住宅情報紙HOME

松工建設HOMe No.27住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 松工建設

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

遊び心のあるデザイン
木と鉄という異素材で構成されたリビング吹き抜けのキャットウォーク

薪ストーブ、サンルーム、客間3つの条件をうまく融合した明るく楽しく機能的なニューファミリー版現代風町家

町家造りの家々が軒を連ねる、歴史ある街並みに誕生したK邸。間口が狭く奥行きが長いという、古い町家特有の敷地スタイルを上手く生かした「松工建設」の独創的で機能的な現代版町家を拝見する。

素材のバランス感覚を大切にした家づくり

木の質感を大切にしたハウジングが注目を集めるなか、アイアンなどの別素材と組み合わせることで、木材の良さをさらに引き出すという「松工建設」ならではの家づくり姿勢に魅了されたという施主のKご夫妻。完成した新居は、そんな素材のバランス感覚と、町家らしい奥行きのある敷地を生かした独創的な空間設計が持ち味の家だ。

独創的な空間を生み出す3つの条件

その家づくりの基点となったのが、ご主人のリクエストをかなえた薪ストーブ。この個性的ツールを生かすため吹き抜け構造になったリビングには、高所のメンテナンスを容易にするためのキャットウォークを設計するが、そんな機能面ばかりでなく、シースルーの木製キャットウォークにオリジナル製作のアイアン製手すりが組み合わされ、開放的な吹き抜け空間の重要なアクセントととしても生かされる。
キッチンとその奥に続く脱衣浴室周りは機能性を重視した回廊式に設計。これもまた必須条件だったサンルーム(物干し場)も含めたコンパクト&フレキシブルな動線で奥さまの家事負担を大幅に軽減する。
サンルームのある中庭を挟んだ最奥には、客間(和室)を配置。奥に客間とは珍しいが、すぐ隣には実家への通用口があり、そこから正面(玄関隣)へとつながる通り土間が続くので、家族のプライベートを守りつつ、ゲスト動線を確保という、町家の長い奥行きをうまく利用した独創的かつ機能的な設計もK邸の大きな特徴だ。
2階プライベート空間は、階段上り口にバルコニー、奥に主寝室。その間となる家の長辺には、将来の分割を想定した広い子供部屋と、寝室につながるウォークスルー収納を設計と、余裕ある奥行きを余すことなく使った間取りが合理的かつ機能的だ。
その他、ピアノがきれいに収まるコーナーや要所に配置された造作収納等、無駄のない空間処理が印象的なK邸。自由設計による現代版町家造りは、機能を突き詰めることで独創を生み出しているようだ。

DATA

敷地面積 155.77m²(47.12坪)
延床面積 159.62m²(48.28坪)
1階 96.31m²+2階 63.31m²
構造 木造瓦葺2階建て
用途地域 市街化区域外
建ぺい率 -%
容積率 -%
竣工 2015年12月
環境対応 省エネ住宅ポイント対応

家の特長(工法・材料・設備)

  • 薪ストーブ
  • 吹抜け、キャットウォーク
  • 中庭にサンルーム(用途は物干し)
  • 母屋への通路(納屋への連絡路にも)
  • 子供部屋にロフト

企業情報

松工建設

ページの先頭