住宅情報紙HOME

藤栄工業HOMe No.27住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 藤栄工業

伝統的な和風住宅の装いにモダンな快適性をプラスあらゆる趣味に応える天然素材の優しい家づくり

勾配天井とデコスドライ工法の効果で本格的なリスニングルーム仕様になった2階書斎。骨董や書籍とご主人の趣味性が凝縮された空間

藤栄工業の家

施主K氏の思い描くUターンライフをかなえるべく、正統的な和風住宅を完成させた「藤栄工業」。骨董をはじめ、料理、オーディオ、読書、クルマ等々…K氏の多彩な趣味に対応する設計と、「しまねの木の家」として天然素材の質感を高めた住まいづくりを拝見する。

オーソドックスかつシンプルな最新工法の健康的な住まい

この夏、高台の住宅地に完成したばかりの純和風住宅K邸。関東での仕事をセミリタイアして帰郷したご主人が、いわば終の住処として建てた住まいだ。
骨董やオーディオなど、多彩な趣味をもつご主人だが、「とにかく、オーソドックスな日本家屋でのシンプルな生活を求めていて、帰郷する前から地元施工業者を探していたが、遠距離のやり取りも真摯に対応していただき、本当にいい会社と出会えたと満足しています」と「藤栄工業」の仕事を讃える。
そんなK邸。今では少なくなってきた切妻屋根の伝統的な外観を装いつつ、デコスドライ工法による断熱・調湿に優れた高性能設計でモダンな暮らしやすさも万全。また「しまねの木の家」でもあるK邸は、構造材に島根県産木材を使用。床は節の少ないスギ無垢材、また水回りを除くすべての内壁には珪藻土塗り壁と天然素材もふんだんで、再生紙を利用するデコスドライ工法と相まって、環境にも人にも優しい住空間に仕上がっている。

リビング、書斎、濡れ縁・・・趣味性を活かした設計思想

まずは1階。洗面浴室とつながる玄関フロアを抜けて真っ直ぐは洋風ダイニングキッチンと、陽当たりの良い南側には、居間・客間(共に和室)が並ぶ。ダイニングと居間を明確に分けたのは、「料理作りが趣味で、ダイニングは食卓というよりキッチンの延長。ここで配膳して居間に運び食事をするという、料理のプロセスを楽しむため」というご主人の趣味人らしい発想を形にしたもの。
居間のある南側軒下には、客間の東側まで囲むように濡れ縁を設計。家同様にこだわった庭の眺めが存分に楽しめる仕様で、庭を手がけた「永田造園」の手業がK邸の存在感をいっそう際立たせる。
2階書斎は、屋根勾配や構造体の立ち上がり等を音響設計の一部として利用。さらにデコスドライ工法の高い防音効果も加わり、たんなる書斎兼趣味部屋というより、本格的なオーディオルーム仕様になっている。

外観はガレージと庭を含めた統一感を尊重する

調理と配膳を楽しむ、キッチンもまたご主人の趣味性を反映

濡れ縁越しの眺めを情緒的に演出する庭

大容量収納も備える玄関

板床の縁取り、天井、ニッチ壁など、独創を取り入れた1階居間

DATA

敷地面積 274.95m²(83.17坪)
延床面積 148.51m²(44.92坪)
1階 76.73m²+2階 52.58m²+車庫 19.20m²
構造 木造軸組み2階建て
用途地域 第1種中高層住居専用地域
建ぺい率 60%
容積率 200%
竣工 2016年6月
商品名 しあわせの家

家の特長(工法・材料・設備)

  • 木造瓦葺
  • しまねの木の家
  • 石州瓦を使用
  • デコスドライ工法(セルロースファイバー)
  • 内壁/珪藻土
  • 床材/杉無垢材

藤栄工業

ページの先頭