住宅情報紙HOME

キュービックホームHOMe No.24住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 キュービックホーム

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

遊び心のあるデザイン
家族の持ち物が余裕で納まる床下収納

最小で快適な生活空間のための機能フル装備目指したものは「住宅界のミニクーパー」

 今夏、出雲市駅南にオープンした、キュービックホームのモデルハウス「ユトリスト・ガレ」。家族4人が快適に暮らせる家として、同社のもてる技術とアイデアをコンパクトな空間に凝縮した「健康的・頑丈・長持ち」な住まいを紹介する。

快適な機能性だけでなく長期の安全も保証する丈夫な家

 本モデルハウスのコンセプトは、夫婦と成長した子ども2人がストレスなく暮らせる〝最もコンパクトな家〟。家族全員が事足りる生活空間を確保しながら、普通乗用車2台が停められるガレージを延床30坪(ガレージ9坪含む)に無理なくパッケージングした注目の住宅で、そのコンパクトさから、離れやセカンドハウスとしての提案も視野に入れているとのこと。

また、キュービックホームが注力する数々の快適&安全性能も大きな見どころ。長期優良住宅基準値の1・2倍にあたる耐震等級3という強い構造体を高性能発泡断熱材で包み込み、開口部には省エネ・防音効果も絶大な高性能トリプルガラス断熱窓を採用。こうした各装備に守られた室内環境は、全熱交換器型の24時間換気システムで常に快適に保たれる仕組みだ。

家族の個室と超大容量収納ストレスフリーな最小住空間

外観は木壁をアクセントにしたガルバリウム鋼板のシックないでたち。1階の大半を占めるガレージに電気自動車用プラグを装備するのがキュービックホームのこだわり。1階屋内には、広々とした玄関ホールと、物干し場を兼ねたエアコン装備の脱衣室と浴室を設計。
生活の中心となる2階は、階段を上がってすぐに対面キッチンがあり、そこからダイニング〜リビングと長方形のLDK空間が広がる。
各個室は、階段側から主寝室と子供部屋2室の順番で配置。特に主寝室は、屋根の形状を生かした吹き抜け並みの天井高で格別な開放感がある。
そして本モデルハウスを機能的に下支えするのが、リビングダイニングの床下一面を使った超大容量の収納スペース。ここに収納を集約させることで、LDKも各個室も目いっぱい使い切れる快適性を実現している。
また、屋根には6kWの太陽光発電が搭載されており、さらに蓄電器を導入することで、将来的なエネルギー自給も可能にしている。

DATA

建築可能な敷地面積 8m×11.5m=92m²(27.83坪)
延床面積 99.40m²(30.06坪)
1階 49.70m²+2階 49.70m²
※ガレージ部分29.8m²(9.01坪)を含む
構造 木造軸組工法
用途地域 第2種住居地域
建ぺい率 60%
容積率 200%
竣工 2015年5月
商品名 ユトリスト・ガレ

家の特長(工法・材料・設備)

  • 耐震等級3(長期優良住宅基準の1.2倍、建築基準法基準の1.5倍の耐震力)
  • Q値(長期優良住宅基準2.7に対して1.6)
  • 全熱交換器型24時間換気システム
  • 世界ブランドの高性能断熱材(アイシネン)
  • 6kW太陽光発電
  • トリプルガラスの高性能断熱窓
  • 夏は2階LDKからのエアコンの冷気で1階玄関ホールまで涼しい
  • 冬は1階脱衣室のエアコンの暖気が2階まで上がり、家中が暖かい
  • 1階脱衣室は物干し場にも活用。エアコンの活用で室ごと乾燥機に

企業情報

キュービックホーム

ページの先頭