住宅関連情報

09/05/09知っておきたい税制・制度住まいの情報ホーム

知っておきたい税制・制度をご紹介します。

住宅用燃料電池購入最大140万円を補助/普及促進協

 燃料電池の業界団体、燃料電池普及促進協会(東京)は八日までに、住宅用燃料電池の購入費用の一部として最大百四十万円を補助する事業を実施すると発表した。燃料電池の普及を進め地球温暖化対策を促す狙い。

 燃料電池は、発電の際に発生する熱で湯を沸かすことができ、エネルギー効率が良い。

 補助額は、燃料電池と従来型給湯器の本体価格の差額と設置費用のそれぞれ二分の一の合計で、百四十万円が上限。主に燃料電池を設置して使用する一般家庭や小規模事業者が対象。

 募集期間は今月二十二日から来年二月十日まで。同協会は今月十二日から全国九カ所で補助制度の説明会を開く。問い合わせは燃料電池普及促進協会、03(3508)0730。

(2009年5月9日 山陰中央新報)

ページの先頭