インテリアのヒント

vol.149 リビングテーブルインテリアのヒント住まいの情報ホーム

インテリアコーディネーターや建築士からのアドバイスをご紹介します。

vol.149 リビングテーブル

インテリアのヒント(1)
中棚を付けたシンプルなデザイン

インテリアのヒント(2)
コード穴が付いた便利なテーブル

 ライフステージによってもさまざまな使い方をするリビングでは、リビングテーブルの役割は重要です。

 和室に置く座卓とは違い、リビングテーブルは洋室でソファに合わせるため少し高めの場合が多いので、床に座って使うことを考え低めのもの(36㎝くらいまで)を選ぶのがおすすめ。

 写真上は、テーブルの上に雑然としがちなリモコンや雑誌などをしまう中棚を付けたオリジナルデザイン。主婦の目線で無駄を極力そぎ落としたシンプルさが好評です。

 写真下は洋風座卓ともいえる円形テーブルで、3本脚のすっきりしたデザイン。脚の差し替えで高さの調節も可能です。また天板にはコード穴が開けてあり、パソコンやゲームの対応もバッチリ。それぞれの暮らしに合ったリビングテーブルを見つけてください。

(アトリエカーサ 片寄洋子 / 山陰インテリアコーディネーター協会会員

 vol.149 

ページの先頭