住宅情報紙HOME

HOMe No.24住宅情報紙HOMeホーム

建てる前から始めたい「インテリアが主役の住まいづくり

インテリアは家の個性や、そこに住まう人の心地良さを左右する大切な要素。
中でもカーテンやテーブルなどの家具は、空間との調和や暮らし方を考えながらしっかり選びたいものです。
インテリアから発想する住まいについて、インテリアコーディネーターで、アトリエカーサ(松江市学園)代表の片寄洋子さんに聞きました。

 どんなに優れたデザインの空間でも、家具や壁面を大きく占めるカーテンの選び方によっては、印象が変わってしまいます。
 住まいを理想のイメージに近づけるには、多種多様な要素を考えておく必要があります。特に家具やカーテンのプランは、目指すインテリアのイメージを固めるため、また全体の予算を考える上でも、平面図の検討段階から同時に進めていくことをお勧めします。

予算をつかむ

建築本体工事の予算はつかんでいても、そこに含まれていない家具、カーテンなどの予算はつい後回しになりがちです。最初は「すべてがピカピカのお気に入りの空間で過ごせる」と思っているもの。ですが実際には、工事が進むにつれて追加工事などが発生して、悲しいことにインテリアの予算はどんどん削られていくのです。  あらかじめ家族と話し合い、イメージに合った家具やカーテンを見つけて、大まかな予算を確保しておくといいでしょう。

目指すイメージを固める

例えば、手持ちの家具で気に入って使いたいものがある場合、それに合わせて内装の色やドアなどのデザインを決めることができます。
 あれこれ迷って、目指すイメージがなかなか決まらない場合もあるかと思います。そんなときは、インテリアの充実したモデルハウスやインテリアショップでお手本となるコーディネートを探してみましょう。難しい場合は、雑誌から好みのイメージを切り抜いて集めたり、インターネット上で画像を探すなどして絞り込んでいってください。
 目を肥やして理想のイメージを作ることは、心地良い家づくりの第一歩です。

ページの先頭