住宅情報紙HOME

藤栄工業HOMe No.27住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 藤栄工業

当サイトのFLASHコンテンツをご覧いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効とし、Flash Player 8以上のプラグインをインストールする必要があります。
最新バージョンのFlash Playerをダウンロードしてください。
ダウンロード

建具や壁色等、空間ごとに個性が反映される
2階ホールの書斎コーナー

施主が抱く建築イメージを入念な打ち合わせで的確に実現設計の自由度が高く自然素材で安らぐ「しあわせの家」

藤栄工業の『しあわせの家』は、構造材にしまねの木を70%以上採用し、左官仕上げの珪藻土壁や天然素材「セルロースファイバー」断熱工法など、“匠の技”で健やかで快適な住空間を創造。「しんじ学園台」(松江市)の施工例を紹介しよう。

デザインのポイントは宍道湖側に面した大きな吹き抜けのLDK

リビングに置かれた鋳物製ペレットストーブが、無垢スギ材の床や宍道湖を望む窓辺の景色に溶け込むI邸。木質のバイオマスチップを燃料にしたペレットストーブは、住む人や地球環境にやさしい次世代型暖房設備で、施主のIさんご夫婦たっての希望で取り入れた。
 南北に窓を取り、採光に配慮した吹き抜けのLDKは、木の風合いと珪藻土の白壁を基調としたナチュラルな雰囲気で、やさしい日差しや風を取り込む大らかな空間だ。左官仕上げの壁、リビング階段や建具の造作などに職人の技が散りばめられ、スタイリッシュなデザインと手仕事のぬくもりが同居している。それは、木の空間を楽しみながら暮したいと願う施主と、藤栄工業の自然素材を生かした〝匠〟の家づくりのマッチングが成功した証しだ。

分譲中の現区画を訪れ『一目ぼれ』から始まった 藤栄工業との家づくり

これまでは、互いの職場に近い雲南市内の借家の一戸建で暮しながら、マイホーム建設の情報収集を行っていたIさんご夫妻。売り出し中のニュータウン『しんじ学園台』は、職場や互いの実家にも通いやすく、高速IC、出雲空港、JRといった交通アクセスに恵まれている。そんな立地にひかれたIさんは、団地内で開催された他社の住宅見学会に訪れた時、住宅供給公社が分譲中の現区画に一目惚れ。宍道湖が見渡せる北側の角地で、区画の道路を隔てた隣は公園が造成され、入居後も視界を遮るような高層の建物が立つ心配がない。「まず区画が気に入り、藤栄工業さんとのお付き合いが始まりました。それまで大手ハウスメーカーや地元工務店など何社も検討しましたが、藤栄工業さんの商品は設計の自由度が高く、私たちの要望をなうまく形にしてくれました。担当営業の方が回を重ねて自宅を訪問してくれ、その都度イメージが設計者に的確に伝わっていると実感する対応ぶりでした。藤栄さんにお任せして本当によかったです」とIさんは笑顔で話してくれた。

DATA

敷地面積 267.61m²(80.95坪)
延床面積 163.96m²(49.59坪)
1階 115.25m²+2階 48.71m²
構造 木造軸組工法
用途地域 都市計画区域内
(区域区分非設定)
建ぺい率 50%
容積率 100%
竣工 2015年7月
商品名 しあわせの家

家の特長(工法・材料・設備)

  • 構造材にしまねの木を70%以上使用
  • 無垢スギ材のリビング床、室内造作・建具・造り付家具
  • 天然素材「セルロースファイバー」の断熱工法
  • 木質燃料で環境にやさしいペレットストーブを設置
  • 大きな吹抜けのLDKから、宍道湖・飛行機・JRを眺める生活に満足
  • 普通車2台分の電動シャッター付ビルトインガレージ

企業情報

藤栄工業

ページの先頭