インテリアのヒント

vol.142 洗面化粧台インテリアのヒント住まいの情報ホーム

インテリアコーディネーターや建築士からのアドバイスをご紹介します。

vol.142 洗面化粧台

インテリアのヒント(1)
【1】壁部分に蛇口が付いたタイプ
インテリアのヒント(2)
【2】洗面ボウルに水平に蛇口が付いたタイプ
インテリアのヒント(3)
【3】洗面ボウルの傾斜部分に蛇口が付いたタイプ

 〝洗面所〟というと以前は顔や手を洗う場所でしかありませんでしたが、最近では大きな鏡や引き出しが付いている、まるでホテルにあるようなすてきな〝洗面化粧台〟が増えています。

 しかし、洗面台は家族全員が使うので汚れやすくなります。せっかくすてきな洗面台でも、汚れていてはおしゃれな空間は演出できません。そこで洗面台を選ぶときにチェックしてほしいのが蛇口の位置。洗面台のデザインや色にこだわっても、意外と見落としがちなところです。

 蛇口には、洗面台の壁部分に付いているもの(写真【1】)、洗面ボウルの台と水平に付いているもの(写真【2】)、洗面ボウルの傾斜部分に付いているもの(写真【3】)などがあります。

 水が残っているとそこが水あかとなって汚れてしまうので、蛇口は写真【3】のように水のかかりにくい位置にある方が汚れにくく、お手入れもしやすいです。

 すてきなインテリアだからこそ、美しく清潔に保ちたいですね。

(山陰パナソニック リビングプラザ松江 久野由生 / 山陰インテリアコーディネーター協会会員

 vol.142 

ページの先頭