インテリアのヒント

vol.135 間仕切り収納インテリアのヒント住まいの情報ホーム

インテリアコーディネーターや建築士からのアドバイスをご紹介します。

vol.135 間仕切り収納

インテリアのヒント(1)
インテリアのヒント(2)
キャスターで移動でき固定も簡単な間仕切り収納「ウォールゼットムーヴ」

 新築でもリフォームでも、子ども部屋にはいつも悩まされます。というのも、子ども部屋が本当に必要な時期というのが限られているからです。 

 家族の人数は20~40年で増減を繰り返します。新築時に子ども部屋を作っても、いずれは物置きになってしまわないようしっかりと考えましょう。

 基本は夫婦2人とし、新築やリフォームのときこそ趣味や生活スタイルを考え、家族人数の変化に対応できるプランニングをしましょう。とはいっても大事なのは、建物の基本構造をしっかり造ること。断熱材も良いものをおすすめします。

 部屋は大きく造って建具で仕切る方法、後で壁で仕切る方法とあります。南海プライウッド(香川県高松市 http://www.nankaiplywood.co.jp/)から「ウォールゼットムーヴ」という間仕切り収納が出ています。これは天井までの大きな家具ですが、キャスターで移動でき固定も簡単。個室としてプライバシーを守りながら収納もでき、家族構成の変化にも対応できる良い商品だと思います。

 家族というのは個性の集まり。みんなが同じ空間で過ごすときもあれば、それぞれの空間でそれぞれの時間を過ごすときもあります。そのときの居心地の良さを考え、良い家造りをしていきましょう。

(C'sデザインルーム 坂本知穂 / 山陰インテリアコーディネーター協会会員

 vol.135 

ページの先頭