住宅情報紙HOME

あなぶき興産HOMe No.27住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 穴吹興産

南向きリビングから宍道湖の絶景を一望する喜びおだやかで開放的な日常に誘うプレミアム住空間

モデルルームは角住戸のAタイプ(4LDK+ママ楽クロゼット)。洗練されたデザインの裏に、暮しやすい先進設備と仕様を搭載

アルファステイツ宍道湖3

"より快適に、より自分らしく。"躍動と静寂が同居する絶好のロケーションに、上質な住空間を提案するあなぶき興産。2017年6月竣工予定の『アルファステイツ宍道湖Ⅲ』は、眺望の良さと水際の安らぎを満喫できるとあって、早くも県内外から注目を集めている。さっそく、公開中のモデルルームを訪れてみた。

日本夕陽百選のレイクビューはいにしえの尼子・毛利合戦の舞台

一畑電鉄松江しんじ湖温泉駅から、西へ約750メートル。『アルファステイツ宍道湖Ⅲ』の建設地は、宍道湖北岸の松江市国屋町に位置する。敷地から徒歩1分の高台にたたずむ「天倫寺」は、1611年(慶長16年)に松江藩の初代藩主・堀尾吉晴が創建した由緒ある寺で、宍道湖十景・松江八景に数えられる境内からの眺望と、平安時代に朝鮮半島で鋳造した銅鐘(国指定重要文化財)の所蔵で名高い。また、境内の裏山にあたる標高約50メートルの洗合山は、戦国時代の1562年(永禄5年)、安芸国の毛利元就が、出雲尼子氏の本拠・月山富田城と出雲十旗の筆頭と称された白鹿城(現在の松江市法吉町)を攻略するため「洗合城」を築いた場所だ。
1566年(永禄9年)、月山富田城が落城すると洗合城も廃城されたが、兵士や物資の輸送水路でもある宍道湖を南面に眺め、山すその東西長が1キロメートルに及ぶ広大な城地を、のちに中国地方を制する武将は見逃さなかった。そんな悠久の歴史の一頁に触れると、宍道湖の絶景が眼下に広がるこの地は、より愛着心とステイタスをもたらせてくれる。

中心市街まで程良い距離感宍道湖を借景に暮らす愉悦は全38邸だけの指定席

緑豊かなアプローチから、品格漂うエントランスをくぐり自邸へ。『アルファステイツ宍道湖Ⅲ』は、約2210平方メートルの敷地に鉄筋コンクリート造8階建て、わずか全38邸という構成になっている。1階の4タイプの住戸は専用庭と専用駐車場を完備し、戸建て感覚で暮らすことができ、2階以上の全住戸からはパノラマのレイクビューを楽しめるのが大きな魅力だ。
公開中のモデルルームは、4LDK+ママ楽クロゼットのAタイプで、南・北・西の三面採光の角住戸。ゆったりした居室構成と動線に配慮した収納スペースを備え、居ながらにして宍道湖の眺めを存分に味わうことができる。マンション周辺は閑静な住宅地で、天倫寺や湖畔に遊歩道が整備された千鳥南公園が散策コースにある。また、市立内中原小学校、市立第一中学校、そして県立松江北高校と、松江市内有数のブランド校区に位置する点も見逃せない。
『アルファステイツ宍道湖Ⅲ』は、快適な都市生活を送りたいと願うあらゆる世代にマッチした、資産価値の高い一棟といえる。

モデルルームは角住戸のAタイプ(4LDK+ママ楽クロゼット)。洗練されたデザインの裏に、暮しやすい先進設備と仕様を搭載

玄関横の洋室(5.6畳)は北向きで落ち着く空間に

大収納付の主寝室(約9畳)

サニタリールームと浴室

南西向きの洋室(6畳)

LDK横のモダンな和室(4.5畳)

奥行2.0mの開放的な南バルコニー

DATA

敷地面積 2,209.63m²(668.41坪)
延床面積 3,290.82m²(995.47坪)
住居専用面積 66.25m²~92.36m²
住居間取り 2LDK+WTC、3LDK、3LDK+WIC
4LDK+ママ楽クロゼット
4LDK+2WIC
構造 鉄筋コンクリート造地上8階建て
用途地域 第1種住居地域
建ぺい率 60%
容積率 200%
竣工 2017年6月予定

家の特長(工法・材料・設備)

  • あなぶき興産オリジナル収納スペース「ママ楽クロゼット」
  • 高圧一括受電方式採用で電気料金が格安
  • 光回線がすぐ使え、インターネット使い放題の「アルファBB」採用
  • ペット対応マンション
  • 24時間受付のライフサポートサービス完備
  • 浴室暖房乾燥機付き/li>
  • 24時間受付けのライフサポートサービス

穴吹興産

ページの先頭