住宅関連情報

09/12/15住宅関連情報住まいの情報ホーム

住宅に関する情報をご紹介します。

山陰合同銀行など地銀64行が結集/京都で森林保護サミット/各地活動支援へ共同宣言林業や木材産業再生による地域活性化

 山陰合同銀行(松江市)などが呼び掛け、全国の地方銀行64行で昨年組織した「日本の森を守る地方銀行有志の会」(会長・柏原康夫京都銀行頭取)が4日、京都市の国立京都国際会館で「日本の森を守る京都サミット」を開催した。美しい健全な森林を次世代に引き継ぐため、地銀のネットワークを生かし、各地の森林保全活動を支援するとの共同宣言を発表した。

 サミットは発足記念事業として、1997年の地球温暖化防止京都会議の舞台となった同会館で開いた。

 分科会では、頭取ら幹部が▽林業や木材産業再生による地域活性化▽環境にやさしい金融商品づくり-など五つのテーマで意見交換。脚本家の倉本聡氏の「あたり前の暮らしを求めて」と題した講演もあり、「今の暮らしのためでなく、未来の地球のために考え、行動しなければならない」と訴えた。最後に、全体会議があり、64行の頭取らが共同宣言を確認した。

一覧

ページの先頭