビングとの一体感を持たせている。  和室横には衣装部屋を兼ねた大容量の収納部屋。また、2階寝室横にも屋根裏部屋を設けるなど、ご夫妻の希望どおり収納は万全だ。
 「私たちが悩んでいても、ひとつひとつ丁寧に聞き、解決してくれた松工建設さんのおかげ。無垢の香りも落ち着くし、満足のいく家が建てられた」と喜ぶSさん夫妻。  機能性と素材感に恵まれたS邸は、施工者と施主との良好なコラボレーションが生み出した好例と言える。

DATA

敷地面積 158.68m²(48.00坪)
延床面積 115.92²(35.06坪)
1階 73.28m²+2階 42.64m²
構造 木造軸組工法
用途地域 第1種低層住居専用地域
建ぺい率 50%
容積率 200%
竣工 2014年3月
家族構成 夫・妻・子1人

家の特長(工法・材料・設備)

  • 造作キッチン
  • 造作洗面台
  • 無垢杉の床
  • オール電化

企業情報

松工建設

ページの先頭