住宅情報紙HOME

増改築プラザHOMe No.29住宅情報紙HOMeホーム

「こだわりの家づくり」 紙上見学会 増改築プラザ

築60年の離れを西海岸テイストにリノベーション若いご夫婦のこだわりが詰まったリラクシングな住まい

心地よいリラックス感のある西海岸インテリアで統一されたリビング

増改築プラザ松江店の家

安来市の静かな山あいにあるS邸は、結婚を機にご主人の実家隣の離れをリノベーション。長く使われていなかった築60年の物件は、男のロマンとご夫婦のあこがれが詰まった夢の住まいへとよみがえった。

男のロマンを詰め込んだおしゃれで快適な空間

ご主人が最初に伝えたイメージは「西海岸風」。 低い天井の高さを解消するため、もともとあった2階の床を抜いて吹き抜けにし、構造補強も兼ねて遊び心のあるキャットウォークを設置。キャットウォークへ上がる壁には、ご主人自ら塗装作業を行い、ダメージ加工を施して部屋のおしゃれ感をアップさせた。
天井を渡る梁や襖の鴨居に、ご主人が学生時代に離れの和室を使っていたころの思い出を残した。また、シーリングファンや至る所に吊るせるよう工夫されたハンモックに、西海岸のさわやかさを演出。キッチンカウンターとその横の書斎もご主人こだわりの部分だ。「書斎から料理している妻を眺めたくて。お互いの存在をいつも感じていたいから」とにっこりほほ笑む。

限られたスペースに収納と水回りも完備

リビング奥の、以前納屋だった所はくつろぎの寝室に。ベッド上にL字型の広いロフトを設け、読書好きなご夫婦のために隠れ家的空間を用意。大収納のクローゼットに、おしゃれな奥さまも目を輝かせて喜んでいたという。
母屋に暮らす、生活リズムの異なるご主人の家族に配慮し、浴室やトイレなどの水回りも完備。すぐそばにいながら、お互いに気兼ねなく暮らせる住まいが完成した。
まもなくお子さんが生まれ、3人での生活がスタートするS様。玄関にはたくさんの靴が入るシューズクロークと、お絵描きが楽しめる黒板クロスも備わっている。ご主人は「家を建てるならこうしたいという思いを全部実現してもらいました。想像通りだけど、想像以上のクオリティー。これからこの家で家族とリラックスして過ごしたい」とうれしそうに語ってくれた。

趣のある赤瓦はそのままに生まれ変わった築60年の離れ

書斎からはいつも奥さまが立つキッチンカウンターを眺めることができるなどの水回りも完備

キャットウォークやハンモックなど遊び心が感じられる工夫が詰まっている

壁一面を使った大容量のクローゼット

ご主人のこだわりが詰まったキッチンは使い勝手のよさが自慢

DATA

延床面積 61.23m²(18.55坪)
1階 61.23m²+ロフト 9.70m²
構造 木造
竣工 2017年4月
商品名 なし

家の特長(工法・材料・設備)

  • 築60年の離れを子ども世帯が住むためにリノベーション
  • 基礎補強を行って耐震性を強化
  • 2階をなくして吹き抜けを造り、開放感と採光を確保
  • 水平面の補強と収納、メンテナンスのためにロフトとキャットウォークを設置

増改築プラザ

ページの先頭